クリエイティブがゲーム向けサラウンドバースピーカーなどを発表

アスキー 2016年11月16日(水)13時00分配信
クリエイティブ
「Sound BlasterX Kanata」

 クリエイティブメディアは11月16日、ゲーミングブランドの「Sound BlasterX」シリーズにおいて、サラウンドスピーカー3製品を発表した。プロゲーマー向けのサウンドシステムとなる。

ハイレゾ再生も可能なバースピーカー「Katana」

クリエイティブ
LEDがカラフルに光る

 12月中旬発売の「Sound BlasterX Kanata」(税抜直販価格 3万800円)は、バースピーカー(アンダーモニターオーディオシステム)とサブウーファーがセットになった2.1chシステムだ。

クリエイティブ
スピーカーユニットの構成

 バースピーカーには2.5インチドライバーと1.3インチのツィーターを2個ずつ内蔵。サブウーファーと合わせて5ドライバー構成で、これを3つのアンプで再生。最大出力は150Wとなる。

クリエイティブ
バースピーカー背面の端子部

 PCと接続時は7.1chのバーチャルサラウンド再生が可能。また、USB端子を搭載しており、USBストレージに保存された96kHz/24bitまでのハイレゾ音源の再生ができる。

 さらに、Bluetoothに対応しており、スマホなどの音楽も再生できるほか、ヘッドセット端子を装備しており、ボイスチャットなども行なえる。

クリエイティブ
カードタイプのリモコンが付属する

 オーディオプロセッサーには「SB-Axx1」を採用。リモコンが付属し、単体での利用も可能だが、「Sound Blaster Connect」というPC用ソフトウェアを使うことでさまざまなゲームに対応するプロファイルが利用できる。

クリエイティブ
「Sound Blaster Connect」で音響設定やLEDのカラー選択などが可能

 本体下部には1680万色の色表現が可能なLEDが組み込まれており、音響効果によってカラフルに光る。カラーのカスタマイズも可能だ。

7.1chサラウンドも楽しめる2.1chスピーカー「Kratos S5」

クリエイティブ
「Sound BlasterX Kratos S5」
クリエイティブ
クリエイティブ
サテライトスピーカー底部にLEDを配置。イルミネーションが楽しめる

 2017年1月発売の「Sound BlasterX Kratos S5」(税抜直販価格 1万4800円)は、サテライトスピーカー×2とサブウーファーがセットになった2.1chシステム。

 こちらにはSB-Axx1が内蔵されておらず、再生はPCとの接続が前提となるが、7.1chバーチャルサラウンド再生や最大96kHz/24bitまでのハイレゾ音源再生など、機能面ではKanata同様。また、ヘッドセット接続端子を装備し、チャットなども可能だ。

クリエイティブ
木製のエンクロージャーを採用

 サテライトスピーカー、サブウーファーともに木製(MDF)のエンクロージャーを採用し、4インチという大口径のドライバーを搭載。総合出力は150Wとなっている。

1万円未満で購入できる「Kratos S3」

クリエイティブ
「Sound BlasterX Kratos S3」
クリエイティブ
Kratos S3のユニット構成

 12月上旬発売の「Sound BlasterX Kratos S3」(税抜直販価格 8900円)も、サテライトスピーカー×2とサブウーファーがセットになった2.1chシステム。

クリエイティブ
イヤフォン端子やアナログ入力を装備

 本製品はアナログ接続にのみ対応しており、接続は3.5mmステレオジャックのみとなる。ただし、「BlasterX Acoustic Engine Lite」というPC用ソフトが利用可能で、ゲームプリセットの選択などが行なえる。

クリエイティブ
クリエイティブ
Sound BlasterXとして、キートップが派手に光るキーボードや底面がカラフルに光るマウスなども今後製品化していくという
アスキー
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2016年11月16日(水)13時00分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】