RADEON RX470でも結構快適!? VRゲームの快適度をガチ検証

アスキー 2016年12月05日(月)11時00分配信

 HTC ViveやOculus RiftといったVRヘッドマウントディスプレー(HMD)はハードウェア、特にグラフィックボードへの要求スペックが高いため導入に躊躇しがちだ。だがコストパフォーマンスの優秀なPolaris世代の最新RADEON RX400シリーズならどうだろう? という疑問を解消するために、前回はVRベンチマーク「SteamVR Performance Test」、「VRMark」を利用して性能評価を行なった。結果としては一番下のRX460を除けば、RX470でもRX480でもVRHMDの要求する描画性能は出せる、といったものだった。

 だがベンチと実際のゲームのパフォーマンスが乖離しているというのはよくある話。そこで今回はHTC Viveの環境を準備し、筆者の気になったVRコンテンツをいくつか試してみた。テストに使ったRADEONは全てASUS製、テスト環境も前回と全く同じものを使用している。前置きはこれくらいにして、早速Viveでの検証結果を報告しよう。

RX470以上なら安定の「Google Earth VR」

 まずは先日リリースされて話題を呼んだ「Google Earth VR」から試してみた。文字通り実際の地球の上を自由に見回すことができるアプリだ。

RadeonVRTest2
Google Earth VRは宙を移動しながら、地球の自然や都市の景観を楽しめるHTC Vive対応のVRアプリ。無償で体験可能

 Vive上で動くVRアプリのパフォーマンスをチェックするには、デスクトップに表示されるビューのフレームレートを直接Fraps等で計測する方法と、Viveが独自に集計する「フレームタイム(1フレームの描画に必要な時間で、短いほどよい)を見る方法があるが、Google Earthは後者しか使えない(一応デスクトップ上にビューも出るのだが、フレームレートはかなり落ちる)。それではRX460から480まで順番に見ていただこう。テストは東京タワー付近で左右を見回した時のものだ。比較的細かいビルが多いため、描画不可は程々に高いといったところだろう。

RadeonVRTest2
RX460で「Google Earth VR」をプレイした際のフレームタイム
RadeonVRTest2
RX470で「Google Earth VR」をプレイした際のフレームタイム
RadeonVRTest2
RX480で「Google Earth VR」をプレイした際のフレームタイム

 このフレームタイムの見方を解説しておくと、GPUとの相性の善し悪しを見るには上下に2つあるグラフのうちの下側を見る。横が時間軸(フレーム)で、縦軸がそのフレームを描画するのに費やした時間となる。当然高性能なGPUほど、グラフの棒(紫~オリーブグリーンまでの長さ)は短くなり、アイドル時間(一番薄緑の部分)が長くなる。Viveで要求される90fpsを出すためには、GPUのフレームタイムが少なくとも11ms(ミリ秒)未満でなくてはならない。Viveでは10.5msに近づくとグラフ上に警告の赤いラインが出現する。

 それを踏まえて上のグラフを見ると、まず前回のVRMark等でVR不適格とされたRX460のグラフには赤い警告ラインが出まくっている点に注目。処理に14ms以上かかるフレームが頻発するため、フレームレートは上がらないどころか、首を振ると映像がブレたように見えるため非常に酔いを覚える。動作しないことはないが、快適に楽しめないのだ。

 だがRX470や480ではおおよそ4ms台に収まっている。RX470だと時々処理が苦しくなるのかフレームタイムが増えることがあるが、それでも6ms程度で済んでいる。こういった状況だとVive上のフレームレートは90fpsでほぼ安定し、快適なVR体験が堪能できる。

重めのVRタイトル「theBlu」ではRX480に注目の結果が

RadeonVRTest2
theBluは見た目に美しい海底を楽しめる無償VRアプリ

© 2011-2016 Wevr, Inc. All rights reserved.

 続いては海底散歩をモチーフにした“環境VR”的側面の強い「theBlu」を試してみた。リアルな魚群の描写を行なうためにCPUやGPUにかなりの負荷をかけるタイトルだ。テストは「Reef Migration」をスタートし、フレームレートが安定してからクラゲの大群が出てくるまでの間「Fraps」でフレームレートを計測。さらにクラゲの大群が目の前にいる状態でのフレームタイムも比較してみる。

RadeonVRTest2
「theBlu」のフレームレート(長いほど高性能)

 RX460/470/480の中で明らかな違和感があるのはここでもRX460。フレームレートが他のGPUの半分程度しか出ず、頭を動かすと像がカクつくように見えてしまう。

 一方RX470と480は平均フレームレートはほぼ90fps出ているが、RX470だと最低フレームレートが大きく落ち込んでいる。この違いが起こる理由を見るには、やはりフレームタイムの推移を見るのが一番だ。

RadeonVRTest2
RX460で「theBlu」をプレイした時のフレームタイム
RadeonVRTest2
RX470で「theBlu」をプレイした時のフレームタイム
RadeonVRTest2
RX480で「theBlu」をプレイした時のフレームタイム

 まず、RX460はGPUのフレームタイムがほぼ紫一色、つまり1フレームあたり14ms以上かけないと描画が終わらないことを示している。これに対しRX480は長くて10ms程度、おおむね9ms程度で処理を終えている。9msをフレームレートに直すと約111.11fps。Viveの液晶のリフレッシュレートを上回るフレームレートが出るからVRに好適なのだ。

