外のモノサシを知るべき理由、あの小島さんが教えてくれた

アスキー 11月17日(木)07時00分配信

AWS日本法人採用第一号社員、JAWS-UGの立役者、精力的にコミュニティ活動を支援してきた小島 英揮さん。2016年8月末にAWSを離れ、自由に語れる立場になった小島さんからどんな曝露話が飛び出すのかと期待した向きもあっただろう。しかし小島さんが語ったのは、エンジニアがこれからどのようなことを考え、どのようにクラウドに向き合っていくべきかという真面目な話だった。自由な立場になっても、エンジニアの力になりたいという思いからは離れていない。そんなことを感じた小島さんのセッションを今回はお届けしよう。

激動の時代だからこそ知るべきもの、それは“外のモノサシ“

 小島さんは高知出身で、四国には縁のある身。この日の会場での講演経験もあり、「スライドがモニターに表示されて、参加者が私とアイコンタクトを取ってくれないので非常にやりにくい会場」だと言いつつも、よどみなくしゃべり始めた。厳しい広報チェックから解き放たれた、開放感もあったのかもしれない。

AWS
無職になり広報チェックから解放された小島 英揮さん

 この日小島さんが示したゴールは、「地方ITに関わる人が外のモノサシを知るべき理由を知り、そのための一歩を踏み出すこと」だ。

「この会場に来ているみなさんはすでにやっていらっしゃることだと思いますが、それが大切な理由を改めて認知し、これからの活動に役立てていただきたいと思います」(小島さん)

 そもそも「外のモノサシ」とは何なのか。なぜ大事なのか。それを示すために小島さんが示したのは、鉄道模型が並んだスライドだ。Nゲージ、Oゲージなどいろいろなスケールの同じ車輌が並んでいる。同じように見えても目盛りが違えば全然違うモノになるという例だろう。それを示しながら、小島さんはサイファー・テックの吉田さんの話を引いた。

「今日のサイファー・テックさんの話、みなさん楽しく聞いたと思います。実は吉田さんは一度東京に出て東京のビジネスを知ってから、徳島に戻ってきた方なんです。他のモノサシを知っていると、地元での活用の仕方が見えてくるんです。ずっと地元にいると、見えているようで見えていないものです」(小島さん)

 なぜ、外のモノサシを知っていると見えるものが変わるのか。それは今が激動の時代だからだという。地方にいると、まだまだクラウドは使われていないという印象を抱きがちだが、調査結果の数字を見れば明らかな通り、ものすごいスピードで浸透していっている。2015年で3千億円強、2018年には5千億円ほどの市場規模になると見られていると小島さんは語る。この数字も驚くべき成長を示しているが、これでも控えめな見立てだと小島さんは言う。

「僕はAWSの中で実数値を知っているので、まだまだこんなもんじゃないと思っています(会場笑い)」(小島さん)

AWS
クラウドの市場規模は拡大し続け、CPUメーカーもメインターゲットをクラウド事業者に絞り始めている

 5千億円というのは、世の中で売れているサーバーをかき集めたくらいだそうだ。それくらいの金額がクラウドに振り向けられているということだ。サーバーとクラウドの市場規模はもうすぐ逆転する。さらに、CPUを提供するインテルも、最近ではPCメーカーではなくクラウド事業者をメイン顧客として見据えているという。

「エコシステムという観点から見ても、数多くのベンダーが自社のパッケージ製品のライセンスをAWSに持ち込めるように対応しています。BYOL(Bring Your Own License)という仕組みで、クラウド移行時にライセンスを再購入する必要がありません。これに対応していないベンダーはクラウド移行の際に切り替えられることになるでしょう」(小島さん)

クラウドで世界がフラット化し、あらゆる面でビジネスが大きく変化する

 既存のものがクラウドに移行するだけではない。新しいものはクラウドから生まれるようになっている。Amazonが提供しているAmazon Dash ButtonやAmazon Echoなどを例に挙げ、新しいビジネスが生まれる背景としてクラウドが不可欠になっていると小島さんは言う。

