【価格調査】メモリーが急騰! 4GB×2枚組が平均10%上昇

アスキー 11月22日(火)20時00分配信
サハロフ
これがサハロフさんのWebページ。土曜の調査の翌日には速報版が掲載されるので、日曜の買い物の参考になるぞ

 サハロフ佐藤さんが、毎週土曜日にアキバのPCショップ各店を実際に回り、調査を行なった価格情報を毎週火曜日前後に掲載する本コーナー。

 本ページ内に掲載している「最低価格」は、文字どおりサハロフ佐藤さんが知り得た最も安い価格。そして、「目標価格」はアキバでも比較的知られているいくつかのショップでの価格だ。秋葉原に不慣れな人でも見つけることができるはずなので、目安にするといいだろう。

 価格は常に変動しており、掲載したリストはあくまで調査した時点での価格である。現在もこの価格で販売されていることを保証するものではないので、ご注意いただきたい。なお記載の価格はすべて8%の消費税込みとなる。

CPU

「AMD FX-8000/6000」が再び1500円の一律値引き
インテルは静かな値動き

サハロフ佐藤のアキバ定点観測(11月19日調査分)

 「AMD FX-8000/6000」の一律値引き(税抜価格から1500円)が再び始まった。一方、インテルはほぼ横ばいだ。

メモリー

メモリーが急騰
PC4-17066 4GB×2枚組が平均10%上昇

どこまで下がる? DDR4 16GBの2枚組が1万2980円まで値下がり

 PC4-17066 8GB×2枚組に6980円の特価が出ているが、4GB×2枚組は平均473円(10.0%)上昇するなど値上がりが目立つ。

 特にSO-DIMMは急騰しており、PC4-17066が平均4.2~12.2%、PC3L-12800が3.7~14.4%の上昇を記録した。このうちPC3L-12800 8GB×2枚組は最安値が前回から1680円上がって9480円となったほか、平均価格も1336円(14.4%)高の1万612円に達している。

HDD

Western Digital WD Redの8TBが
特価で3万5000円割れ

ヘリウム充填HDDの8TB「WD80EFZX」を触ってみた

 一部の特価により、Western Digital WD Redの8TBが前週比1036円安の3万4344円となっている。また、WD Purpleの8TBも最安値が1076円安の3万6504円に下がった。一方、WD Redの3~4TB、WD Blue 5400の4~6TBはやや上昇している。

SSD

WesternDigital WD Green発売
SanDiskなど値上がりの動き

コスパ優先派にオススメの「WD Green SSD」シリーズが販売解禁

 M.2タイプNVMe対応の高速モデル、Samsung SM961の256GBが出回り始めた。最大データ転送速度は読み込み3100MB/s、書き込み1400MB/sで、価格は2万6784円だ。

 2.5インチでは、Western Digital WD Greenが発売された。調査時点の価格は240GBが8280円、120GBが4980円。このほか、SanDisk SSD Plusの960GBが発売され、価格は2万5800円となっている。

 価格面では、SanDiskの一部が値上がり傾向で、このうちExtreme PROは平均7.0~11.4%上昇し、960GBが前週比5844円高の4万824円、480GBが2058円高の2万1038円に急騰。Ultra IIも960GBが1402円高の2万5682円に上昇している。このほか、TranscendやIntel 600pでも値上がりの動きが見られる。

 一方、Crucial MX300の2.5インチモデルが特価により1000円前後値下がりし、2050GBが5万8800円、525GBが1万2990円になっている。

アスキー
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 11月22日(火)20時00分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】