麻倉怜士推薦「いますぐ聴きたい、高音質ハイレゾ音源」

アスキー 11月26日(土)12時00分配信
麻倉怜士のハイレゾ

 評論家・麻倉怜士先生による、いま絶対に聴いておきたい“ハイレゾ音源”集。11月はクラシックから始まりつつ、オーディオファンには根強く人気のある花火やノラ・ジョーンズ、宇多田ヒカル、そして上白石萌音など女性ボーカルも。素晴らしい音源ぞろいですのでぜひご賞味を。

 特におすすめの曲には「特薦」「推薦」のマークもつけています。e-onkyo musicなどハイレゾ配信サイトをチェックして、ぜひ体験してみてください!!

ベートーヴェン:ピアノ協奏曲全集
フリードリヒ・グルダ
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団、ホルスト・シュタイン

特薦ロゴ

 鬼才フリードリヒ・グルダの名アナログ録音がハイレゾ化された。ホルスト・シュタイン指揮ウィーン・フィルを従えたベートーヴェン:ピアノ協奏曲全集だ。

 1970年6月(第1番、第3番、第5番)、1971年1月(第2番、第4番)、ウィーン、ゾフィエンザールでのDECCA録音。当時40代になったばかりの壮健なグルダ(1930年5月16日 - 2000年1月27日)が、1967年のソナタ全集に続いて録音したベートーヴェン・プロジェクトの第2弾であり、ジャズに入る前の、グルダの最も重要な録音遺産とされる名盤だ。

録音が素晴らしい。録音会場は1950年代半ば以降、デッカのウィーンでの専用スタジオとなっていたゾフィエンザール。今の過度にホールトーンを入れるソノリティ録音とは異なる、直接音を主体にし、ホールの美しい響きも添える、この時代、この会場ならではのデッカサウンドが耳の快感だ。

 芯がしっかりとした安定的な土台の上に、輝ける音色がきらきらとまさに万華鏡のように拡散する。ウィーン・フィルのしなやかで、麗しく、美しい音の響きが、このデッカメソッドで十全に捉えられている。今のウィーン・フィルのように国際化する前、純粋なウィーン育ちしか入団できなかった「ドナウ川で産湯を使い、ウィーンの音楽院で習い、ウィーン製の楽器を使って演奏する」時代の馥郁な音が香る。ピアノの輝かしいテクスチャーも素晴らしい。ベーゼンドルファーならではの中音域の音の豊潤さが、耳の快感。いまの録音に比べればレンジ感は狭めだが、その分、音の魅力が凝縮されている。

FLAC:192kHz/24bit
Decca、e-onkyo music

死の舞踏~魔物たちの真夜中のパーティ
モントリオール交響楽団、ケント・ナガノ

特薦ロゴ

 ハロウィーンをテーマに魔女、魔物を描いた名曲を編んだ。交響詩《魔法使いの弟子》、交響詩《真昼の魔女》作品108、交響詩《はげ山の一夜》、交響詩《タマーラ》、死の舞踏 作品40、《3つの屋外の情景》 とまさに魔法、魔女、そして悪魔の饗宴だ。

 1曲目、ポール・デュカスの「魔法使いの弟子」。モントリオールの土地柄のフランス的なソノリティと透明感と色彩感のミックスが素晴らしい。ファゴットのテーマもコケティッシュで、俊敏なもたもたさ(?)が、この物語の世界観にぴったり。弦も金管もカラフルで、きらきらしている。といっても音の質感としてメタリックに傾かずに、しなやかで、上質感を保ちながら、同時にブリリアントさと色彩感を演出するという、なかなかの名演奏、名録音だ。3曲目、ムソルグスキー「はげ山の一夜」。この曲の場合、いかにもロシア的な野蛮風のキャラクターが立った演奏が多いが、ナガノとモントリオール交響楽団は、実にエレガントで、上質だ。音の進行がダイナミックで、快適。

しかし、要らぬ心配をしてしまうのが、季節モノって、季節が過ぎても売れるのだろうか。例年、クリスマスシーズンまではクリスマス・ソングが大モテだが、過ぎるとまったく演奏されない。ハロウィーン関連はどうなんだろう。本アルバムは、2015年10月29日、30日モントリオールのメゾン・シンフォニークで録音。

FLAC:96kHz/24bit
Decca、e-onkyo music

モーツァルト:ピアノ協奏曲第17番&第25番
[2016年 ライヴ・イン・クリーヴランド]
内田光子、クリーヴランド管弦楽団

特薦ロゴ

 内田光子/クリーヴランド管弦楽団のコンビによるモーツァルト・ピアノ協奏曲シリーズ第5弾。かつてのジェフリー・テイト指揮のイギリス室内管弦楽団との録音も名盤だった。その第17番は1986年、第25番は1988年だったから、久方振りの再録音だ。