「これまでにないアイディアをビジネス化する際、市場規模も見通せないし、そのために必要なシステムサイズもわからない。クラウドを使うとそういうことを考えずにすぐにビジネス化でき、旧来の手法をとり続けるビジネスは淘汰されていきます」(小島さん)

 そこまで語った後に小島さんは、ユニ・チャーム<8113>の高原 泰久さんの言葉を引用した。

“今日のビジネス環境では「大きいものが小さいものに勝つ」のではなく、「速いものが遅いものに勝つ」”

 つまり、組織を持っているか、お金を持っているかということはもう関係ない。いかに速くやったか、やらなかったかということが勝敗を決めるというのだ。そして、今のビジネスでITをまったく使わないということは考えにくい。比較的小さな組織であっても、ITを使った自動化や効率化が図られている。

「クラウドによって、これまでは時間がかかっていたもの、大企業にしかできなかったものという概念が変わってきています。お金の流れや雇用の作り方、ビジネスの立ち上げ方からしまい方まで、すべてが変わってしまっているというのが今の世の中です」(小島さん)

 クラウドが世界をフラットにしているということを示すために、障壁の崩壊、基準の変化、顧客の変化を挙げた。たとえばデジタルサービスは、アメリカで始まれば日本でも使える。日本にはなかなか来ない、地方にはなかなか来ないという地理的な障壁は崩壊した。アジア市場のベンチマークは東京からアジア諸国の都市へと変わり、顧客はデジタルネイティブなミレニアル世代が中心となりつつある。2010年以降に成人したミレニアル世代は新しいものを取り入れることにも、古いものを捨てることにも抵抗がなく、旧来世代とは消費行動がまったく違う。

AWS
クラウドで提供されるデジタルサービスには交通費などの参入障壁は機能しない

 このようにクラウドでフラット化する世界で、地方ITには何が求められるのか。それが、「外のモノサシ」だという。ここでは小島さんは、攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEXから草薙 素子の台詞を引用した。

“世の中に不満があるなら自分を変えろ。それが嫌なら耳と目を閉じ、口をつぐんで孤独に暮らせ。”

「いまこのスライドを見てくすっと笑わなかった人がミレニアル世代ですね。これ古いアニメですから」(小島さん)

 2002年公開のアニメから引いたこの言葉を示しながら小島さんは、外の世界の変化に不満があるなら、外のモノサシを知って自分を変えるしかないと言った。そうでなければ、耳と目を閉じ、世間と隔絶されて暮らせと。しかし実際には、世間と隔絶して生きて行くことはできないので、自分を変えていくしかない。

外のモノサシを知る近道は、地場に他の地域とつながったコミュニティを育てること

 では、外のモノサシをどのように知り、どのように取り入れていけばいいのだろうか。具体策はそれぞれのビジネス領域により違うが、地方でITに取り組む人に向けて小島さんが示す答えは、コミュニティや勉強会への参加だ。

「コミュニティとは、元々は地域に根ざした共同体でした。現在ではネットなどを通じて、目的・理念を共有する人の集まりになっています。変化が大きいとき、コミュニティは非常に役立ちます」(小島さん)

 小島さんのイメージでは現在あるべきコミュニティの姿は、幕末の志士たちに重なるという。世界が大きく変わろうというときに、地域を越えて脱藩して集まった志士たち。彼らは、新しい世界では自分の藩だけのモノサシでは生きていけないと考え、外のモノサシを求めて藩を後にしたのだと、小島さんは言う。

AWS
コミュニティは地域を同じくする仲間から、目的や理念を同じくする仲間へと変化している

 クラウドにより世界が大きく変わっていく今、自分たちのモノサシだけで生きていくのは難しい。AWSだけでも2015年に700以上のエンハンスが行なわれ、2016年はそれを大きく上回る速度で進化を続けている。これは、社内や仕事を通じて学べる範囲を超えており、学んで行くには実際に触っている人同士で情報交換するのがもっとも効果的だ。

