超お買い得!! 9万3000円からの東芝i7ノートは使い心地バッチリ!

アスキー 11月17日(木)10時00分配信
超お買い得!! 9万3000円からの東芝i7ノートは使い心地バッチリ!

 東芝<6502>ダイレクト限定のWebオリジナルモデル、15.6型ノート「dynabook AZ65/B 2016冬 Webモデル」(以下「dynabook AZ65/B」)は、各種ベンチマークで3Dゲーム以外ならば快適に利用できる高性能なノートPCだ。今回は、実際に作業した場合の使い心地やその処理能力について紹介しよう。

超お買い得!! 9万3000円からの東芝i7ノートは使い心地バッチリ!
東芝<6502>ダイレクト限定のWebオリジナルモデル、15.6型ノート「dynabook AZ65/B 2016冬 Webモデル」

フルサイズキーボードで作業楽々! テンキー付きで数値入力もサクッとこなせる

 前回、実際に利用した場合にどの程度バッテリーが持つのかと検証したところ、たっぷり1日の作業ができるだけの実力を持っていることがわかった。その検証のために1日使ってみてわかったのは、やはり「dynabook AZ65/B」は非常に使いやすいモデルだということだ。

 「dynabook AZ65/B」は、フルサイズのキーボードにテンキーも用意されているということで、文字や数値の入力が非常にスムーズに行なえるのはいうまでもない。しかもキーピッチ約19mmと、ゆったりとしたキー配列だ。打ちにくい形状のキーもなく、入力でとまどうことはない。

超お買い得!! 9万3000円からの東芝i7ノートは使い心地バッチリ!
フルサイズのテンキーつきキーボードは快適な入力を実現

 テンキーを使った数値入力をよく行なう方は、Enterキーとテンキーの間に注目しておくといい。他のキーのキーピッチと変わらない程度しか開いていないため、慣れるまで多少の時間が必要な人がいるはずだ。ただし、15.6型ディスプレー採用モデルの場合、この距離感は妥当なところだ。

超お買い得!! 9万3000円からの東芝i7ノートは使い心地バッチリ!
Enterキーとテンキーの間が、他のキーのキーピッチと変わらない程度しか開いていないため、慣れるまで多少の時間が必要な人がいるかも

東芝ダイレクト

東芝ダイレクト

使い勝手のいいタッチパッド

 「dynabook AZ65/B」が搭載しているタッチパッドは、反応がかなり良い。軽く触れた程度でもしっかり動いてくれるため、腕の力の弱い小さなお子さんでも操作しやすいだろう。文字入力中に触れてしまう癖があるなら、ファンクションキーを使ってタッチパッドのオン/オフを適宜切り替えるといい。また、USB接続のマウスをつなぐと、タッチパッドを自動的にオフにする設定もあり、利用スタイルに合わせて使い分けられるようになっている。この辺りのきめ細やかさは、国産メーカーならではだ。

超お買い得!! 9万3000円からの東芝i7ノートは使い心地バッチリ!
USBマウスを用意してつなぐと、自動的にタッチパッドの機能がオフになるよう設定可能だ
約9万円引きの東芝Core i7ノート、「dynabook AZ65/A」で3Dゲームを試す!
本体右側にUSB 3.0端子×2を搭載。以下の写真のように、本体左側にもUSB 2.0端子×2を搭載しているため、自分が使いやすいほうにUSB機器を接続できる。Bluetooth 4.0をサポートしているので、Bluetoothマウスも利用しやすい
約9万円引きの東芝Core i7ノート、「dynabook AZ65/A」で3Dゲームを試す!

重めの作業でもストレスなしの処理能力

 テキスト編集やブラウジングといった作業の場合、「dynabook AZ65/B」の利用中にストレスを感じることはまったくない。Core i7-6500U+8GBメモリーという構成はさすがに快適で、負荷がかかることはないだろう。別途動画再生やブラウザゲームなども平行して行なってみたがが、ひっかかりを感じるようなこともなかった。

 また「dynabook AZ65/B」は、ストレージがSSDであるおかげで、Windowsの起動はもちろん、アプリの挙動も非常にキビキビしている。試しに、起動に比較的時間がかかり、処理も重くなりがちなアプリのひとつとしてAdobe Photoshop CCをインストールしたところ、ほとんど待たされることがなく起動した。ザックリとテストした程度だが、簡単な写真編集作業ならストレスなく行なえるだろう。一般的な家庭やオフィスで行なう作業程度なら不満を感じることはなさそうだと改めて確認できた。

超お買い得!! 9万3000円からの東芝i7ノートは使い心地バッチリ!
ストレージがSSDだけあって、Adobe Photoshop CCの起動も意外と高速

 外付けグラフィックス機能を搭載していないので、たとえば業務レベルの写真や動画の編集などには難があることは予想できるが、趣味で絵を描いたりする程度なら無理なく対応してくれるだろう。

東芝ダイレクト

東芝ダイレクト

アスキー
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 11月17日(木)10時00分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】