かなりかわいい「Qrio Smart Tag」人気のヒミツ

アスキー 12月11日(日)18時00分配信
t

 落とし物をすぐに見つけたい。とても大事なことです。しかしながら、「すぐにでも見つけたい大切なもの」に、見た目がパッとしないものを付けるのは気乗りがしないはず。

 アスキーストアで、とても人気だそうです。「Qrio Smart Tag」。一言で言えば、落とし物を発見するためのタグ。

 スマホとBluetoothで通信することで、専用アプリからタグのブザーを鳴らしたり、地図上から場所を確認したりして、なくしたものをすぐに見つけられるタグです。

 タグとスマホとの間の通信が途切れると、アプリにプッシュ通知が届き、置き忘れも防げます。タグ側のボタンを押せば、スマホが鳴ってありかを知らせてくれます。

 鍵、雨傘、バッグ、スーツケースなどに付けておけば、どこかに紛失したときにスマホから見つけられるという仕組み。

t
使い方、その1。アプリでタグを見つけられる
t
使い方、その2。タグのボタンを押すことでスマホを鳴らせる

 しかしながらこの手のトラッキングタグは、ほかにも人気製品があります。Qrio Smart Tagならではの魅力はどこにあるのか?

 最大の特長はやはりデザインでしょう。ソニー<6758>のデザインチームが手がけたシンプルかつポップな外見は、手に取りたくなる、バッグに付けたくなる。カラバリもベビーピンク、ライトブルー、ライムイエロー、ネイビー、ブラックの全5色があるので、お使いのバッグやキーホルダーなどにあわせた色使いにできるのがうれしい。

t
この手のIoTなタグは、地味なグレーや黒系が多いという印象があったかも。5色のカラバリは、自分のファッションに合わせたチョイスを可能にします
t
シンプル、ポップなデザインがかわいい。ストラップ(リボン)は交換可能です

 3980円という価格も魅力(予約受付中。2017年1月下旬にお届け予定)。「ちょっと試してみたいな、でもあんまり高いとさすがに躊躇しちゃうなあ」という人でも気軽に手を出せるはずです。

 なにしろキュートですから、家族や恋人とシェアする感覚で、プレゼントにもいいのではないでしょうか。しかもこれ、家族や友人同士で落としたものを探せるようになっています。

 どういうことか。スマホと繋がっている間は、スマホのGPS機能を利用して位置情報を記録しています。スマートフォンが他人のタグを検出したときも自動的にクラウドに位置情報を残す機能があり、有効範囲を広げられます。この情報をシェアして、家族や友人のアプリから探してもらうことができます。

 そういったわけで、

「これプレゼントするよ」
「ありがとう」
「僕も色違いのものを付けるから、お互いに探せるね」「そうだね」
「無くさないように君にも付けないとね」
「はあ?」

 みたいな小粋な会話も楽しめるかもしれません。それはともかく、複数台買って、家族や友人で付け合うのはかなりいい使い方でしょう。

 さらに「紛失モード」に切り替えれば、Qrio Smart Tagユーザーの力を借りて、より広範囲に探すこともできます。他のユーザーのアプリがタグを検知したら、自動的にクラウドに位置情報を送信して、持ち主だけにわかるように、現在位置を知らせてくれます。

t
サイズ感はこのような具合です

 ちなみに、タグ本体のボタンに割り当てられる機能は、今後拡充されていく予定とのこと。現在でも、押したときにスマホのカメラのシャッターとして使える機能をアプリに標準で搭載しています。

 ボタン電池(CR2032)で最長6ヵ月使用可能。本体サイズはおよそ幅26×長さ46×厚さ8.5mm、重さ10g(電池含む)となっています。

 大切なモノとスマートフォンを結ぶタグだからこそ、お気に入りのファッションアイテムになじむデザインがいい。そう考えるなら、Qrio Smart Tagはピッタリでしょう。


大切なモノがすぐにみつかるスマートタグ Qrio Smart Tag(キュリオスマートタグ)

アスキー
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 12月11日(日)18時00分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】