日本初の素材採用で音の奥行きがすごい無指向性スピーカー「TS1000F」

アスキー 11月25日(金)12時00分配信

 ポリマー・クレイ・コンポジットを使ったハイルドライバーで、無指向性のハイレゾスピーカーができたという。

 なんだそれ? というので完成披露会に出かけたら、見慣れた人が登場して、まず驚き。ワンペア35万円という決して安くはないスピーカーだが、期待に違わずおもしろいものだったのでご報告したい。

日本初の素材採用で音の奥行きがすごい無指向性スピーカー「TS1000F」
無指向性らしくラフな感じでフロアに置かれた「TS1000F」と、その新製品をプレゼンテーションするオオアサ電子株式会社社長の長田克司氏。ちなみに会場のHOTEL GRAPHY NEZUは、シェアアパートメントなどを展開するグローバルエージェンツの運営

振動板がスカートのブリーツみたいなハイルドライバー

 お披露目された製品は「TS1000F」。広島のオオアサ電子株式会社が展開するオーディオブランド「Egretta」の新製品で、13cmのコーン型ユニットと、5cm角のツイーターによる2ウェイ構成のタワー型スピーカー。その完成披露会が11月22日、根津という渋いロケーションにある、HOTEL GRAPHY NEZUで開催されたのだった。

日本初の素材採用で音の奥行きがすごい無指向性スピーカー「TS1000F」
TS1000Fは円筒形のフロア型で、幅・奥行きは330mm、高さは960mm。結構なボリューム感がある

 オオアサ電子は光学液晶事業が売上の7割を占め、ガラス加工の高度な技術に強みがある。しかしリーマンショック以降、まったく仕事がなくなった。そこで大手の下請けとして蓄えてきた技術でなにかできないか、ということで生まれたのがオーディオブランドのEgrettaであった。と、まず社長自ら、自慢なのか自虐なのかわからない調子で語られた。

日本初の素材採用で音の奥行きがすごい無指向性スピーカー「TS1000F」
スピーカーユニットはすべて上向きにマウントされ、どちらもディフューザーで拡散される。トップがガラス製なのはオオアサ電子ならでは

 今回のニュースは、この製品にツイーターとして使われているハイルドライバーにある。ハイルドライバーというのは、オスカー・ハイルという人が発明したスピーカーユニットの構造で、杭打ち機やプロレスやザンギエフの必殺技ではないのでお間違えなく。

 このハイルドライバーは振動板に特徴があり、スカートのプリーツのような波打った形をしている。これを強い磁界の中に置き、振動板の導電帯に電流を流すと、隣り合うプリーツの山が引き合う。その際に、プリーツの谷から空気を吐き出し、また吸い込むということを繰り返して、空気の波を発生させる。なかなかわかりにくいが、以下の図をじっくり見ながら振動板の動きをイメージしてほしい。

日本初の素材採用で音の奥行きがすごい無指向性スピーカー「TS1000F」

 振動板の動作そのものもおもしろいが、コーン型やドーム型の振動板のような分割振動が起きないので、周波数特性の暴れが少ないのがメリットと言われている。

粘土を使った複合素材「タフクレースト」を振動板に

 今回のEgretta製品の新規性は、振動板にポリマー・クレイ・コンポジットという素材が使われている点にある。これはポリイミドに粘土の微細粒子を混ぜたシート状の素材で、単体のポリイミドを使った振動板では得られない、45kHzまでフラットに近い特性が得られるのだという。

 この素材を開発したのは、ASCII読者にはおなじみの産総研(産業総合技術研究所)で、共同開発した住友精化株式会社が「タフクレースト」という名称で製品化している。このタフクレーストは、450度の耐熱性や、室温から350度までの熱膨張率が0.04%という、プラスチック素材としては抜群の熱耐性を持つ。このことから耐熱絶縁のためのシール材や、スクリーン印刷による回路描画の基板として活用が考えられてきたという。

 つまり、そもそもスピーカーの振動板として開発されたものではなかった。ところが、この素材にボイスコイルを印刷し、ハイルドライバーの振動板に使ってみたら、高域特性の良いツイーターができてしまった、ということらしい。そして、このハイルドライバーが、このタフクレースト初となる採用実績になったというから、世の中まったくわからない。

 さて、そうしてできたユニットはこれである。

日本初の素材採用で音の奥行きがすごい無指向性スピーカー「TS1000F」

 左上で見切れているのが通常のコーン型スピーカー。真ん中の黒くてスリットの入った丸いものがハイルドライバー。その下の黄色い細長いものが振動板の素材となるタフクレーストのフィルムで、上に乗っているのがハイルドライバーの振動板である。振動板だけ拡大してみよう。

