10万円の4Kテレビや3万円のハイレゾオーディオ! 2016年お買い得AV機器はこれで決まり!

アスキー 12月21日(水)12時00分配信
お買い物特集

 2016年のお買い得製品を紹介していく本特集。今回はオーディオ&ビジュアルの分野で発売されたお買い得なモデルを紹介していく。

 この1年を軽く振り返りつつ、単純に安価で優れた製品だけではなく、多少は高価でも価格以上の価値のある製品を厳選して紹介していこう。

 オーディオでは、ヘッドフォン/イヤフォンを中心としたポータブルオーディオの人気の高さはもはや安定したものとなり、製品も多彩なジャンルから発売された。ハイレゾ音源による高音質な音楽再生もかなり一般的なものとなった印象だ。

10万円前後で買える4Kテレビに注目!
シャープ<6753>「LC-40U40」

 まずはビジュアル方面。夏に登場した4K BDこと「UHD BD」をはじめ、動画配信サービスでも4KコンテンツやHDRコンテンツが登場してきており、4Kテレビの魅力を存分に味わえるコンテンツが増えてきている。

 最新の4Kコンテンツでの大きな魅力が「HDR」。ハイ・ダイナミック・レンジの略で、今までに比べると最大で100倍もの高輝度を再現できる技術だ。

 このHDRには、2015年あたりから4Kテレビも対応が進んできており、現行モデルでは一部の最普及価格帯のモデルを除いて、ほとんどがHDR対応となっている。

 UHD BDやHDRについては、別の特集でも紹介しているが、人間の目で感じられる強い光の再現は、今までのテレビにはなかったリアリティーにあふれた映像表現が可能になった。この映像は誰が見てもひとめで違いがわかるもの。4Kの高精細をフルに活かした映像と言っていい。

 というわけで、4Kテレビもいよいよ買い時と言いたいところだが、HDR対応の4Kテレビにも安価なモデルから画質を究めた最上位モデルまで価格差はかなりある。そこで今回は、お買い得企画ということもあって、HDR対応の4Kテレビとしては安価なモデルを選び、その実力を確かめてみた。

お買い物特集
40V型サイズの「LC-40U40」

 それがシャープ<6753>の「LC-40U40」(実売価格 12万5000円前後)。最安価格だと10万円前後で買えるモデルだが、HDRにもしっかりと対応している。

 高画質エンジンとして「AQUOS 4K-Master Engine PRO II」を採用し、高画質化を追求。地デジ放送などのHD映像も「新・高画質4Kアップコンバート」により高精細で見やすい映像を再現する。

 また、内蔵スピーカーはオーディオメーカーのオンキヨー<6628>との共同開発によるバスレフ型スピーカーボックスを採用し、より迫力のある音を楽しめる。

 このように、ハイエンドモデルのような独特な技術を採用しているわけではないが、基本的な実力や機能面においてはしっかりとした実力を持っている。

お買い物特集
背面の接続端子。下向き配置の端子部には、LAN端子、HDMI端子、光デジタル音声入力、アンテナ端子などがある
お買い物特集
側面の接続端子は、USB端子×2、HDMI端子×3、音声入力などがある。B-CASカードもこちら側
お買い物特集
付属のリモコンはオーソドックスなデザイン。12キーでダイレクトチャンネル選局ができるほか、基本的な操作は十字キーで行なう
お買い物特集
ホームメニューの画面。選択した入力画面を中心に、左右にさまざまな機能が配置される。下段には番組検索や裏番組などの便利な機能が用意されている
お買い物特集
裏番組の確認や入力切り替えでは、画面を2画面表示として、選択したいチャンネルや入力ソースが選びやすくなっている。Miracastも利用可能

UHD BDを再生! やっぱりHDR映像は一味違う!!

お買い物特集
入力した信号<6741>を確認。接続した機器は「Xbox One」と認識。映像信号も2160p/24Hz、HDRとなっている

 さっそく、実売価格 3万7000円前後で買える「Xbox One S」を使ってUHD BDを再生してみる。画面表示で確認してみると、4K入力(2160p)でHDR信号<6741>も認識していることがわかる。

お買い物特集
画質を選べるAVポジションのメニュー。映画などのほか、ゲームやPC、フォトといったモードも用意されている
お買い物特集
画質調整のメニュー。明るさやコントラストなどの基本的な調整が可能だ
お買い物特集
HDR映像入力時に選べる「HDRガンマ設定」。これを調整することでHDRの高輝度表示を好みに合わせて微調整できる
お買い物特集
音声の調整では、サラウンドのオン/オフとサラウンド再生時の音声モードも選べる

