2016年冬に買いたいミドルレンジのSIMフリースマホをレビュー

アスキー 12月06日(火)12時00分配信

低価格で高性能なミドルクラス端末を選ぶ

 3~5万円あたりの価格帯のミドルレンジスマホは、アプリが快適に動作するうえに手ごろな価格ということで人気が高い。それだけに、各端末メーカーの激戦区となっている。2016年冬モデルは多くのスマホが指紋認証センサーを搭載。さらに、各社とも独自の機能を取り入れてきている。

 特集の第2回では、前半で2016年冬にオススメのミドルレンジSIMフリースマホを紹介。後半では、モバイルSuicaなどおサイフケータイに対応したSIMフリースマホも紹介する。

DSDSやUSB Type-Cにも対応した高性能ミドルレンジ端末
ASUS「ZenFone 3(ZE520KL)

●実売価格4万3000円前後

201612sp
ASUS「ZenFone 3(ZE520KL)」

 ASUSの最新スマホ「ZenFone 3」シリーズのスタンダードモデル。「ZenFone 2」シリーズからデザインを一新し、表と背面にガラスパネル、側面にはメタルフレームという流行のスタイルを採用した。

 CPUにはミドルクラスとしては高速なSnapdragon 625(2GHz、オクタコア)を搭載。フルHD解像度の5.2型液晶と1600万画素カメラ、指紋認証センサーに加えて、充電端子には両面挿しのUSB Type-Cを採用する。

 注目はDSDS(デュアルSIM・デュアルスタンバイ)機能だ。ドコモやソフトバンク<9984>網のSIMに加えて、KDDI<9433>(au)網の「au VoLTE」対応SIMも利用できる。通信網の異なる2つの電話番号やデータ通信を併用できるのに加えて、利用できる格安スマホの事業者が多いのが魅力だ。

201612sp
背面には1600万画素カメラと指紋認証センサーを搭載。SIMスロットはmicroSIMと、nanoSIM兼microSDカードスロットになっている
201612sp
ドコモやソフトバンク<9984>網のSIMに加えて、KDDI<9433>網を利用するVoLTE対応SIMに対応。UQ mobileやmineoのVoLTE対応SIMなら、高音質なVoLTE通話も利用できる

スリム&指紋認証に対応、ビジネスにも似合う高コスパスマホ
ファーウェイ・ジャパン「HUAWEI P9 lite

直販価格2万7864円

00
00
ファーウェイ・ジャパン「HUAWEI P9 lite」

 実売3万円前後と低価格ながら5.2型フルHD解像度液晶と、ミドルクラスとしては高速なオクタコアCPU、Kirin 650(2.0GHz×4+1.7GHz×4)、指紋認証センサーを搭載した高コストパフォーマンス端末。質感の良いメタルフレームや落ち着いたデザインもあり、2016年6月の発売から人気が続くスマホだ。この冬には割引販売が増えていることも魅力になっている。

201612sp
厚さ7.5mmとスリムな形状のメタルフレームを採用。背面の質感も工夫されている。指紋認証センサーも搭載しており、ビジネスユーザーも利用しやすい

 派生モデルとして、2016年冬にUQ mobile向けの「P9 lite PREMIUM」が登場した。通常モデルとの違いは、CPUがクアルコム製Snapdragon 617(1.5GHz×4+1.2GHz×4)なのと、WiMAX 2+のキャリアアグリゲーションによる220Mbpsの通信速度に対応した点など。基本的には、UQ mobileが利用するKDDI<9433>網に対応したモデルと考えて良い。

 Antutu Benchmarkを実行したところ、若干ながら「HUAWEI P9 lite」の方が高いスコアだった。とはいえ、利用中に違いを感じるほどの差はない。一般的な格安スマホの事業者で使うならHUAWEI P9 lite、UQ mobileで使うならHUAWEI P9 lite PREMIUMを選ぶといいだろう。

201612sp
「HUAWEI P9 lite」(画像左)と「HUAWEI P9 lite PREMIUM」(画像右)でベンチを実行。通常のP9 liteの方が速いものの、そこまで大きな差はない

