Flashってよく脆弱性が発見されるけど大丈夫なの?

アスキー 2016年12月21日(水)09時00分配信
win10_205
Edgeが利用するFlash Playerの脆弱性も時々報告されている。画面は2016年10月27日に公開されたトレンドマイクロ<4704> セキュリティブログによる、10月に発見されたゼロデイ脆弱性についての情報

調査依頼
Flashってよく脆弱性が発見されるけど大丈夫なの?

 Flashはウェブブラウザーでリッチなコンテンツを表示するために利用されてきたが、古い技術のため色々と脆弱性が発見されることが多かった。そこで、次世代のHTML5という技術への移行が進んでいる。Flashを開発するAdobeも、今ではHTML5を推奨するようになっている。

 とは言え、今でもFlashを使っているサイトは多い。そして、今でもFlashの脆弱性が見つかり続けており、悪意のあるプログラムに狙われる危険性がある。

win10_205
Edgeでは、基本的にFlashを禁止し、許可する場合はその都度操作を求めるようになる

 夏に実施されたWindows 10の「Anniversary Update」では、Flashコンテンツは一時停止状態で表示され、クリックすることで再生する仕組みが導入された。次のアップデートでは、HTML5をデフォルトにして、Flashはブロックされるのが基本になる。どうしても再生したい場合は、ツールバーから「Allow once」や「Always allow」を選んで明示的に実行する必要がある。これで、意図せずFlashの脆弱性を突かれるようなことはなくなりそうだ。



 Windows 10探偵団は毎週、月・水の午前9:00、日曜日の12:00に更新します。お楽しみに!


アスキー
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2016年12月21日(水)09時00分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】