「今日も、書籍では得られない情報をたくさん得られたのではないでしょうか。しかも書籍とは違い、興味があれば質問することもできます。最近はメディアもコミュニティの力に気づき始め、こういうメディアが出てきました」(小島さん)

 そう言って小島さんが紹介したのは、まさにこのサイト。JAWS-UG on ASCIIだ。前述したような世界の変化はメディアにとっても死活問題だと小島さんは指摘する。

「10年前なら、ベンダーが新しい商品のリリースを決定してメディアに対して説明会を行ないます。それが記事になる頃に商品が発表されます。今はそんなことはしません。AWSの中にいる人間でさえ、あれこれ今日出るの?といった具合で、お客さんにしっかり伝えるので精一杯。メディアの方にかまわなくなっていきます」(小島さん)

 しかも、ユーザーが競い合うかのように、新機能についてすぐにブログに書く。しかもメディアの人とは違い、実際に触っている人が書いているので、メディアの人間よりも理解が深い。小島さんは自身の趣味であるバイクを例に挙げ、「免許を持っていない人がバイク雑誌の記事を書いているようなもの」と評した。

 これはまったくもって耳の痛い話だ。筆者もまったくコードを書けない訳ではないが、日本語で記事を書くことに比べれば何百分の一かという程度の頻度とスキルしかない。サーバー構築も、自宅サーバーを組み替えるたびに仮想化プラットフォームを変えて運用感の違いを確認する程度だ。その程度の技術知識で、現役エンジニアの書くブログに内容の深さで勝てる道理はない。

「コンテンツ力で勝てないことに気づき、いち早く観念したメディアがアスキーさん。メディアだけが持つ力、編集や発信能力だけで勝負しますと。だからコミュニティが持つコンテンツをこっちに寄越しなさいと」(小島さん)

 寄越しなさいというような上から目線ではなく、お邪魔してエンジニアのみなさんの熱意をおすそ分けいただいているつもりなのだけど、みなさんの取り組みを報じることでコンテンツを得ているというのは小島さんの言う通り。そして小島さんは、JAWS-UG on ASCIIは成功例と言い、成功の理由を「人より速くやったから」だと述べた。

AWS
コミュニティの力を前にいち早く観念したアスキーのサイト

「二番煎じや三番煎じは難しいんですよ。コンテンツがアスキーに流れるようになっちゃってますから」(小島さん)

 この話は、本当にその通りであればいいなと思いながら聞いた。コミュニティのみなさんの持つコンテンツを活かして記事にさせていただけるから、JAWS-UG on ASCIIは成り立っている。2番手が現れたとしても、ぜひJAWS-UG on ASCIIを贔屓に願いたいところです(懇願)。

リーダーになれなくてもフォロワーになることでコミュニティ成長に寄与してほしい

 では、メディアさえも衰退する中、なぜコミュニティはうまく機能しているのか。それは同じ立場の人の集まりだからだという。同じ視点の情報には聞く耳を持つし、素直に学べて、情報発信している人をリスペクトできる。そして新しいことを学んだ人も、情報を発信してリスペクトされた人も、楽しい気持ちになり、これが循環を生む。

 つまりコミュニティがあれば情報が生成され、交換され、スライドシェアやブログで情報を保存される。コミュニティに参加しなかったユーザーもネットを通じてこれらに触れ、外のモノサシを知ることができるという訳だ。

AWS
コミュニティには情報生成、情報交換、情報保存の役割がある

 ここで小島さんは、コミュニティが成長する秘訣について軽く触れた。必要なのは適切なリーダーの存在、フォロワーの存在、そして集まれる場の継続だと言う。集まれる場とは無論、オフラインで実際に顔を付き合わせて語り合える場のことだ。オンラインでのコミュニケーションはどんどん便利になっているが、初回の顔合わせはやはりオフラインであることに意味があるという。これには筆者も首肯するばかり。顔を合わせる場の持つ力は絶大だ。いかにネットが広大だとはいえ。

