冬休み入る前にVR買うなら「VIVE」がベストな理由

アスキー 2016年12月15日(木)12時00分配信
aaa
VIVEは今最も入手しやすいVRハードウェアのひとつだ

 今話題のVRを本格的に楽しみたいと思ったら、PC用か「PlayStation VR」になる。しかし、PlayStaiton VRは出荷を絞っているため、未だ入手は困難だ。

 次にPC用のVRヘッドマウントディスプレーだが、代表格のひとつ「Oculus Rift」は購入ページが日本語対応になったりと、大分購入しやすくなったが、それでも販売元がひとつなうえ(Amazonでの輸入品などはあるが)、配送は輸入となるためやや遅れる。

 そのため、差し迫った年末年始にガッツリVRを楽しめる、すぐにでもつくりたい!と思ったらHTCの「VIVE」がオススメ。VIVEはVIVEオフィシャルストア(http://www.vive.com/jp/product/)にて、10万7784円にて購入可能。支払いはクレジットカード払いのほか、銀行振り込みが利用できる。

VRに反映できるプレイエリアが広い

 VIVEのポテンシャルを最大限引き出すには、プレイヤーの動きをVR上に反映できる「ルームスケール」を体験するのがいい。VIVEではベースステーションと呼ばれる2つのデバイス間でトラキングすることで、体験者が移動するとVR空間でも移動できるといったプレイが可能となる。

 Oculus Riftでも今年の10月にセンサーを増やすことでルームスケールをサポートすることを発表した。3つのセンサーを使う場合は、正方形を描いた際に対角線が10.5フィート(およそ3.2メートル)となるように置き、8.2メートル(およそ2.5メートル)のプレイエリアでプレイ可能。

 一方、VIVEは2つのベースステーションを5メートル離して置き、最大でおよそ3.5メートルのプレイエリアを確保できる。そのため、Oculus Riftよりも少し広い範囲で、動き回れるのだ。

aaa
aaa
ベースステーションは三脚などを使い、高さおよそ2メートル以上とプレイヤーを見渡せる範囲に設置するのがベスト。プレイ範囲はSteamVR上で設定する

 VR空間を動き回るといった感覚は、実際に体験してみないと分からないなぁ〜という人はドスパラ、ユニットコム系列、TSUKUMOの一部店舗で体験が行なえる。デモの予約は専用のWeb予約ページから、対象店舗を確認して行なえる。

 また、2016年12月15日(木)から2017年1月3日(火)体験ブース終了時間までの期間内に、専用Web予約ページからデモの予約を行ない、予約した日時に体験を行なった人を対象に、抽選で150名に総額30万円分のWebMoney(1000ポイント)がもらえる「VIVEを体験してWebMoneyポイントを手に入れよう!」キャンペーンが行なわれる。VIVEで使えるVRアプリやゲームの購入にも使えるので、この機会にぜひVIVEを体験して、VIVEの購入を検討しよう。

aaa
aaa
VIVEで見るVR映像はスマホを使った簡易的なモノよりも、高精細で圧倒される。見てみないとその凄さはわからないので、一度試してみることをオススメしたい
aaa
VIVEは秋葉原のドスパラにあるVRパラダイスのほか、全国の一部店舗にて体験可能。その場で推奨PCの購入も行なえるので、気になる人は体験しに行ってみては?

(提供:HTC)

アスキー
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2016年12月15日(木)12時00分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】