話題のVRも高音質な音楽再生も楽しめる個性派スマホ
Alcatel「IDOL 4

●実売価格3万4000円前後

201612sp
Alactel「IDOL 4」

 外箱を兼ねたVRゴーグルが付属し、端末を購入後すぐにVR映像やゲームなどを楽しめる個性派スマホ。5.2型フルHD解像度液晶を採用し、CPUはSnapdragon 617(1.5GHz×4+1.2GHz×4)と、スペック的にはミドルレンジクラスでは平均的。

201612sp
樹脂製のVRゴーグルが付属。独自のVRストアがプリインストールされており、買ってすぐにVR動画やVRゲームを楽しめる

 注目は、JBLが開発協力した3.6Wの内蔵ステレオスピーカーだ。スピーカーは厚さ7.1mmとスリムな本体の端にちょこんと搭載されている。だが、実際に曲や動画を再生してみると、端末のサイズからは想像つかないほど立体的かつ迫力のある音を再生できた。

201612sp
本体左右のフレーム部分がステレオスピーカーだ。実際に鳴らすと、軽量スリムな本体からは想像できないほど立体的かつクリアな音を楽しめる

 ステレオスピーカーを搭載したスマホはいくつかあるが、IDOL 4のスピーカーはその中でも一歩抜きん出ている。デスク上にスマホを置いて、動画や音楽を流しっぱなしにする用途なら他のスマホの追随を許さない。スマホでVRや動画、音楽を楽しみたい人にはイチオシ。SIMフリーモデルのほか、au系列のUQ mobileがSIMとセットで取り扱う。

有機ELとハイレゾDAC採用、品質にこだわった多機能スマホ
ZTE「AXON 7 mini

●実売価格4万3000円前後

201612sp
ZTE「AXON 7 mini」

 5.2型フルHD解像度の有機ELディスプレーに、ハイレゾ再生にも対応した旭化成<3407>エレクトロニクス(AKM)製のオーディオチップ「AK4962」やステレオスピーカーを搭載。新世代のサラウンド技術である「Dolby Atmos」にも対応と、映像も音も高品質で楽しめるスマホだ。

201612sp
ミドルレンジながらも、発色や視野角の広さに優れたフルHD解像度の有機ELディスプレーを搭載。フロントスピーカーで動画や音楽も楽しめる

 DSDS(デュアルSIM・デュアルスタンバイ)にも対応し、2枚のSIMを同時利用できる。指紋認証センサーやQuick Charge 2.0急速充電対応のUSB Type-Cも搭載する。

201612sp
背面には1600万画素カメラと指紋認証センサーを搭載

 CPUはSnapdragon 617(1.5GHz×4コア+1.2GHz×4コア)とミドルレンジ帯では平均的なスペックだが、4万円前半という価格に対してかなり多機能なモデルとなっている。

モバイルSuicaやおサイフケータイ対応のSIMフリースマホを選ぶ

 格安スマホに乗り換えても、利用中の端末の「モバイルSuica」やおサイフケータイを使いたいというユーザーにオススメなのが、シャープ<6753>富士通<6702>など国内メーカー製のSIMフリースマホだ。性能的にはミドルレンジの端末が中心だが、操作性はドコモなど大手通信事業者向けモデルとほぼ同じで、初心者でも扱いやすい。国内モデルではおなじみの防水仕様やVoLTEの高音質通話にも対応している。

201612sp
画像左から富士通<6702>の「arrows M03」、シャープ<6753>の「AQUOS SH-M04」「AQUOS mini SH-M03」はいずれもモバイルSuicaに対応。アップルの「iPhone 7」シリーズも新たに対応した。

 アップルの「iPhone 7」と「iPhone 7 Plus」は、Apple Payの機能としてSuicaの機能を利用できる。このほか、クレジットカードを登録することでiDまたはQUICPayによるICでの店頭決済も可能。SIMフリー版の価格は7万8624円から。価格的にはハイエンドだが、Suica対応かつ高性能なスマホが欲しいユーザーは要注目だ。