「ここで重要なのは、リーダーはひとりではリーダーになれないということです。いくら自分がリーダーだと言っても、支えてくれるフォロワーがいて初めてリーダーになれます。だからもし、周囲で何かを始めようとしている人がいたら、積極的にフォロワーになってください」(小島さん)

 自分からリーダーとなり、何かを始めるのは勇気も大きな力も必要だ。それが無理なら、リーダーになろうとしている人がリーダーになれるよう、フォロワーになれという訳だ。これなら、自分からことを起こすよりもハードルは低い。それでいて、コミュニティ成長のために欠かせない存在でもある。

地方でITに取り組む人にこそコミュニティは大きな効果をもたらす

 コミュニティがもたらす効果は、地方においてさらに大きくなる。地理的な障壁がなくなったクラウド時代、障壁がなくなったことをどう活かすか。ここで小島さんが例に挙げたのは、香川県民にとっては身近な瀬戸大橋。

「瀬戸大橋ができたことでどうなったか。地理的障壁がなくなったことをうまく使う側に回った人たちは、地元の物産を本州に売り込んで地産外消に成功しました。一方で使われる側にまわった人たちは、たとえばアーケードのシャッター街化といった結果を招きました」(小島さん)

AWS
地理的障壁がなくなったときに使う側になるか、使われる側になるかで結果は大きく変わる

 四国と本州とを初めて結んだ道路で、開通時四国に住んでいた筆者にとっても思い入れがある。この夢の架け橋が実現すれば、四国の閉鎖的な世界が変わると多くの人が信じていた。しかし、地理的障壁はいまだに残っている。明石、尾道に橋が架かり、便利になったはずの今でもだ。

 東京ではほぼ毎週、さまざまなジャンルの勉強会が開かれている。それらに足繁く通うことで、多くの情報を得ることができる。これは地方の人には真似ができないことだ。地理的障壁が大きく、東京で開催される勉強会に頻繁に参加するのは難しい。オンラインで得られる情報もあるが、この記事も含め二次的な情報でしかなく、参加して得られる情報量には遠く及ばない。ではどうすればいいのか。

「自分の地場で外のモノサシを知ることができる場、つまり他の地域とつながったコミュニティを作ることが有益な理由が、ここにある訳です。今日も、非常にいい場が用意されています。他県からのスピーカーもいて、いちいち外に会いに行くよりも効率的に、外のモノサシを知ることができます」(小島さん)

 もちろん、これはJAWS-UGだけに限らない。Kintoneやtwillioのユーザー会なども比較的横の連携が強く、各地にあるので参加しやすいという。そうした場に参加して外のモノサシを知り、「コミュニティで考え方を“脱藩”してほしい」と小島さんは語りかける。

「いろいろな人の考え方に触れて、考え方を脱藩するのはそんなに難しくありません。外の刺激があると楽なんです。そして参加したあとは、できれば発信する側になってください」(小島さん)

AWS
いい言葉なのだが、このスライドが表示されたとたん会場は笑いの渦に巻き込まれた

 発信する側になる意義を実感してもらうために、小島さんは会場に向けて、今日講演した人の顔をなんとなく覚えている人がどのくらいいるか問うた。そして、「前を向いたままで、いま隣にいる人の顔を思い浮かべられる人はいますか」と続けた。

「発信すれば、覚えてもらえて、懇親会で話しかけてもらうこともできます。参加するだけでも話しかける側に回ることはできますが、話しかけられることは少ない。登壇側になると、話が向こうから来ます。インプット量が飛躍的に上がるんです」(小島さん)

 参加することも大事だが、インプットの効率を上げるにはぜひ登壇側に回ることだ。ライトニングトークなど、簡単な発表からでいいという。そうしていろいろな情報を得て、外のモノサシを知り、自分のモノサシを持って欲しいと、小島さんは繰り返し語りかけた。

アスキー
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 11月17日(木)07時00分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】