ポタフェス2016に行けなかった人へ! 注目展示を一挙紹介します!

アスキー 12月20日(火)16時30分配信
head
左から「ROXANNE」「JH13 V2 PRO」「JH16 V2 PRO」

 12月17日と18日にベルサール秋葉原で「ポタフェス 2016」が開催された。会場で見つけた未発表製品の参考展示や、発表されたばかりのモデルを中心に、ピックアップしていこう。

JH AUDIO新顔3モデル

head
JH13 V2 PRO

 ミックスウェーブのブースでは、同社が国内の代理店を務める「JH Audio」のカスタム新モデル「PERFORMANCE SERIES」の「ROXANNE」「JH16 V2 PRO」「JH13 V2 PRO」の3機種を展示。

 これらのモデルは展示に先駆けて、12月上旬に発表されていたが、国内で一般公開されるのははじめての機会となった。ROXANNEが12ドライバー、JH16 V2 PROが10ドライバー、JH13 V2 PROが8ドライバーという仕様。

 JH13 V2 PROとJH16 V2 PROについては、「『V2』とバージョンアップのような型番になっているが、搭載ドライバーも異なっており、ほとんど別物」という。来場者からは装着感について「ユニバーサルモデルでも、カスタムIEMのように耳に馴染む」との感想がきかれた。

finalの注目モデル

head

 finalブランドを展開するS'NEXTのブースでは、finalの新たなフラッグシップイヤフォンとなる「FI-BA-SST」を展示。

 3.5mmの3極プラグを搭載する「FI-BA-SST35」と、2.5mmの4極プラグを搭載するバランス接続モデル「FI-BA-SST25」がラインアップされ、それぞれ13万円前後で販売される予定。こちらはじっくりと試聴させてもらえたが、小さな筐体に似合わず、音場的な広がりのある音が特徴と感じた。チューニングはハイがよく抜ける少々独特なサウンド。ステンレスの削り出しによる質感も高く、一定の支持を集めるのではないだろうか。

クラリオン<6796>の特殊なヘッドフォン

head

 変わり種のクラリオンブース。カーナビや車載ステレオのイメージが強い同社のヘッドフォンはフルデジタルサウンドヘッドホンと銘打たれた「ZH700FF」。USBなどを介して音源をフルデジタル出力できるというモデルで、原音に近いというサウンドが魅力の本機。

head
head

 もうひとつの特徴は「フローティング・フラットドライバー」と呼ばれる特殊なドライバー。通常、ドライバーは何らかの方法でハウジングに固定されていることが一般的だが、本機の場合は、ハウジングとドライバーをつなぐのは細長いシート状のケーブルであり、宙に浮いた状態(正確には一点でつながっている)で固定されている。この構造によってレスポンスが高く、ソースの忠実な再現が可能とのことだ。

head

 ドライバーとイヤパッドは前に向かって傾斜した設計になっており、これによって、より自然な定位感を実現しているという。試聴させてもらったところ、イヤーパッドのクッション性と密度が高く、耳に圧着されるようなつけ心地が特徴。音も相当変わっているのかと身構えてしまったが、そんなことはなく、モニター的な分解能力があり、かつ聴き心地のいいクセのないサウンド。イヤーパッドのおかげか、密閉型特有の圧を強く感じる。

head

TAGO STUDIOのモニターヘッドフォン

 群馬県高崎市のレコーディングスタジオ TAGO STUDIOの出展も人だかりが絶えなかった。

 展示内容は同じく高崎のODMメーカーTOKUMIとTAGO STUDIOが協力して開発した「T3-01」というヘッドフォン。TAGO STUDIOでのモニター用途に実際に使われている製品で、このほど予約販売がはじまったモデルだ。桐の削り出しによるハウジングと、剛性感のあるアームやヘッドバンドが目を引く。

head

 音質はやはりモニター的であり、「低域を強調した音に慣れているな」とあらためて気づかされる。またモニターヘッドフォンというと、ソースやメーカーによってときに高域の刺さりが気になることもあるが、試聴した限りではそのようなこともなく、音の粒はとらえやすく、かつききやすい音だった。TAGO STUDIOのウェブページでは予約販売を受け付けているので、気になる方はチェックしてみよう。

FOSTEXの近日発売製品

head
head

 フォステクスブースでは、近日の発売を予定しているイヤフォン「TE04」が展示された。「TE05」と一部共通の仕様を持ち、筐体を樹脂製にすることで価格を抑えたモデル。

 リケーブルに対応するほか、音質も決してチープでなく、フォステクスのヘッドフォンにも通ずる印象のある堅実な音。来年初頭の発売を予定しており、実売価格はおよそ8000円ほどを見込んでいるという。

1MOREは約2万のハイレゾヘッドフォン

head

 優れた音質と良心的な価格で急速に支持を集めている1MOREの出展。目玉は同社初のハイレゾ対応ヘッドフォンだ。

 型番は「H1707」で、来年初頭の発売を予定している。金属素材を積極的に取り入れた重厚感のあるボディーが特徴。

head

 デザインはかなり特徴的で、ハウジングの一部に透明な樹脂を用いることで、ドライバーが外側から透けて見える仕様になっている。

head

 インピーダンスは32Ωと、ポータブル仕様を前提とした作り。再生可能周波数帯域は20〜40kHz。サウンドは低域〜高域まで、突出したり引っ込んでいたりするポイントがないバランスのいい音で、クセも少ない。実売価格は2万円前後で調整しているとのことだったが、この価格帯では定番モデルのひとつになるのではないか。

head
head

 「E1001」の新カラーとなるシルバーと、Bluetoothイヤフォンの新モデル「iBFree」も展示された。

アトミックフロイドの新モデル

head

 アトミックフロイドのブースでは、既に販売されている製品の試聴コーナーに加えて、発売予定の製品「SuperDarts」のチタン<4098>筐体モデル「SuperDarts Titanium」が試聴できた。

head

 SuperDartsはアトミックフロイドの中でもフラッグシップとなるモデルだが、チタン<4098>を仕様することでハウジングの剛性を高め、より濁りの少ない素直な音になっている点が特徴という。

