5.7型有機ELで10コアCPU搭載の「SAMURAI 極2」 を写真で見る

アスキー 2016年11月26日(土)15時00分配信

 FREETEL(プラスワン・マーケティング)が先日発表し、12月に発売予定の「SAMURAI 極2」。FREETELのフラッグシップにふさわしいスペックながら価格は4万9800円(税抜)と、バランスのいい端末だ。

キワミ

 極2のスペックを見てみるとCPUはMediaTek製でなんと10コアの「MediaTek Helio X20 MT6797」を採用。ディスプレーは5.7型有機ELで解像度はWQHD(1440×2560ドット)、メモリーは4GB、内蔵ストレージは64GB。カメラ性能はリアが1600万画素、フロントが800万画素とハイエンド。

 スペック以外にはSIMスロットはnanoSIM×2で4G+3GのDSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)対応で、OSはAndroid 6.0を採用しているがはやくもAndroid 7.0へのアップデートを予定している。

 12月の発売に先がけてお借りしたので、レビューの前にフォトレポートをお届けしよう。

キワミ
キワミ
キワミ
まずは開封の儀。ゴージャスなデザインで高級感を演出
キワミ
キワミ
5.7型なので本体サイズはかなり大きい
キワミ
キワミ
上部にはイヤホンジャック、下部にはスピーカーとUSB Type-Cの端子がある。ただし、急速充電には対応しない
キワミ
キワミ
右側には電源キーとボリュームキー、左側にはSIMスロットがある。スロットを開けるにはピンが必要
キワミ
キワミ
有機ELなので発色は素晴らしい。ホームボタンは指紋センサーも兼ねる
キワミ
キワミ
背面はマット加工で指紋が付きにくい。FREETELのロゴのみと、シンプルなデザイン
キワミ
キワミ
厚さ7.2mmの薄型メタル筐体で、周囲のフレームが斜めにカットされたデザインを採用している
キワミ
カメラのレンズは1mmくらい飛び出ている
キワミ
もちろん指紋認証も可能なので便利に使える
キワミ
UIはAndroidオリジナルのものも使えるが、基本はFREETELのUI
キワミ
キワミ
DADS対応で、nanoSIMを2枚セットできるが、microSDカードとは排他になる
キワミ
現状ではAndroid 6.0だが、今後ヌガー(Android 7.0)にアップデートが予定されている
キワミ
編集部にあったファミコンミニとの比較。上下のサイズはファミコンミニより大きかった

アスキー
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2016年11月26日(土)15時00分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】