大洗のふるさと納税返礼品は、なんと聖地巡礼チケット

アスキー 12月01日(木)23時00分配信
ガルパンうぉーく

 ガールズ&パンツァーうぉーく!の先行体験会が11月30日、茨城県の大洗町で開催された。iOS/Android端末向けのスマホアプリ『舞台めぐり』の新機能。“街なかオリエンテーリング”をコンセプトにした。正式サービス開始は今週末12月3日で、2017年12月まで利用できる。

大洗のふるさと納税返礼品は、なんと聖地巡礼チケット

 舞台めぐりはアニメ作品とコラボした“聖地巡礼”アプリだ。作品にゆかりのある場所をアプリ上で知ることができ、アニメと同じ構図でキャラなどを映しこんだ記念撮影が可能になっている。

 ガールズ&パンツァーうぉーく!は、現状ではふるさと納税の返礼品という位置づけだ。そのため大洗町がふるさと納税のラインアップとして9月15日に追加した“行ける!ふるさと納税”のパッケージに含まれる“体験チケット”が必要だ。

ガルパンうぉーく
ガルパンうぉーく
ガルパンうぉーく
ガールズ&パンツァーうぉーく!のトップ画面。あんこうチームの5人のうち1名を選び、一緒に大洗の街をめぐる設定だ。

 メインストーリーでは、大洗女子学園に入ったばかりの転校生(プレーヤー)が、あんこうチームに所属する5人のキャラクターのうち1名を選び、指定されたルートを一緒に歩いていく設定。「ボコの手がかりを追う」のがミッションとなる。町内に置かれたQRコードのマーカーをスキャンしたり、指定の場所でカメラを使った記念撮影をしながら、オリジナルのストーリーが進んでいく。

 ルートは選択したキャラクターによって異なり、5種類が用意されている。1ルートの想定所要時間は3時間ほど。難易度はルートごとに異なり、最も簡単なのは西住みほ。最も難しいのが冷泉麻子だという。

ガルパンうぉーく
大洗の街全体に、ガルパンのキャラクターの等身大ポップが設置されている。

 アプリにはあんこうチームの5人に加え、大学選抜チームの4人、そして生徒会長の合計10人が登場する。オリジナル声優による、フルボイス付きとなっている。現時点ではふるさと納税に協力した人限定のサービスとなるが、体験チケットは年明け以降、Google Playストア/App Storeでも販売する計画とのこと。

ガルパンうぉーく
GPSに加えて、ARの要素も含まれている

 5ルートすべてをコンプリートしたユーザーのうち、先着3000名に向けた“認定証”も発行する。

ガルパンうぉーく
舞台めぐりの開発元・ソニー<6758>企業の安彦さんが持っているのが認定証だ。
ガルパンうぉーく
5人のキャラごとにコースが用意されている。ちなみに麻子は大洗に10回は来てないと分からないのでは?というほど難易度が高いらしい。
ガルパンうぉーく
限定3000枚配布予定の認定証は、ボコの部分が箔押しになっていたりと豪華だ。せっかくだから何度も訪れてすべてのコンプを目指したいところ。

 なおサブストーリーとして“島田愛里寿のはじめての大洗”というコンテンツもある。こちらは町の様々な場所に用意されたQRコードを読むことで、その場所に合ったボイスを聴くことができるというもの。ボイスを再生するたびにトロフィーがたまっていく仕組みで、チケットがない人でも利用可能。すでにサービスが始まっている。現在は5ヵ所のみ利用できるが、近日中にスポットを24ヶ所に増やす計画だという。

ガルパンうぉーく
サブストーリー的な位置づけとなる、島田愛里寿のはじめての大洗。
ガルパンうぉーく
写真のように街中に設置されたQRコードを撮影し、トロフィーを獲得していく。

©GIRLS und PANZER Film Projekt

ただグッズを配るだけのふるさと納税ではダメ

 体験会に先立ち実施された記者会見には、大洗まちづくり推進課の小川課長、OARAIクリエイティブマネジメント株式会社の常盤社長、ソニー<6758>企業 事業開発室コンテンツツーリズム課の安彦氏などが登壇した。

 小川課長の話では、“大好きです大洗寄付金”について、9月に返礼品を26種類から230種類へと拡充したほか、ふるさとチョイスからの申し込みではクレジット決済などにも対応し、2億円の寄付を集めているという。

ガルパンうぉーく
大洗まちづくり推進課の小川課長
ガルパンうぉーく
OARAIクリエイティブマネジメント株式会社の常盤社長

 一方でふるさと納税については「返礼品目的で単にショッピングしているだけではないか」という批判もある。この点は認識しているとする一方で、大洗町においては「単にものを買うだけではなく、納税を通じて第2のふるさととして大洗を訪れてもらうこと」を重視していきたいとした。ガールズ&パンツァー関連のふるさと納税パックには、グッズだけでなく、実際に町に来て楽しめる「ガールズ&パンツァーうぉーく!」のチケットに加え、宿泊施設とコラボした大洗町の入浴・お食事券チケットも含まれている。故郷を訪れるという体験型の施策になっている点が特徴だ。

