タモリきっかけ「美尻カレンダー」が今年も!知られざる尻選考秘話とは!?

アスキー 11月25日(金)18時00分配信
お尻
「ハイサワー美尻カレンダー」2017年版

 選び抜かれたお尻たちがカレンダーに! 尻選考の舞台裏、気になりませんか?

厳選を重ねた「美尻カレンダー」2017年度版も登場

 お酒の割り材「ハイサワー」を販売する博水社では年末恒例の「ハイサワー美尻カレンダー」2017年版をただいま発売中です。ヒップモデルら23万9046枚の後ろ向きの水着姿から、厳選に厳選を重ねたこだわりのカレンダーとのこと。採用されたステキなお尻、すなわち“美尻”の倍率はなんと約4万倍!

お尻
お尻

 今回の美尻のテーマは「NEO(ネオ)」。 ネオ大衆居酒屋がブームではありますが、それにあやかったネオなお尻とは「昭和世代の憧れる“ボン・キュッ・ボンッ”のお尻を平成目線で現代風にアレンジした」お尻。うーん、お尻も奥が深いですね。美尻カレンダーでは毎回テーマを決めてお尻を選考しているようですが、気になるのは選定方法。

 記者は9月に博水社が関係者を招いて行う“倉庫呑み”に参加して田中秀子社長にお会いしたので、お尻の選び方や「タモリ倶楽部」との関係についてきいてきましたよ。

お尻
博水社 田中秀子社長。背後に映っているのは博水社名物のハイサワーカーだ。

お尻どうやって選んでいるの?ハイサワーの博水社田中社長にきいてきた

■選考に紛糾!? お尻の好みがみんな違う■

――美尻カレンダーのお尻は毎年厳選されているようですが、いったいどのような方法でお尻を選定されているのでしょうか?

田中社長:お尻専門のモデルさんの写真の中から、まず“美尻グッズ部”というチームの女性社員6名で第1次選考をするんですよ。数万のお尻の中からテーマにあったお尻があったらピックアップして保存して、その繰り返しです。第1次選考を通ったお尻はさらに絞り込むために2次、3次選考にかかります。終盤になるころは男性社員含む全社員に見てもらい意見をもらってまた厳選して、最終的に私の判断で決定しています。

――選考でもめることもあるんですか?

田中社長:これがけっこうおもしろくて、特に女性社員と男性社員で意見がぜんぜん違ったりするんですよ。男性はやはりセクシーなほうが、という意見が多いのですが、女性が見ても憧れちゃう健康的なお尻を選んでいます。そうでなくても、ひとりひとりお尻の好みって違うんですよね。しまったお尻がイイという人もいれば、ちょっと脂肪がついた丸みがあるお尻がイイ、という人もいたりして。あと、お尻自体がステキな形でも、背景や色のバランスがよくなかったりすると最初から選考し直すこともあります。見るほどに美尻グッズ部の目も肥えてきて、2017年版は今年の1月から選びはじめて決定するのに約9ヵ月かかっています。

お尻
こちらは2014年版の美尻カレンダー。金色の水着が輝かやしい。

――選定にそんな長期間かかるのですね。はじめから撮影された写真がある、ということは「ハイサワー」のロゴは後づけなのですか?

田中社長:そうです。加工してロゴを乗せています。ロゴを入れる場所もなかなか微調整が難しいのですよ。そこも含めて楽しかったりします(笑)。

――お尻のモデルの方々はどういった方々なんですかね?

田中社長:肌の色もお尻の形も様々ですし、国籍がわからない方もいらっしゃいますね。

――毎年テーマは異なると思いますが、確固たる“美尻”の基準ってあったりするのですか?

田中社長:よくきいてくれました! ハイサワーが強炭酸なのでそれを表現するお尻を、という基準があるんですよ。パチパチと弾けているレモンサワーの爽快感を感じさせるような、みずみずしいお尻。なので、全体的にハリがあるパーンとしたお尻が多いですね。

お尻
社長ご自身の好みのお尻は!?

――パーンと! 私のお尻じゃ選んでもらえないだろうな(笑)。ところで、お尻の好みは人それぞれとありましたが、社長ご自身のお尻の好みってありますか?

田中社長:たくさんのお尻を見てきて思っているのですが、お尻だけをトレーニングすることってできないんですよね。たとえばキュッと上がっているお尻を見ると、ひょっとしたらお腹も割れているかもしれない、腕もきっとキレイだろうなって想像できるじゃないですか(笑)。私はもともとバレエをやっていたので、全体の身体の鍛え方が伝わってくるお尻が好きです。

■ハイサワーの美尻カレンダーと「タモリ倶楽部」の関係とは?■

――美尻カレンダーはそもそも、テレビ朝日の番組「タモリ倶楽部」がきっかけという話をききました。

田中社長:そうです。2009年のことですがタモリ倶楽部でタモリさんの地元応援企画ということでハイサワーの“倉庫呑み”に来てくださったんですよ。オリジナルの割り方をいろいろ試してもらった中でタモリさんが気に入ってくれた割り方があったのでそれを飲食店さんに紹介しよう、せっかくだからタモリ倶楽部のオープニング映像にちなんでお尻をモチーフに特大A2メニューポスターをつくろう、となったのがきっかけでした。

美尻

――それまでは“美尻”ってやっていなかったのですか?

田中社長:ずっと昔にビールメーカーさんがつくっているような水着の女性のポスターはやっていたのですけど、最近は全然やっていませんでした。お尻をモチーフにしたA2メニューポスターは最初飲食店さんに無料でお配りしたところとても反響がありました。酔っぱらったお客さんが剥がして持って行っちゃうくらいなので、そんなに人気ならカレンダーにしようと2010年版からカレンダーをつくり、2011年版から一般にも販売するようになりました。

――それで美尻がハイサワーの定番グッズになったわけですね。ところで、タモリ倶楽部のオープンニング映像のお尻が今年9月に“平成尻”に変わりました。お尻マイスター(?)である田中社長から見てどう思いますか?

田中社長:タモリ倶楽部のお尻は下着で、ハイサワーのカレンダーは水着なので、その違いはあるなぁと思っています。平成尻は逆立ちした方の“逆さ尻”がすごいですね! 運動されている方なのでしょう。お尻を見るとついハイサワーのロゴをつけるとしたらどこがいいかって考えちゃうんですが、プルッと逆さの場合はどこがいいでしょうね!?

 きいたところ、美尻カレンダーは田中社長の最終決定の段階で「これは違う」とひっくり返ることもあり、美尻グッズ部の社員は楽しみつつもとても真剣にお尻選びに専念したそうです。飲料の会社さんなのにお尻選びに熱を入れるってなかなかないことなのでは、と思いました(笑)。

 「プレミアム美尻カレンダー 2017」13枚綴り版はお楽しみ粗品付きで2246円、美尻グラスとセットで3812円。隔月の6枚綴り版は粗品とのセットで1166円。ハイサワーのオンラインショップで扱っています。カレンダー以外にもお酒がおいしくなること間違いなしの美尻グラスやマドラー、各種グッズもあるので厳選された美尻が気になる人はのぞいてみましょう!

お尻

アスキー
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 11月25日(金)18時00分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】