パイオニアがウィスキー樽材使用のハイレゾスピーカーを発表

アスキー 12月05日(月)13時00分配信
パイオニア

 オンキヨー<6628>パイオニア<6773> マーケティングジャパンは5日、ハイレゾ音源対応の2Wayスピーカー「S-PM50」(税抜希望小売価格 18万6000円)と「S-PM30」(同9万5000円)を発表した。12月下旬発売予定。

パイオニア
「S-PM50」(左)と「S-PM30」(右)
パイオニア
90年代に“仮想同軸”として実用化された「バーチカルツイン」方式

 パイオニアブランドの製品で、ツィーターを中央に置き、上下対称にウーファーを配置する「バーチカルツイン」方式を採用。この方式を採用するスピーカーは約20年ぶりとなる。

 高音のエネルギーが中央に溶け込むことで、同軸型スピーカと同等の音像定位と豊かな音場を表現できるという。

 また、キャビネットには使い終わったウィスキー樽材を使用。通常の木材と比較して約4倍の剛性があり、振動に強く余計な響きを抑えられるため、素直な音が再生できる。こちらも10年ぶりの採用となった。

パイオニア
ツィーターのスピーカーユニット
パイオニア
独自開発のチャンバーもウィスキー樽材だ

 中央のツィーターの振動板素材には、軽くて強い「セルロースナノファイバー」を採用することで、クリアな音を実現。ツィーター背面にチャンバーを置くことで、ウーファーからの影響を低減している。

パイオニア
こちらはウーファーユニット
パイオニア
内部回路も新規開発。高域用と低域用で基板を独立させている

 ウーファーには「アラミド繊維」を採用した振動板を用いることで、正確な低域再生を実現している。

 そして、ツィーター、ウーファーともにフレームにはアルミダイキャストを使用し、不要な振動を抑えている。

パイオニア
S-PM50の「ウェイブガイド」

 上位機種のS-PM50では、「ウェイブガイド」と呼ばれるパーツを搭載。ボイスコイルの位置を若干奥に配置することで、時間軸の特性についても調整されている。

パイオニア
パイオニア
スピーカー背面。S-PM50はバイワイヤリング接続に対応する

 S-PM50は130mmのウーファーと50mmのツィーターユニットを採用。40Hz~40kHzの再生に対応する。また、バイワイヤリング接続(高域用と低域用でケーブルを分ける接続方法)も可能だ。

 S-PM30は100mmのウーファーと50mmのツィーターユニットとなっており、50Hz~40kHzの再生が行なえる。

アスキー
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 12月05日(月)13時00分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】