日本初の素材採用で音の奥行きがすごい無指向性スピーカー「TS1000F」

 つまるところ、フレキシブル基板を蛇腹状に折りたたんだもの。しかし折りたたみ方そのほかに、様々な企業秘密が隠されているのは想像に難くない。そして、振動板を手にしている方は、オオアサ電子で今回の製品の音響設計を担当した川崎博愛(かわさき ひろよし)氏。

日本初の素材採用で音の奥行きがすごい無指向性スピーカー「TS1000F」

 冒頭で見慣れた人が登場して驚いたというのは、この方のことである。ASCIIの読者には、ソニー<6758>を辞め、東和電子のOlasonicブランドで様々な製品を設計してきた人、と言った方がわかりやすいかもしれない。特にUSBバスパワーのような小さな電源から有効な出力を得るためのスーパー・チャージド・ドライブ・システムや、それを積んだ卵型スピーカー「TW」シリーズ、「NANOCOMPO」シリーズなど、小型かつ手頃な価格で上位機種に負けない製品を作ってきた人だ。

 そんな関係もあってか、TS1000FにはOlasonicのNANOCOMPOシリーズを組み合わせたコラボモデル「Egretta&NANO」(49万6800円)も用意される。その内容は、CDプレイヤー「NANO-CD-1」(6万4800円)とプリメインアンプ「NANO-UA1a」(8万6400円)、そしてスピーカーケーブル「NA-SPC200」。TS1000Fの外装は漆喰を使ったオフホワイトで、NANOCOMPOの外装色とのマッチングも良いので、新たにアンプを買うならオススメである。

特にハイレゾでなくても十分楽しめる

 プレゼンテーションでは、各種ハイレゾ音源の試聴と同時に「こうした音源でも十分に楽しめます」ということで、Spotifyのストリーミング音源も再生された。再生装置が優秀であれば、音源を問わずそれなりに鳴るものという説得力が感じられた一方、音源が変わると解像感やレンジ感にはっきり差が付いてしまう点で、これはTS1000Fの再生能力の裏付けにもなっていた。

 無指向性ということでスピーカーレイアウトの自由度は高く、部屋のどこにいても立体的な音場感が楽しめる。そうした基本性能に加え、高解像度のハイレゾ再生能力が加わったという点で、ほかにない魅力的な製品に思えた。

 また、ハイルドライバーは単体でも需要はありそうだ。その展開例として、会場にはこのツイーターをインストールしたTOYOTA 86も展示されていた。展示車は福岡のカーオーディオショップ「Sound Suspension」のデモカーで、システムをインストールした代表の坂井敏美さんは、いかにもクルマの好きそうな感じの方だった。

日本初の素材採用で音の奥行きがすごい無指向性スピーカー「TS1000F」

 ちなみに私はTOYOTA 86に乗るのは初めて。ハチロクだというから大昔のAE86のつもりで乗ったら、アルピーヌみたいな着座姿勢でびっくり。なにしろ狭い。「デモカーがコレなのはキャビン容積の小さいほうが音響面で有利だから?」と聞いたら、単に「このクルマが好きだから」という答え。愛されとるなあ、ハチロク。

日本初の素材採用で音の奥行きがすごい無指向性スピーカー「TS1000F」
日本初の素材採用で音の奥行きがすごい無指向性スピーカー「TS1000F」

 出音も良かった。高解像度のツイーターを使ったシステムらしく、さすがに音の奥行き感がある。特に金管楽器はフロントスクリーンの向こう側から音が飛んで来るようなイメージで、運転しながら聴くのはさぞや楽しかろうという気がした。ちなみに、チューニングがバッチリ決まっているので「これはインパルス応答みたいな方法で測定したんですか?」と聞くと「それは嫌いだから耳で」という、これまたいかにもな答えが返ってきて楽しかった。

日本初の素材採用で音の奥行きがすごい無指向性スピーカー「TS1000F」
これが車載用ツイーターユニット。指向性が広いせいで左側とのバランスも良好

 気になるのはツイーター単体の価格。ちなみにTS1000Fは、2011年に発売された「TS1000」のツイーターをハイルドライバーに装換した上位バージョンで、価格はTS1000のワンペア27万0000円から10万円近くアップしている。これをそのままハイルドライバー分の差額と考えると、単体のパーツとしても結構なお値段になりそうだが、果たしてどうなるのだろう。いずれにしても広島のオーディオブランド、Egrettaのこの先の展開が楽しみだ。

スピーカーユニット:5㎝ポリマー・クレイ・コンポジットフィルム・ハイルドライバー/13㎝ポリプロピレン・コーン型
インピーダンス:8Ω
最大入力:50W
出力音圧レベル:87dB/2.83V/1m
周波数特性:44~45kHz
エンクロージャー:バスレフ型
重さ:1本およそ11.2kg
サイズ: 幅330×奥行き330×高さ960mm
価格:2本一組で37万8000円



アスキー
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 11月25日(金)12時00分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】