ハイレゾ機をもって、アイドルライブに潜入してみた!

アスキー 11月26日(土)18時00分配信
録音部

アイドルライブにASCIIが出張してきました!!

 ASCIIの編集部と周囲のお仲間との間で、何となく発足した録音部。その後、音信不通だったため「どうなったの?」と読者から心配されることは、ほぼなかったが、実は水面下で活動していた。決して「4月1日のスタートだったから、エイプリールフールネタとして流しちゃったほういいんじゃね?」と思っていたわけではない……ようなあるような……ごにょごにょ。

HPF2016_01

 さてそんな録音部ですが、今回取り上げるのはハイレゾ録音に対応した「AK Recorder」。ハイレゾが大好物の録音部のメンツにとっても垂涎の1台だ。これをニンジンのように目の前にぶら下げられてしまい「やはりその実力を試さずにいられないな」という気分になってしまったのだった。

録音部2

 とにかく録音して試したい!! ということで、馳せ参じたのが、2016年11月3日にTwinBox AKIHABARAで開催された

 これは3組のアイドルを迎えた対バンイベントなのだが、その中でAK Recorderによるハイレゾ音源の試聴、さらにはAK Recorderによるライブ録音をしてしまおう! というもの。

 ライブの合間にハイレゾトーク&録音の時間をもらいました。

連載でもおなじみのULTRAGIRLも出演

 前置きはこのぐらいでイベントの様子をお伝えしよう。

 今回登場いただいたグループは、都内のライブハウスを中心に活動する5人組のアイドルグループ「ULTRAGIRL」、名古屋と東京で活動する6人組のガールズユニット「CAMOUFLAGE」、道路をコンセプトにした5人組のアイドルグループ「Chu☆Oh!Dolly」の3組。それぞれのライブコーナーはもちろん、各グループが歌う楽曲を録音する企画も用意された。

録音部2
ULTRAGIRL
録音部2

 まずはULTRAGIRLのライブからスタート。トップバッターとして、集まったファン(ヒーロー)とともに会場を盛り上げる。途中のMCでは、秋葉原限定のフリーペーパー「電撃ASCII」にて連載されていた「ウルトラ☆スポット」についても触れ、ASCIIをしっかりとアピールしてくれたゾ。

ハイレゾ音源も、ちょっとだけ体験してもらいました

 続いてはハイレゾについて学ぶトークコーナー。ASCII編集部のこばQが進行役となり、各グループの代表者に「ハイレゾ」を解説する。

録音部2

 ステージに登場したのは、ULTRAGIRLから麻生智世、CAMOUFLAGEから山下もえ、Chu☆Oh!Dollyから大崎瑠衣。麻生智世は、高解像度な音というハイレゾの言葉については知っている様子。そして山下もえは、中野サンプラザにて行われていた「秋のヘッドフォン祭 2016」を偶然見かけたようで、そこで言葉を目にしたとのことだった。

 ただ、CDよりも高音質なハイレゾについて言葉で説明しても、なかなかその素晴らしさは伝わらない。ということで、AK Recorderと同じAstell&Kernブランドの「AK70」を使って実際にハイレゾ音源を試聴してもらうことに。試聴してもらったのは、大崎瑠衣。「音がクリアに聞こえる!」と驚きの感想を口にしていた。

録音部2
録音部2

 ハイレゾについてわかったところで、ここからは実際にハイレゾ品質(24bit/96kHzのPCM)でライブを録音してみよう……というコーナーに。AK70の兄貴分となる、Astell&KernのAK300シリーズに、AK Recorderを装着すると、ハイレゾ録音が可能になるのだ。

 ただし今回の録音は「ハイレゾ=音がいい」を目指すものとは若干目的が異なる。どちらかと言えば、歌っている声をそのままに、ライブ会場の空気感を含めて、ライブの様子をできるだけそのまま録音したいというのが目的だ。

トークの後はCAMOFLAGEとChu☆Oh!Dollyのステージに

 録音コーナーは、各グループが1曲ずつ披露し、その間、ファンの方は応援(コール)を抑えてもらえるよう協力していただいた。普段のアイドルライブではあまり見られない光景だったが、そん中、各グループが歌い上げた曲がこちらになる。

  • ULTRAGIRL「君にありがとう」
  • CAMOUFLAGE「キミユキマジック」
  • Chu☆Oh!Dolly「Chu☆Oh!Police 24時」

 もちろん録音コーナーを終えたあとは、通常のライブコーナーに突入! CAMOUFLAGEが静かだった会場の雰囲気をガラリと変える。椎名あずさのDJとクラブミュージック風のサウンドは独特のスタイル。集まったファンのノリも戻ったところで、トリとなるChu☆Oh!Dollyにつなげていく。

録音部2
CAMOUFLAGE
録音部2
録音部2
録音部2

 Chu☆Oh!Dollyはいまのアイドル楽曲王道の、テンポのいい盛り上がるナンバーを立て続けに披露。特に、録音コーナーであまり声を出すことができなかった「Chu☆Oh!Police 24時」は、大きな沸き上りを見せた。

録音部2
Chu☆Oh!Dolly
録音部2
録音部2
録音部2
録音部2
録音部2
録音部2
録音部2

 集まったグループ3組それぞれが、カラーの異なるライブを見せたところで、「IDOL DIGITAL CHALLENGE powerd by ASCII倶楽部」は終演した。

アスキー
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 11月26日(土)18時00分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】