東プレのゲーマー向けキーボードがいよいよ発売されるぞ!

アスキー 11月26日(土)22時51分配信

 静電容量無接点方式を採用する高品質キーボードとして人気の東プレ<5975>「RealForce」シリーズから、ゲーマー向けモデル「REALFORCE RGB」が登場。いよいよ販売が12月9日からスタートする予定だ。

TGS2016で見つけた自作PCパーツメーカーの新製品
TGS2016で見つけた自作PCパーツメーカーの新製品
東京ゲームショウ2016で展示されていた「REALFORCE RGB」。ついに静電容量無接点方式の「RealForce」がRGB対応になる

 COMPUTEX TAIPEI 2016東京ゲームショウ2016など、披露されるたびに注目を集めていた東プレ<5975>の「REALFORCE RGB」がついに発売となる。

 ソフトウェア制御によりキースイッチの入力がオンになる“アクチュエーションポイント”の深さを1.5mm、2.2mm、3mmの3段階で切り替えられるAPC(Actuation Point Changer)機能を備えるのが特徴。プレイするゲームのジャンルや好みによってキー入力の深さを変えられるというワケだ。

東プレのゲーマー向けキーボードがいよいよ発売されるぞ!
12月9日の発売を前にアキバでは予約受付がスタート。確実に入手したいのなら今から予約だ

 また、専用ソフトウェア経由で設定可能な1680万色のLEDバックライト機能を備えるのもウリ。今や他社製のゲーミングキーボードでは珍しくないものの、静電容量無接点方式採用の「REALFORCE」が対応するとなれば話は別。待望のゲーマーモデル登場を待っていた人も少なくないはずだ。

 基本スペックは、108キー英語配列で、全キーの同時押しが可能なフルNキーロールオーバーに対応。接続インターフェースはUSB(ケーブル長1.5m)で、サイズは455(W)×142(D)×30(H)mm、重量1.4kg。

 パソコンショップアーク(予価税込2万7990円)とツクモパソコン本店(予価税込2万9797円)では予約受付が始まっている。人気となるのは確実のため、早めの予約がオススメかもしれない。

アスキー
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 11月26日(土)22時51分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】