201612sp
富士通<6702>シャープ<6753>製のSIMフリースマホはおサイフケータイに対応。モバイルSuicaのほか、nanacoやWAON、航空会社のカードなどさまざまなサービスに対応する
201612sp
iPhone 7とiPhone 7 PlusはSuicaのほか、登録したクレジットカードのiDまたはQUICPay経由での決済に利用できる

おサイフと防水に対応した高性能コンパクトスマホ
シャープ<6753>AQUOS mini SH-M03

●実売価格4万8400円前後

00
シャープ<6753>「AQUOS mini SH-M03」

 片手でも操作しやすい幅66mmのコンパクトボディーに、4.7型フルHD解像度のIGZO液晶と高性能CPUのSnapdragon 808(1.8GHz×2+1.4GHz×4)を搭載。2016年夏モデルではハイエンドとミドルクラスの中間あたりの処理性能を持つ。

201612sp
片手で操作しやすいコンパクトボディに、高性能なSnapdragon 808や1310万画素カメラなどを搭載。ワンセグも楽しめる

 光学手ぶれ補正搭載の1310万画素カメラのほか、おサイフケータイやワンセグ、防水防塵(IPX5/8、IP6X)に対応。VoLTEの高音質通話も利用できる。日本向けスマホらしい機能を使える小型高性能モデルとしてイチオシのスマホだ。

 端末は格安スマホ事業者での取り扱いが中心で、「goo Simseller」での販売のほかは楽天<4755>モバイルやBIGLOBE、LINE<3938>モバイルの契約とセットで購入できる。セット販売では割引セールが実施されることもあるので、購入を考えているユーザーは各社の金額を見比べると良いだろう。

おサイフ、ワンセグに加えて耐衝撃性能も備える
富士通<6702>arrows M03

●実売価格3万4000円前後

201612sp
富士通<6702>「arrows M03」

 5型HD解像度液晶とミドルレンジのCPU、Snapdragon 410(1.2GHz×4)を搭載。ドコモ網やソフトバンク<9984>網などのLTE+W-CDMA対応SIMに加えて、UQ mobileやmineoなどが扱うKDDI<9433>網のVoLTE対応SIMも利用できる。

 防水防塵(IPX5,8/IP6X)に加えて、豪雨や雪山などの環境でも動作することが求められる、米国国防総省が定めたMIL規格のテストもクリア。ワンセグに対応しており、内蔵のロッドアンテナを伸ばすだけで快適に視聴できる。

201612sp
ワンセグ用のロッドアンテナを内蔵。ヘッドフォン端子にアンテナを接続しなくてもテレビ視聴を楽しめる

 2016年夏の発売から半年近く経っており、格安スマホのSIMとのセット販売で割引を実施していることも多い。購入時は価格をしっかりチェックしよう。

防水とおサイフケータイ対応のお手ごろSIMフリー機
シャープ<6753>AQUOS SH-M04

●販売価格3万9700円前後

201612sp
シャープ<6753>「AQUOS SH-M04」

 5型のHD解像度IGZO液晶に、エントリー寄りのCPU、Snapdragon 430(1.4GHz×4+1.1GHz×4)を搭載。IGZO液晶の発色が良く、動画鑑賞も快適に楽しめた。

 おサイフケータイと防水防塵(IPX5,8/IP6X)、VoLTE通話に対応。低価格で国内向け仕様のSIMフリースマホが欲しいユーザーのほか、もちろんおサイフケータイ狙いのユーザーにもオススメだ。

201612sp
防水防塵仕様でmicroUSB端子はキャップレス構造のため、充電時にいちいちカバーを取り外す必要はない

 派生モデルとして、UQ mobile向けの「AQUOS L」も登場。こちらは通常のSH-M04では利用できないKDDI<9433>網のVoLTE対応SIMが利用できるのが特徴だ。

20161024aquos
20161024aquos
UQ mobileの派生モデル「AQUOS L」
アスキー
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 12月06日(火)12時00分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】