今年、みんながGoogleで調べたのはどんな言葉?

アスキー 2016年12月15日(木)22時15分配信
goo

 グーグルが、2016年の検索ランキングを発表しました。

 ランキングは今年になって検索が大幅に増えた=今年のトレンドとも言える「急上昇ランキング」や、ニュース検索の多かった「話題のニュース」のほか、ドラマや映画など、いくつかのカテゴリー別に発表されています。まずは話題になった言葉が多数ラインアップされている「急上昇ランキング」をチェックしてみましょう。

 1位は「ポケモン go」だったようです。ポケモンGOは「もっとも速く1億ダウンロードに達したアプリ」や「収益2億円までの期間が最も短いアプリ」などをはじめとして、いくつものギネス記録に登録されただけあって、話題性が強かったようです。最近は落ち着いたようですが、一時期は街を歩くとスマートフォンを凝視して、特徴的な動きでプレーしている人が多く見られましたね。

 秋頃から急激に話題を集めた「ピコ太郎」は8位という結果に。年の後半に流行ったので、ランキング形式で見ると不利になるのかも。アスキー的には「iphone7」が10位に入っているのも見逃せません。このうちどれくらいの方がASCII.jpを訪れてくれたでしょうか……。

ポケモンGOすごい!

 続いては話題のニュースランキング。

 1位は「ポケモン go」と、急上昇ランキングと同一の結果に! もはや、今年はポケモン GOの年だったと言っても過言ではないでしょう。そのほか、報道番組や新聞、雑誌で幾度となく耳にしたトピックが並びます。

 注目したいのは4位の「君の名は。」と5位の「シンゴジラ」ですね。最近では君の名は。の勢いがものすごいので、ニュースなどでもよく耳にしますが、シンゴジラも今年公開でした。1年に2本もの映画がメガヒットを記録して、かつそれに興味を持った人が多いという結果は、日本人として誇るべきではないでしょうか。

 さて、皆さんの検索した言葉はどれくらいランクインしていたでしょう? 「検索サイト」はもはや生活になくてはならない存在ですが、なかでもGoogleは利用者数や知名度でトップクラスなので、今年を振り返るにはいいきっかけになります。いまから来年のランキングも楽しみです。

 ちなみに、グローバル版のランキングはというと、

 1位はやはり「Pokémon Go」です! ポケモンすごすぎる。世界中がポケモンの年だったようです。15億ドル以上ものキャリーオーバーが発生した宝くじ「Powerball」や、オンラインゲームの「Slither.io」、話題となった映画「Deadpool」「Suicide Squad」など、心なしかエンターテインメント性の強いワードが多めにランクインしている気がします。

goo
特設サイト上では、紹介した以外のランキングも閲覧できるほか、今年を振り返れるムービーも公開

 特設サイト上では、紹介した以外のランキングも閲覧できるほか、今年を振り返れるムービーも公開しています。合わせてチェックしてみてください。

アスキー
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2016年12月15日(木)22時15分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】