プリンストンのiPhone 7/7 Plus向け新ケース6種類を試す

アスキー 12月01日(木)11時00分配信
201611iPhonecase_ph01_Resize

スウェーデン製「WALK ON WATER」から6種類発売

 iPhone 7の発売から早3ヵ月。すでに入手した人も多いのでは。iPhone 7に関しては、さすがに発売日当日の入手は困難だったものの、現在は供給も安定した印象がある。しかしユーザーを悩ませたのはなにも本体の入手だけではない。毎度おなじみ、ケース・フィルムの品薄だ。

 発売から1~2週間ほどたった頃、何度か都内の家電量販店を回ってみたものの、iPhone 7のケースやフィルム陳列棚はガラガラ。もしくは在庫がまだある商品を多めに並べている状況。ネットショップも売り切ればかり。これではビビっとくる“本命”ケースを探すのは無理だし、かといって裸で使うとキズが付く。

 しかし今はケースの製品数も多くなり供給も安定。選択肢が爆発的に増えたので、いよいよ本命を探す時期なのだ!

 そこで今回は、プリンストンが発売したばかりのiPhone 7用新ケースを試してみたい。スウェーデンのモバイルケースブランドであるWALK ON WATERの製品で、6シリーズを展開。いずれもiPhone 7/7 Plus両方を用意していて、Stockholm、NEW YORK、OSLO、LONDON、MILANO、CHICAGOと、世界各国の都市の名前を冠している。ちなみにOSLO(オスロ)はノルウェーの首都。

 なにぶん製品数が多いので、概要と使用感という順で一気に紹介したいと思う。本命ケース選びの参考になれば幸いだ。

Stockholm FOLIOCASE
 手帳タイプのケース。フロントカバーに受話口と重なるように穴が開いていて、閉じたまま通話可能。マグネット内蔵で、勝手に開く心配もない。カラーはホワイトとブラックの2色。直販価格はiPhone 7/7 Plus用共に3218円。

201611iPhonecase_ph01_Resize
Stockholm FOLIOCASE(iPhone 7用)
201611iPhonecase_ph01_Resize
Stockholm FOLIOCASE(iPhone 7 Plus用)

 またケース内側には、カード類を1枚収納できるカード収納ポケットもある。nanaco、Suica、PASMOといったICカードを入れておくのに重宝するだろう。

201611iPhonecase_ph01_Resize
201611iPhonecase_ph01_Resize
ケースを開いた状態。左がホワイト、右がブラックで、フレーム部分のカラーも統一してある。スピーカー穴もバッチリ空いている

 手にとって見ると、表面には無数のライン状の模様があるおかげで滑り止めになり、グリップ感は良好。本製品はiPhone 7の画面に干渉しないフレーム設計となっていて、見栄えの良さはもちろん、親指操作時にジャマにならないのがいい。

201611iPhonecase_ph01_Resize
フレームが本体上下部分にしかないので、操作しやすい

 受話口の穴が設けられているため、閉じたまま通話できるのもポイント。手帳タイプのケースでは、電話がかかってきたら受話ボタンを押し、両手で持ちながらケースをぐるッと360度開くといった動作が手間になる場合もあるが、その心配がない。

 カード収納については、まず思いつくのがSuica。iPhone 7ではFeliCaに対応したことで、SuicaをiPhone端末内に登録できるようになったとはいえ、まだ不便な部分が多い。

 具体的には現金チャージが非接触型端末を設置してあるコンビニ等に限られたり、在来線から新幹線への乗り換え時にも物理的なカードがないと手間がかかるケースがある。そもそもPASMOには非対応なので、こうした利用シーンが多い場合はありがたい。電車にあまり乗らない場合は、会社のフロアに入るためのICカードキー収納などに使うとよいだろう。

NEW YORK FOLIOCASE
 こちらもフロントカバーにマグネットを搭載した手帳タイプのケース。受話口に穴が空いているので閉じたまま通話が可能な点、内部にカード収納ポケットがある点はStockholm FOLIOCASEと同様だ。特徴は、ケース本体をスタンドとして使えること。本体カラーはブラック、ゴールド、シルバーの3色。直販価格はiPhone 7/7 Plus用共に3974円。

201611iPhonecase_ph01_Resize
201611iPhonecase_ph02_Resize
NEW YORK FOLIOCASE(iPhone 7用)
201611iPhonecase_ph01_Resize
201611iPhonecase_ph01_Resize
NEW YORK FOLIOCASE(iPhone 7 Plus用)

 Stockholm FOLIOCASEと比べると、iPhoneのフレーム部分を囲うTPUフレーム、厚みのあるケースで耐衝撃性が高い印象を受ける。厚みが増すのでグリップ感も増すので、ここ最近の薄いiPhoneが持ちにくいと感じている人や、手の大きな人にはうってつけ。

 前述の通り、本製品の一番の特徴はスタンドとして使えることで、ちょっとした鉄道旅のお供、宿泊先、またはベッドでのごろ寝時に動画を視聴するのに便利だ。画面の角度はおおよそ90度~45度くらいに調整できる。

201611iPhonecase_ph01_Resize
スタンド利用時の様子。なお、シルバーカラーについては、どちらかというとブロンズに近い印象

OSLO COVER
 ポリカーボネートとTPU素材のハイブリッド構造で、弾力性と耐久性を両立したiPhoneケース。周囲のバンパー部分が液晶面よりもせりあがっていて、画面を下に置いたときのキズを防ぐ構造になっている。直販価格は直販価格はiPhone 7/7 Plus用共に2030円。