 秋晴れの、透明な空気に覆われた朝の、すがすがしい雰囲気にぴったりのピアノ協奏曲17番。内田光子の弾き振りだが、クリーブランド管弦楽団の弦と感の優秀さが、ひしひしと伝わってくる。ピアノがまたラブリー。左手のスタッカートの暖かく、俊敏な味わい。右手の旋律の麗しさ。このコンビは長年、モーツァルトを手掛けているが、最新作になればなるほど、完成度が上がり、モーツァルトが、かつて予約演奏会で行ったであろう、音楽的感興とソノリティが目の前で聴けるようだ。

 録音は実にナチュラル。内田光子のピアノは眼前にて微視的に虫メガネで覗くようなものではなく、会場の響きも加わり、少し離れた位置で聴いた感覚。オーケストラとの好適なバランスの中で、密度の高いソノリティが語られる。直接音と間接音が巧みにブレンドされたなかで、清涼に音場が語られる。直接音がホールで間接音を生み出し、手前から奥行きにまで広がっていく様子は耳の快感だ。

 木管の暖かい質感、弦の稠密さという音楽を楽しむにふさわしいテクスチャーが愉しい。活発で、ヴィヴット、そして優しげな音が耳を心地良く撫でる。速いパッセージでの燦めきも、一音一音から発する内田光子ならではの音の神々しさも、倍音感、響きの透明感、濃密な空気感も、すべて素晴らしく上質に再現される。秋晴れの下で聴く、文字通り、天晴れなモーツァルトだ。2016年2月11日-13日、クリーヴランドのセヴェランスホールで録音。

FLAC:96kHz/24bit
Decca、e-onkyo music

ハイレゾ 究極の風物音シリーズ 花火 Vol.1
生形三郎

特薦ロゴ

 かつての昭和の生録ブームでは、マイクとレコーダー(ポータブルカセットやオーブンリールデッキ)で蒸気機関車や雷の音などを屋外録音するのが大流行。いま、ハイレゾ人気で、再度のブームが予感される。

 本作品は新潟県小千谷市で毎年開催される、400年の歴史を持つ片貝まつりの奉納煙火(2016年9月9日、10日)の192kHz/24bitハイレゾナマロクだ。

花火の雄姿を音で体験するハイレゾ自然音は雄大で、生々しい。発射音から数秒して爆発、ズシンと来るピラミッド的な偉容な低音には心地よい安定感があり、まるで中空に浮いた大ティンパニが、音程を持って華々しく打ち鳴らされるようだ。破裂直後の音の立ち下がりが濃密で、響きが空中を舞う様子が生々しく、ステレオの臨場感豊かに捉えられている。打ち上げ前に大きな音でPAされる奉納者が寄せたコメントナレーションも空気感が濃く、雰囲気満点。これからの季節外れの季節に家で花火が楽しめる名ハイレゾだ。録音、編集、マスタリングは音楽家・録音家の生形三郎氏(著作に「クラシック演奏家のための デジタル録音入門」音楽之友社)。レコーダーはTASCAM DR-100mk3、マイクはワンポイントステレオ。

WAV 192kHz/24bit、FLAC:192kHz/24bit
音楽之友社、e-onkyo music

Day Breaks
Norah Jones

推薦ロゴ


 サックスのウェイン・ショーター、オルガンのドクター・ロニー・スミス、ドラムスのブライアン・ブレイドら、ジャズ界の巨匠達とコラボしたノラ・ジョーンズ。

 1曲目、Burn。冒頭のピアノとベースの実存感が、大げさでなく凄い。ヴォーカルは2つのスピーカーの間に巨大な音像を形成している。声が音場を睥睨し、支配するような音場構成。少し憂いを帯び、ソフトにして剛性感が高いノラ・ジョーンズの声質が見事にとらえられている。間奏のウェイン・ショーターのソプラノサックスが、心地よい味を醸し出す。リフ的な絡みが、ジャジイだ。ピアノの実存感も濃密。2曲目、Tragedyは足取りが重たいカントリー調。Burnとはまったく違う歌いの質感にノラ・ジョーンズの引き出しの多さを感じる。録音も太くて、緻密。

FLAC:96kHz/24bit)
Blue Note Records、e-onkyo music

Spain Forever
Michel Camilo、Tomatito

推薦ロゴ


 ドミニカ共和国出身のピアニスト・作曲家のミシェル・カミロとスペインのフラメンコギタリストのソトマティーとのデュオ。

 1曲目、Agua E Vinho。憂いの響きを帯びたピアノと、一音一音を慈しみ奏でるギターの合奏は濃い。特に感情が濃い。

 たった2つの楽器の音に、人間が持つさまざまな感情が凝縮されて表現されているような情緒量の多さを感じる。チックコリアへのオマージュでもある10曲目「Armando's Rhumba」は瞬発的な音の衝撃と、俊敏の音進行、そしてギターとピアノの不思議にマッチする音色の絡み合い的な融合感が魅力だ。たたき付けるような鍵盤感も、実にリアル。音の太さと、音色の輝き感、音場の緻密さが素晴らしい。