 これに対しRX470は大半が10ms程度で終了するが、時折11ms~14msまでかかるフレームが出現する。こうした時間のかかる部分にさしかかると、フレームレートが一気に45fps当たりまで下がるのだ。RX 470はVRは可能だが、描画負荷の高いシーンだとこういう結果になる、という点はおさえておきたい。

 ちなみにRX480を初めてレビュー(参考記事)した際は、RX480では“やや微妙”と判定したが、今回は好適と判断している。その理由はRX480登場時と現在のフレームタイムの違いを見て頂けると一目瞭然だ。

RadeonVRTest2
RX480初登場時にtheBluでVR性能を測定した際のフレームタイム(長いほど高性能)
RadeonVRTest2
現在のtheBlu&RX 480のフレームタイム(再掲)

 以上のようにフレームタイムは一気に下がるどころか、CPUグラフ側に出ていた赤い部分も消えている。theBluの改善もあるが、Radeon側もドライバのチューニングが進み、しっかり性能が出せるようになってきた、ということを意味する。これは非常におもしろい例といえる。

ゲーム系のVRタイトルでも同傾向

 Google Earth VRとtheBluはゲームというよりは実用的とか環境的な立ち位置のアプリ。もっとゲーム的なVRタイトルではどうか? ということで先日Steamアーリーアクセスが開始された「Serious Sam VR: The Last Hope」も試してみた。プレイできる最初のステージ(マップは“地球”)でのフレームレートとフレームタイムを比較する。画質設定は全てデフォルトのままだ。

RadeonVRTest2
Serious Sam VR: The Last Hopeはさまざまな武器を使って、四方八方から襲いくる敵を迎え撃つFPS

©Serious Sam VR: The Last Hope

RadeonVRTest2
「Serious Sam VR」のフレームレート(長いほど高性能)
 theBluほどでないにせよ、Serious Sam VRも傾向としては同じ。ただ同じシーンでもRX470の最低フレームレートの落ち込みが緩くなっているので、負荷は相応に下がっていると推測される。
RadeonVRTest2
RX460で「Serious Sam VR」をプレイした時のフレームタイム
RadeonVRTest2
RX470で「Serious Sam VR」をプレイした時のフレームタイム
RadeonVRTest2
RX480で「Serious Sam VR」をプレイした時のフレームタイム

 フレームタイムを見てもRX470でおおよそ9ms程度。この程度なら十分遊べる性能といっていいだろう。ただ今回テストに用いたのは序盤のステージだったため、先に進んで敵の大群が押し寄せてくるとRX480でも非常に重くなるシーンが見られた。Serious Samではお馴染みの、地平線から敵の大群が押し寄せるようなシーン(下図)では、45fpsまで一気に落ちる。フレームタイムを観測すると、GPUはもちろんのことCPUの処理時間も跳ね上がっている。Serious Sam VRがまだアーリーアクセスの段階であるため、これから最適化が進めば(theBluのように)改善する可能性も大いにあり得る。あくまで「現状では」という点を覚えておいてほしい。

RadeonVRTest2
「ッアァアァァアアー!」の雄叫びをあげながら地平線の彼方から爆弾男が多量に押し寄せる。Serious Samではお馴染みのシーンだが、RX480でも45fps(左上の数値)まで下がった
RadeonVRTest2
重い時はRX480でもこんな感じのフレームタイムになる。CPUのフレームタイムも一気に増えているので、単純に敵が多すぎて処理落ちしているような感じだ

大興奮のスペースコンバットシム「EVE: Valkyrie」もRX470以上でOK<3808>

 最後に先日Vive対応版がリリースされた「EVE: Valkyrie」も試してみた。Oculus Riftのローンチと同時にリリースされたゲームでもあるので、熟成度もそれなりに高まっているので、RX400シリーズとVRの相性を見るには良いタイトルだろう。

RadeonVRTest2
EVE: Valkyrieは宇宙戦闘機のパイロットとなり、宇宙戦闘を体験できるシューティングゲーム

© CCP 1997-2016

 テストにはシングルプレー用のサバイバルモードを使用。マップは「NECROPOLIS」を使用した。こちらもフレームレートとフレームタイムをそれぞれご覧頂こう。

RadeonVRTest2
「EVE: Valkyrie」のフレームレート(長いほど高性能)
RadeonVRTest2
RX460で「EVE: Valkyrie」をプレーした時のフレームタイム
RadeonVRTest2
RX470で「EVE: Valkyrie」をプレーした時のフレームタイム
RadeonVRTest2
RX480で「EVE: Valkyrie」をプレーした時のフレームタイム

 こちらはSerious Sam VRよりさらにRX470にも優しい描画負荷となっていることがわかる。RX460はここでもフレームレート(タイム)的にVRに向かないことが示されてしまった。

まとめ:RX470でも結構イケるが、安心感を求めるならRX480

 以上のように手持ちのVRタイトルとRadeon RX400シリーズの相性をざっくりとみてきたが、VRを楽しむならRX470以上あればよいが、RX480があればより安心。VRHMD導入をコストが理由で躊躇していた人も、RX470や480を使えば、よりコスパの良いVRシステムをつくり上げることができるはずだ。

 ただ快適か、そうでないかの境目はゲームやドライバー側の最適化度の問題も大きいため、今重いVRタイトルでも数ヶ月後には快適に遊べるようになっている可能性がある。DoomにおけるVulkanのように(リンク)、Polaris世代のRadeonは後からジワ伸びする印象がある。成長を楽しめるという意味でもRX400シリーズは非常におもしろいプロダクトといえるだろう。

アスキー
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2016年12月05日(月)11時00分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】