「VIVE」の両手を使ったVR体験の凄さとは?

アスキー 2016年12月16日(金)11時00分配信
main
両手のVRコントローラーを使えば、VR上で両手で銃を構えて撃ったり、剣で戦ったりと身体を使うなど、思うがままに動いて遊べ、童心に返って夢中になるおもしろさがある

 VRコンテンツは360度の映像を視聴するほか、「Xbox One」のコントローラーで、一般的なゲーム感覚で遊べるものといろいろあるが、両手を使ったVRコントローラー対応のゲーム体験は、またひと味違う。

 たとえば、VRゲームのプレイ中、足元に落ちているモノを拾うのに、腰を落として手を伸ばす、こういった何気ない動作ひとつひとつが「自分でモノを拾っている」といった、自身での体験がゲームパットよりも色濃く、とても刺激的。そこでオススメしたいのがHTCの「VIVE」だ。

 VIVEのコントローラーはメニューボタン、システムボタン、グリップボタンといった3つのボタンに加え、トラックパッドとトリガーを備えます。トラックパッドはやや広めで、VRヘッドマウントディスプレーを被りながらも、正確に位置を把握し、スワイプ操作がしやすい利点がある。

htc
htc
VR空間に絵を描いたりするアプリなどでは、タッチパッドをスワイプすることで、パレットから複数の色を選択したり、機能を呼び出したりができる

 動作するPCの推奨スペックは高いが、その分高解像度映像が楽しめるのもVIVEのいいところ。スマホを使ったVRは、解像度がスマホに依存し、安価なVRヘッドセットだとあまりいいレンズではないことも。そうした際は、当然酔いもあり、快適にVRが楽しめない。

 一方、VIVEは両眼2160×1200ドットの有機ELを採用と、1920×1080ドットの「PlayStation VR」よりも高解像度。視野角は110度、90Hzと高いリフレッシュレートを有し、現状家庭でプレイできるVRの中では最高峰の映像美が楽しめる。

htc
エフェクトの美しいファンタジー<4343>世界のVR映像などは、高解像度で見ることで、高い没入感を得られ、非現実感が一層増すのでオススメだ

 両手を使った今までにない体験、高精細なVR映像を楽しめる以外に、VIVEをオススメする理由は、なんといっても購入のしやすさにある。HTCは世界的にシェアの高いスマートフォンのメーカーとして知られるが、そのスマホで培ったパーツを取り寄せるノウハウなどにより、現在多くの企業、個人向けの販売が行なわれている。

 出荷の遅れも少なく、ドスパラ、ユニットコム系列、TSUKUMOの一部店舗で直接購入できるなど、ハイスペックなVRヘッドマウントディスプレーの中では入手のしやすさいはピカイチだ。

 VIVEはドスパラ、ユニットコム系列、TSUKUMOの一部店舗で体験も行なえる。2016年12月15日(木)から2017年1月3日(火)体験ブース終了時間までの期間内に、専用のWeb予約ページからデモの予約を行ない、予約した日時に体験を行なった人を対象に、抽選で150名に総額30万円分のWebMoney(1000ポイント)がもらえる「VIVEを体験してWebMoneyポイントを手に入れよう!」キャンペーンが行なわれる。VIVEで使えるVRアプリやゲームの購入にも使えるので、この機会にぜひVIVEを体験して、VIVEの購入を検討しよう。

 VIVEはオンラインでもVIVEオフィシャルストア(http://www.vive.com/jp/product/)などにて購入可能。今から購入手続きすれば、差し迫った冬休みにも間に合うので、気になる人はまずはオフィシャルストアをチェックしてみてはどうだろう。

(提供:HTC)

アスキー
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2016年12月16日(金)11時00分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】