FLAC:96kHz/24bit
Universal Music、e-onkyo music

Fantome
宇多田ヒカル

推薦ロゴ


 宇多田ヒカルの8年ぶりのオリジナル・アルバムだ。「Fantome」(ファントーム)とは「幻」「気配」の意味のフランス語。

 冒頭の「道」。躍動的な、同時にナチュラルな歌の進行を量感豊かなベース、透明感の高いコーラス、尖鋭なパーカッション、クリヤーなキーボードが彩る。メロディラインがヴィヴットで、オーバーダビングによる音の重層感と、俊敏なリズムの切れ味の魅力。

3曲目の「花束を君に」。柔らかいレガート感が耳に優しい。気持ちがストレートにクリヤーに伝わってくる。セカンドバースは、8ビートになり、量的にも、リズム的にもかなり主張するサウンドになるが、オーバーダビングによるヴォーカルの伸びやかな表現力は変わらず。しなやかにしてテンションが高い声はまさにワン・アンド・オンリー<3376>。録音は解像度強調型ではなく、量感を押し出す剛性的なテクスチャー。

FLAC:96kHz/24bit
Virgin Music、e-onkyo music

chouchou
上白石萌音

推薦ロゴ


 上白石萌音は「かみしらいしもね」と呼ぶ。chouchouは「シュシュ」と読む。大ヒット映画「君の名は。」の三葉役のシンガーのデビューアルバムだ。

1曲目映画「赤い糸」主題歌「366日」。 冒頭のアコースティックキターがリアルで美しい。声質はクリヤーにして、軽くグロッシー。私の好きなタイプの音色傾向だ。声の伸びが清涼で、耳に心地よい。録音は優秀。ギターの撥音楽器らしい質感表現がいい。叙情的な声質の解像感も高い。途中からエレキベース、パーカッションが加わるが、上質さは変わらず。音場の見渡しがとてもクリヤー。

 2曲目、WOMAN(「Wの悲劇」から)。オリジナルの薬師丸ひろ子の声質にまろやかさの部分が少し似ていて、でも薬師丸ほどグロッシーなわけではない。健康的なテクスチャーが、この曲としては新鮮。6曲目のスマイルもレガートな歌唱が感動的だ。

WAV:96kHz/24bit、FLAC:96kHz/24bit
ポニーキャニオン、e-onkyo music

Monterey
The Milk Carton Kids

推薦ロゴ


 ロサンゼルスはサンタモニカからもほど近い、トパンガ州立公園イーグルロックは巨大一枚岩で有名だ

 アメリカのポップスシーンでは「イーグルロックから第2のサイモン&ガーファンクル出現」かと騒がれている。同地出身のシンガーソングライター兼ギタリストのケネス・パッテンゲールと同ジョーイ・ライアンが組んだThe Milk Carton Kids。

確かにS&Gの再来のような繊細で、深みを持つギター2本とヴォーカル・デュエット。静謐なハーモニーは、ハイレゾ時代に新型S&Gが登場したような錯覚を受ける。中低音の太い歌声がメロディ側に、高音がハーモニー側を担うという和声構造もS&Gを彷彿とさせる。録音は素晴らしい。ギターの明瞭な音色、クリヤーな伸びが印象的で、ギターとヴォーカルのバランスも明瞭だ。二人のハーモニーが的確に捉えられ、デュオならではの魅力が十全に伝えられている。

FLAC:96kHz/24bit
Epitaph、e-onkyo music

ベルリオーズ:幻想交響曲 作品14&リハーサル
シャルル・ミュンシュ、日本フィルハーモニー交響楽団

推薦ロゴ


 1962年冬、往年の大指揮者、シャルル・ミュンシュが日本フィルハーモニー交響楽団を振った、東京文化会館での貴重な録音。

 文化放送のラジオ番組「東急<9005>ゴールデンコンサート」の録音技師でオーディオ評論家の故若林駿介秘蔵の1/4インチ10号リールのオリジナル・マスターテープからのハイレゾ化だ。1962年12月28日 東京文化会館にてライブ収録。

 ミュンシュ/日フィルの幻想交響曲は、初期のBSフジ<8278>の番組でこれまでも何回も放送さているが、お世辞にも音が良いとはいえなかった。ところが、今回のリマスタリングは、びっくりするほど音が洗練されているではないか。音場の透明感が高く、弦の倍音感もすがすがしい。この録音には、これほど倍音が収録されていたのか驚くほどだ。 音像がここまでクリヤーに透徹するのか驚く。ヴァイオリンが左側、チェロが右側の定位感も確実で、しかも木管はきちんと奥に位置するのである。オケも技量は完璧ではないものの、天下のミュンシュになんとか食らいつこうという意欲は感じられる。低域が薄いのが惜しい。幻想交響曲、ダフニスとクロエ第2組曲のリハーサル記録、ミュンシュの楽員への挨拶も収録。

WAV:96kHz/24bit、FLAC:96kHz/24bit、DSF:2.8MHz/1bit
EXTON、e-onkyo music

アスキー
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 11月26日(土)12時00分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】