 画面モードは「映画」ポジションで見てみたが、明るく鮮やかな映像で精細感の高さも十分。一般的な明るさの室内で見るならば、コントラスト感も不足はない。

 地球を1/3くらい覆うような巨大な円盤が見物の「インディペンデンスデイ:リサージェンス」を見てみたが、宇宙空間の星の瞬きや、ビーム光線の輝きなどHDRらしさはしっかりと出ていて、思った以上に満足度の高い映像が楽しめて驚いた。

 巨大な円盤の脚部が大気の摩擦で燃え上がりながら地球に降りてくる場面は迫力たっぷり。大地震のように地面が割れ、津波が巻き起こる映像も、今まで映画の大災害のシーンとはリアルさや臨場感がケタ違いだ。

 興味深かったのは、HDR映像の画質を微調整できる「HDRガンマ設定」。マイナス方向とすると暗部の再現性を高め、プラス方向とすると高輝度のパワー感が増す。

 これを調整することで、HDRの高輝度の感じがかなり変化する。今回は明るい環境だったので、プラス方向としてみたが、ビーム光線や爆発の光のパワーが一段と強烈になり、かなり見応えのある映像になった。

 逆に、暗い部屋で見るには暗部の階調が再現しにくくなるので、マイナス方向に調整すると良さそうだ。

 こうした調整機能も有効に使えるし、映像自体も十分に凄みのあるものが楽しめた。もちろん、暗室のような環境でじっくりと視聴をするならば、ハイエンド級のモデルの方が優れた映像表現をするのは間違いないが、多くの人が楽しむような普通の明るさの環境では、10万円ほどのLC-40U40でもそれほど大きな差は感じなかった。

 強いて言えば、画面サイズはリビングで使うにはちょっと小さいと思うが、物足りなさを感じたのはその程度だ。

もう少し予算があるならもっと大きな画面で!

 自分自身はSDR変換した(非HDR)映像でもUHD BDの良さは十分味わえると言っていたが、やはりHDR映像とは明らかな差があることを感じてしまった。

 これだけの迫力ある映像が楽しめるならば10万円ほどの価格は安い。テレビの買い換えを検討している人なら、このモデルはぜひとも検討してほしい。

 もっと大きい画面がいいという人には、同シリーズの50V型や55V型がいい。もちろん、価格は高くなるが十分にお買い得だ。

 また、もう少し予算があるならば、東芝<6502>の「43Z700X」(実売価格 18万円前後)もおススメ。HDR対応はもちろんのこと、地デジ6chを全録できるタイムシフトマシンに対応(外付けHDDの増設が必要)、映像エンジンも「4KレグザエンジンHDR PRO」搭載で、前面直下LEDバックライトの採用で高輝度と高コントラストを実現している。

 実力の高さは十分以上で、画質にこだわる人でも納得の内容だ。最上位モデルの高画質機能もすべて盛り込まれており、UHD BDはもちろんのこと、地デジなども美しい映像で楽しめる。

 こちらは視野角の広いIPSパネルを採用しているので、絶対的なコントラストはVA型にやや劣るが、比較的明るい環境では大きな差にはならない。むしろ、視野角が広いため部屋のなかの広い範囲で美しい映像を楽しめるのでリビング向きと言える。

 Netflixなどをはじめとした4K動画配信サービスにも幅広く対応しているし、録画番組を含めて多彩な映像コンテンツをナビゲーションしてくれる「見るコレ」など、テレビを楽しむ機能も充実しており、機能性でも大満足の製品だ。

約3万円でハイレゾイヤフォン付き!
ソニー<6758> ウォークマン「NW-A35HN」

お買い物特集
NW-A35HN。色はシナバーレッドで朱色に近い赤となっている。イヤフォンまで含めて同色で揃えられている

 次いで注目したいジャンルが、ハイレゾ対応の携帯プレーヤー。中高級機のラインナップも充実し、最上級モデルではもはや据え置きのプレーヤーに迫る実力を備えるような怪物的なモデルなども登場してきた。

 とはいえ、気軽に持ち歩いて屋外でも音楽を楽しめることがポータブル機器の魅力でもあるので、より手頃な価格のモデルの方が気になる人は多いだろう。

 そんな身近なポータブルプレーヤーで、個人的にもっとも欲しいと思ったのが、ウォークマンの「NW-A35HN」(実売価格 3万円前後)。全5色のカラバリが用意され、付属するイヤフォンも、ケーブルからハウジング、イヤーチップまで同じ色で統一されている。この価格帯では珍しいタッチパネルも採用しており、操作感も優れている。

