7.1ch サラウンド対応のBluetoothヘッドセットがSteelSeriesから発売

アスキー 2016年12月02日(金)23時44分配信

 7.1ch サラウンド機能を搭載しBluetooth接続に対応したワイヤレスゲーミングヘッドセット「Siberia 840」がSteelSeriesから発売された。

7.1ch サラウンド対応のBluetoothヘッドセット「Siberia 840」が発売
7.1ch サラウンド機能を搭載しBluetooth接続に対応したワイヤレスゲーミングヘッドセット「Siberia 840」

 「Siberia 840」は、電波の干渉や音の遅延を防ぐため、連続的に無線の周波数を切り替えるフリケンシー・ホッピングテクノロジーを採用するワイヤレスゲーミングヘッドセット。Dolby Headphone、Dolby Digital、Dolby Pro Logic IIx と言った3種類のドルビーテクノロジーに対応し、クリアで没入感のあるバーチャル7.1ch サラウンドサウンドを実現する。

7.1ch サラウンド対応のBluetoothヘッドセット「Siberia 840」が発売
7.1ch サラウンド対応のBluetoothヘッドセット「Siberia 840」が発売
電波の干渉や音の遅延を防ぐため、連続的に無線の周波数を切り替えるフリケンシー・ホッピングテクノロジーを採用する

 また、有機ELディスプレー搭載のトランスミッターを同梱。音源や無線の状況、システムの設定やバッテリー残量などをモニターできる。加えてイヤーカップに搭載されたホイールコントローラーによって、音量などの設定をワイヤレスで変更可能だ。そのほか、約20時間動作する交換式のリチウムイオンバッテリーが2つ内蔵され、電池切れを気にせずに使用できる。

7.1ch サラウンド対応のBluetoothヘッドセット「Siberia 840」が発売
7.1ch サラウンド対応のBluetoothヘッドセット「Siberia 840」が発売
音源や無線の状況、システムの設定やバッテリー残量などをモニターできるトランスミッターが付属する

 主なスペックは、40mmネオジムドライバー採用し、再生周波数帯域は20~20000Hz。マイクは再生周波数帯域100~10000Hz、マイク感度-44dB、インピーダンス2200Ω。トランスミッターはワイヤレス範囲12m、アナログ入力、アナログ出力、ミニ USB、オプティカル入力、オプティカル出力を実装する。

 価格は3万5769円。パソコンショップアークやツクモパソコン本店、ツクモDOS/Vパソコン館、TSUKUMOmeX.で販売中だ。

アスキー
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2016年12月02日(金)23時44分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】