ガルパンうぉーく
舞台めぐりは、2013年のリリース。当初はガールズ&パンツァーの聖地巡礼アプリとして登場し、作品の聖地となった大洗とともに育ってきた。

ガールズ&パンツァーうぉーく!を体験してみた

 発表会に集まった記者向けにデモ機も用意されており、一足先にガルパンうぉーくを体験できた。駆け足ではあったが、西住隊長のルートをコンプしてきたので、魅力をちょっとだけ紹介しよう。

ガルパンうぉーく
ガルパンうぉーく
初回ということでキャラクターは西住みほを選択し、歩いてみることにした。ゲームを始めるとスタート地点に移動するよう指示。目的地は、大洗駅もしくはマリンタワーです!!
ガルパンうぉーく
というわけで現地に到達……。
ガルパンうぉーく
スポットに到着すると、あれっ? 会長から電話がかかってきた……ぞ。
ガルパンうぉーく
地図上にストーリーのカギとなる場所の情報が表示されている。移動してみよう。
ガルパンうぉーく
ストーリーに沿って、指定されたキャラの等身大ポップを探す。QRコードを読み込むとフレンド、ゲット。
ガルパンうぉーく
フレンドに会っていくとストーリーが進む。得た情報を手掛かりに、おなじみのアウトレットへ移動。
ガルパンうぉーく
さらにボコを探すために風景を激写……していくうちにミッションが完了した。エリアを決め、フレンドを探して情報を集め、最終的に隠されたボコを撮影するというのが1セットの流れのようだ。

©GIRLS und PANZER Film Projekt

様々な聖地を巡りながら、ストーリーを進める

 ミッションを進めていくと、自然と街の様々な場所へと移動することになる。大洗の街をめぐっていくと、アニメのファンにはおなじみの光景に続々と出会っていけるのが新鮮だ。

ガルパンうぉーく
ガルパン以外のアニメにも登場してしまったスポット
ガルパンうぉーく
ARを使って決まった場所で撮影すると、ボコ発見

 ゲーム内のマップは大きく4つのエリアに分かれていた。ストーリーをコンプするとまた別のエリアに移動するといった感じで話が進んでいく。商店街やアウトレットといったテレビシリーズでもおなじみの場所だけでなく、劇場版の舞台となった大洗ホテルや大洗磯前神社の付近まで、範囲は比較的広い。徒歩では少し距離が離れていると感じる面もあったので、必要に応じてレンタサイクルを利用するといいだろう。

ガルパンうぉーく
ストーリーが進むうちに海辺に行ったり……。
ガルパンうぉーく
鳥居を拝んだり……。
ガルパンうぉーく
神社を参拝したりといったことも。
ガルパンうぉーく
巨大なガルパンの絵馬も胸アツだ!!
ガルパンうぉーく
ガルパンうぉーく
カチューシャとノンナのポップが置かれている、酒のサカゲンさんの店舗。ポップを置いたことで、ファンの人が様々なプレゼントを置いていくのだそうです。こういうのを目の当たりするとワクワクしてきますね。;
ガルパンうぉーく
テレビシリーズで聖グロリアーナ女学院の戦車が飛び込んでしまった旅館・肴屋本店さんも、もちろんルートに含まれています。
ガルパンうぉーく
そして気付けば夕暮れに……。
ガルパンうぉーく
最後は出発地点のマリンタワーに帰着!! ストーリーをコンプリートしました!!

 思い起こせば、聖地巡礼アプリの舞台めぐりを最初に体験したのは2013年の夏。暑い盛りに、GPSの消費電力と闘いながら大洗の街を巡った記憶がよみがえってくる。

 当時から街には等身大のポップが設置されていたが、改めてあるくとその数が増えている。今では74体の等身大ポップにQRコードを置いているという。そしてその周辺に、店舗に訪れたファンが残したプレゼントやメッセージがあふれているのも目の当たりにした。そんな様子を見ると、この作品が本当に長い期間、たくさんのファンの応援を集めてきたのだと実感する。店先のポップやポスターは、日の光にあてられて色褪せていて、時間の経過が感じられるが、3年たった今でもファンの熱気は決して色あせていない。

 これは大洗の街や人の魅力があるのだろう。大洗の商店街で買い物をした際にもらえる缶バッジは商工会の手作り。常盤さんの話によると、この缶バッジを配るという取り組みは東日本大震災の復興から始まり、ガルパンの公式ライセンスを受けて発展してきたもので、これまで300種類が作られ、数は100万個以上にのぼるという。

 実際にめぐることで、第二の故郷として大洗を楽しんでもらいたい。そんな提供側の想いを実感するサービスだった。

©GIRLS und PANZER Film Projekt

アスキー
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 12月01日(木)23時00分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】