お買い物特集
タッチパネルの採用で、正面はかなりシンプルな造形になった。表示画面の配色もボディーカラーに合わせたものとなっている
お買い物特集
背面にはNFCロゴがある。Bluetoothのペアリングや接続/切断が手軽に行なえる
お買い物特集
右側面部。基本操作ボタンや音量調整、電源ボタンなどが配置されている
お買い物特集
底面部には充電/PC接続用のウォークマン端子とヘッドフォン出力端子、ストラップ取付部がある

 従来モデルからは機能も含めて大きく一新され、上位モデルと同じく音楽再生主体のシンプルなものとなった。

 ハイレゾ対応の音楽再生のほかは、FMラジオ視聴や語学学習のための可変速再生や任意の位置を指定できるA-Bリピート再生などを備えるのみ。ネットワーク機能や動画再生といった機能を潔く省略して、音質を追求している。

 オーディオ回路は、44.1kHz系と48kHz系のデュアルクロック搭載をはじめ、数々の高音質パーツの採用や電源部の強化などが施されている。

 アンプ部は独自のフルデジタルアンプ「S-Master HX」で、ハイレゾ音源はリニアPCM最大192kHz、DSD再生11.2MHz(PCM変換)に対応。アナログアンプ出力を35mW+35mWと従来モデル比で約3.5倍に拡大したことで、より力強い再生音を実現した。

 それでいて、バッテリー寿命はハイレゾ再生時で約39時間(FLAC 96kHz/24bit ノイズキャンセルオフ)という長寿命になっている。

 このほか、多彩なモードを備えるイコライザーによる音質調整をはじめ、低音域の再現を調整できるDCフェーズリニアライザーなどの高音質機能が盛り込まれている。

 最大の魅力はやはり音質。従来よりもナチュラルな感触の音に仕上がっているが、低音域の芯の通った力強さや、中高音域のアタックの勢いの良さなど、エネルギー感の豊かな音までしっかりと再現できる。ハイレゾ対応機としてはエントリークラスの価格ながらも、なかなか本格的な音になっている。

 そして、付属のイヤフォンを組み合わせてのノイズキャンセル機能もなかなかのもの。不快な低音域の騒音はかなり効果的に低減するし、人の声や中高域も耳障りにならない感じに静かになる。

 ハイレゾ対応やノイズキャンセルなど、音楽再生のための機能をしっかりと盛り込みながら、優れた音質を実現しており、その内容の充実度はかなりのもの。初めてのハイレゾ入門機にはぴったりだし、末永く使えると思う。

約3万円とは思えない音質!ダイナミックモーション「DM200H」

DM200H
ダイナミックモーション「DM200H」

 イヤフォンやヘッドフォンは、人気の高まりから海外の有名オーディオメーカーのモデルが続々と発売されているし、国内メーカーも力の入ったモデルが数多く登場した。

 最近の傾向としては、高級モデルで採用される平板型ユニットの採用をはじめ、今までにない新しいユニットが続々と登場していること。

 そんな注目モデルが、ダイナミックモーションの「DM200H」(実売価格 3万円前後)。中高域を受け持つBA型ユニットと低音域用のダイナミックドライバーを組み合わせたハイブリッド型のモデルだが、世界で初めて2つのユニットを同軸で配置した。2つのユニットの音軸を揃えて点音源化することで、優れた音場の再現を可能にしている。

DM200H
BullsEyeDriverの構造。BAドライバーとダイナミックドライバーが同軸上に配置されている

 その音は色づけの少ないニュートラルな傾向で、個々の音のディテールを鮮明に描き出す。音の粒立ちがよく、しかも音が空間に響いていくような空気感や音場の広がりまでも豊かに再現できる。耳の中にすっぽりと収まってしまうコンパクトさながらも、低音域の充実しており、躍動感のある音が楽しめる。

 付属のイヤフォンなどからのグレードアップと考えると、およそ3万円はやや高めの価格だが、その実力は中高級モデルにも迫ると言っていい。ハイレゾ再生でも情報量の豊かな音を存分に味わえるし、満足度の高い買い物になるはずだ。

3万5000円の価値があるBluetoothヘッドフォン
オーディオテクニカ「ATH-DSR7BT」

お買い物特集
ATH-DSR7BT

 ヘッドフォンでは、Bluetooth対応のワイヤレスモデルが今一番熱い。Bluetoothというと、音質的に不利な印象を持つかもしれないが、最新モデルではもはやBluetooth特有の圧縮による音の悪さはまったく気にならないレベルにある。懐疑的な人ほど、実際に試してみてほしい。