201611iPhonecase_ph01_Resize
OSLO COVER(iPhone 7用)
201611iPhonecase_ph01_Resize
OSLO COVER(iPhone 7 Plus用)

 いわゆるクリアケースだが、特徴的なのは2つの素材を使ったハイブリッド構造。透明度の高いポリカーボネートがiPhone背面部分、周囲のバンパー部分にTPU素材を使用している。TPU素材は、感触としては硬質なゴムに近く、他製品に比べると電源ボタンや音量調節ボタンを押したときのクリック感は薄くなるが、柔らかくてクッション性が高く、滑りにくい。

 またバンパー部の四隅には、楕円形状に細かく空間が設けられ、落下時のショックを本体に伝えにくくする構造になっている。

201611iPhonecase_ph01_Resize
バンパー四隅にショック吸収用の加工

 iPhone本来の色を楽しみたいけど、万が一のために耐衝撃性能も欲しい。そんな要望を満たしてくれる製品だろう。

LONDON 360 COVER
 名前の通り、iPhoneを360度フルプロテクションするiPhoneケース。ケース自体は背面カバーと前面カバーに分かれており、iPhoneを挟む込む構造。さらに9H高度のガラスフィルムも付属するという至れり尽くせりの仕様。カラーはブラック、ホワイト、シルバー、ローズゴールドの4色。直販価格はiPhone 7/7 Plus用共に2462円。

201611iPhonecase_ph01_Resize
LONDON 360 COVER(iPhone 7用)
201611iPhonecase_ph01_Resize
LONDON 360 COVER(iPhone 7 Plus用)
201611iPhonecase_ph01_Resize
3つのパーツで構成されている

 今回使ってみたブラックカラーについては、マットな質感で指紋が目立ちにくい。iPhone全体をピッタリと覆うため、「iPhoneをケースに入れている」というよりは「別端末」というイメージに近くなる。カメラやセンサー部分のホール加工もズレがなく、ケースも薄いので一体感は良好。

 アップルのロゴや、電源ボタン部分など本体の一部は露出する構造なので、iPhoneとケースのカラーを揃えたり、iPhoneはゴールドでケースはブラックといったように2種類の色を組み合わせる楽しさもある。iPhoneのデザインを変えて、気分も変えたいという場合にもオススメ。

MILANO COLOR COVER
 構造的にはスタンダードなiPhoneケース。カラーが豊富で、ブラック、ホワイト、グレイ、レッド<3350>、ピンク、ネイビーブルー、ベビーブルーの7色をラインアップ。OSLO COVERと同様、液晶面よりもバンパー部がせり上がった構造で画面を守る。内面はマイクロファイバー生地なので、ケース装着中の細かいキズにも配慮している。直販価格はiPhone 7/7 Plus用共に2462円。

201611iPhonecase_ph01_Resize
MILANO COLOR COVER (iPhone 7用)
201611iPhonecase_ph01_Resize
MILANO COLOR COVER(iPhone 7 Plus用)

 ウレタンで作られているため、優しい手触り。一般的なiPhoneケースにはない感触なので新鮮に感じる。iPhone 7用で約13gと軽く、ふんわりとした手触りも併せてiPhoneが軽く感じるほど。指紋がかなり付きにくいのもグッド。エッジ部分などの加工に多少荒さは見られるが、ハンドメイドっぽさとポップなデザインは、創作雑貨のような素朴さもあるので、スタイリッシュ・無機質なiPhoneのイメージを変えたい、ファッションのイメージに合わせたいといった人にも。

CHICAGO COVER
 ポリカーボネートとTPU素材を採用したiPhoneケース。表面は、指紋が付きにくい抗指紋加工になっている。側面ボタンはクロムメッキで、全体的にスタイリッシュなデザイン。カラーはブラックのみで、直販価格はiPhone 7/7 Plus用共に2462円。

201611iPhonecase_ph01_Resize
CHICAGO COVER(iPhone 7用)
201611iPhonecase_ph01_Resize
CHICAGO COVER(iPhone 7 Plus用)

 表面は四角いタイルを敷き詰めたような構造になっていて、スポーツカーのシフトノブやサイドブレーキ、ダッシュボードといった内装の質感に近いものがある。ボタンの周囲は柔らかい素材なので押しやすく、クリック感も良好だ。

 一般的なiPhoneケースより厚みがあり、耐久性もバッチリ。NEW YORK FOLIOCASE同様、薄いiPhoneが持ちにくく感じている人には、しっかり持てるだけの厚みがでるのでオススメ。

 指紋についてはやはり目立ちにくいが、それ以上にズボンやハンカチでさっと1回ぬぐうだけでほぼ分からなくなる点がグッド。個人的にはモータースポーツやアウトドア系グッズとデザイン的にマッチするので、そういった趣向の人はいちど手にとってほしい製品だ。

 以上、バラエティに富んだ6製品が新発売のiPhone 7向けケース。ファッションや趣味のジャンル、ビジネスシーン、端末の利用シーンに合わせて選べる品揃えとなっているので、あたらなiPhoneケースを探す際はぜひチェックを。

アスキー
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 12月01日(木)11時00分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】