 通常モデルの実売価格は4万5000円ほどだが、そこから5000円〜1万円ほど高い価格での販売になる見込み。

head

ケンネルトンのフラッグシップ

 数ある展示の中でもひと際目立っていたのが、Fischer Audioの高級ライン「KENNERTON(ケンネルトン)」のフラッグシップヘッドフォンだ。

head
head

 木材、シープスキン、複数の金属などを使用した筐体は、重く、手にずっしりとくる。「革の縫製も手縫いで、ほぼすべたがハンドメイド」らしく、じっくり見ると縫い目に多少のズレがあったりもするのだが、大量生産の工業製品というよりも、一点もののハンドクラフト製品のような趣がある。面白いのはアームの長さ調整の部分で、ネジを緩めて、長さを調整し、またネジを締めるというかなり原始的な造り。

 筆者が見た限りアームやバンドの部分は鉄に見えたが、正確な素材はわからなかった。音質については、どことなく同日展示のあったパイオニア<6773>のフラッグシップと通ずるような濃密さがあり、「最高級ヘッドフォンだとこうなるのか?」という発見があった。なお納品時も、この日に展示されていたベロアの内張がほどこされた木箱で届けられるということで、美術品的な要素もあるヘッドフォンと言えるだろう。比較対象がないので写真ではわかりにくいが、実物はかなり大きなサイズだ。実売価格は30万円ほどになる見込み。

低域量を調整できるイヤフォン

head

 香港のLEAR(リア)というブランドのイヤフォン。振動板のコーティング素材違いで2モデルのラインアップ。カスタムIEMを中心に作っているメーカーのユニバーサルモデルという位置付けとなる。

head

 このイヤフォンはマイナスドライバーで抵抗値を変更し、低域の出力量を調整できるという変わった仕様。左右それぞれに調整用のネジを設けているのだが、かなり大胆に出力音が変わるため、日によって異なった音質で楽しみたい、低域の量をジャンルによって変えたい、といったニーズにも応えてくれそう。詳細の発表を待ちたい。

head

 2ピンのイヤフォンをBluetoothにするケーブル「BTC-01」も展示されていた。フル充電でおよそ3時間の連続再生ができるとのこと。

aptX HDを体験!

head

 クアルコムは技術展示というかたちで「aptX HD」を出展。デモ用にaptX HDのスイッチが組み込まれたスマートフォンのインターフェースも公開された。

head

 Bluetooth伝送向けの高音質化技術「aptX」の進化版ともいえる存在で、従来の48kHz/16bitから48kHz/24bitでの伝送に対応している点が特徴。

head

 試聴したところ、予想以上に再現能力の向上が見られた。具体的には、音そのものが変わるというよりは、余韻や響きの消え入り方などの細やかな再現能力が向上する。屋外でのリスニングなら、無線でもほぼ不満のないレベルに到達する日も近そうだ。

Meze

head

 個人的に気になったルーマニアの「Meze」というブランドの新型ヘッドフォン「Meze 99 Neo」。「Meze 99 Classic」という、木材をハウジングに採用したモデルが以前発売されていたが、それを樹脂に変更したモデルとなる。この日は社長兼デザイナーのMeze氏がいたので改良点について尋ねてみると「音質的には、Classicにかなり近い」ということだった。

 また、まだ国内での代理店が決まっていないので、これから探さなければいけない、という事情も明かしてくれた。価格帯的には最上位モデルでも4万円に届かないブランドなのだが、音作りは非常に繊細で、細やかな音が聴き取りやすく、誇張のすくない音。中高域にほどよいハリがあり、ボーカルや金物の質感の表現にも秀でているため、たとえばAKGファンにも好印象なのではないか。質感やデザインも非常に美しいブランドなので、国内でも普及してほしいと思った。

head

OPPOの参考出展に人だかり

 OPPOのD/Aコンバーター兼ネットワークプレーヤー「Sonica DAC」の動体展示機はこの日が初披露。

 最新のESS DACを使用しており、デジタル入力時で、最大768kHz/32bit PCM、25MHz DSD(DSD512)の再生に対応するほか、USBメモリーからの再生や、AirPlay、Bluetoothなどに対応する。

 担当者によれば、出力回路の設計に特徴があり、フルバランスを実現しているほか、電源部に直流の安定化電源を採用するなど、濁りを抑えた仕様が特徴。実売価格は9万5000円前後で、年内にも発売する予定という。おそらく近日中に詳報があるので、楽しみに待とう。

head
head

 エミライブースでは、ほかにもOPPOの人気ヘッドフォンアンプ「HA-2」の革の張替えサービスや、専用レザーケースの試作品などが紹介されていた。

head
head
アスキー
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 12月20日(火)16時30分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】