 なかでも、オーディオテクニカの「ATH-DSR7BT」(実売価格 3万5000円前後)の、ワイヤレスとは思えない音質に驚かされるはず。

 これは、振動板を駆動するボイスコイルまでデジタルのまま信号<6741>を伝送する「Dnote」というフルデジタル技術を採用したモデル。ベースとなるのは、海外でも高い評価を得ているロングセラーモデルの「ATH-MSR7」だが、フルデジタル技術に合わせて、ドライバーユニットからハウジングまですべてを新たに開発している。

 Bluetoothも最新の「apt-X HD」という高音質コーデックにも対応しており、圧縮伝送ながらも音質面では万全の対応を果たしている。

 フルデジタルというと、高解像度でシャープ<6753>なキレ味の音だが、感触が硬めのいかにもデジタルな音になりがち。しかし、本機の場合は感触がかなりしなやかで女性ボーカルの柔らかい声色やアコースティック楽器の豊かな鳴りを豊かに再現できる。

 切れ味鋭くハツラツとした音の出方と、音色の自然な感触が絶妙にバランスしているのだ。メリハリが効いた元気の良い鳴り方は、上位機である「ATH-DSR9BT」ともひと味違うものになっており、ロックやポップスを楽しむならば、ATH-DSR7BTの方が好ましいと思えるほど。

 携帯性を意識したコンパクトなハウジングとワイヤレスの快適さもあって、屋外/屋内を問わず非常に気持ち良く音楽を楽しめる。

 すでにカナル型のようなイヤフォンでもBluetooth対応のワイヤレスモデルが登場しているが、個人的な印象では極めて小さなボディーにBluetoothやアンプ回路を内蔵するため、音質的にはまだ物足りなさを感じることが多い。ワイヤレスでしかも音質の良さを求めるならば、今はオーバーヘッド型のモデルの方が優位だ。

5万円台のワイヤレス2スピーカーシステム
ソニー<6758>「HT-ZR5P」

お買い物特集
ソニー<6758>「HT-ZR5P」。実はまったく同じ仕様のWi-Fi&Bluetoothスピーカーが2台セットになった商品で、左右はまったくの同一だ

 Bluetoothと言えば、ポータブルスピーカーやミニコンポも見逃せない。ヘッドフォンもいいけれど、自宅で楽しむならばスピーカーを使った再生も大きな魅力がある。

 一体型のBluetoothスピーカーが多いソニー<6758>だが、「HT-ZR5P」(実売価格 5万2000円前後)は左右のスピーカーが独立したオーソドックスな2台1組のシステムだ。

 このモデルはBluetoothだけでなくWi-Fiにも対応しており、2つのスピーカー自体もWi-Fi接続なので、それぞれの電源ケーブルを接続するほかにケーブルは不要だ。

 そのコントロールはスマホ用アプリの「SongPal」を使い、2台でステレオ再生もできるし、NASなどに保存した音楽データの再生も可能。これらが電源をつなぐだけで楽しめるのだ。

お買い物特集
背面写真。電源端子とLAN端子のほか、HDMI端子やUSB端子、アナログ音声入力も備える
お買い物特集
天面部には、NFCマークと電源ボタン、音量調整と入力切り替えボタンがある

 横幅と奥行きは約10cm、高さも約12cmというコンパクトさだが、前面には14mmツィーターと70mmウーファーを備え、側面の両側にはパッシブラジエーターも備えるという重装備となっている。このため、ハイレゾの情報量豊かな音楽再生はもちろん、迫力たっぷりの重低音再生も可能だ。

お買い物特集
写真の左から正面と側面を向けた状態。正面には2ウェイのユニットが配置され、側面には両側にパッシブラジエーターがある

 さらに、HDMI端子やアナログ音声も備えるので、テレビとHDMI接続してテレビ用スピーカーとして使うことも可能。オーソドックスなステレオスピーカーだけに多彩な使い方ができるようになっているのだ。

 さらに付け加えるならば、同社のホームシアター機器の「SongPal Link」対応モデルならば、リア用スピーカーとして設定して本格的な5.1ch再生のためのシステムとしても使えるのだ。

 シンプルなワイヤレススピーカーだが、実はかなり活用の幅が広いモデルとなっている。その音もメリハリの効いた聴きやすいサウンドで、重低音もかなりしっかりと出るので、テレビと組み合わせての映画鑑賞などでも十分に迫力のある音を楽しめる。

 外観のデザインもすっきりとしたモダンなものなので、リビングに置いたり、自室で机の上で使ったりと、さまざまなインテリアと組み合わせやすい。電源のほか最小限の配線で使えるので、気軽に持ち運んで家の中のさまざまな場所で使うこともできるのは便利だろう。一体型とはひと味違うユニークなモデルだ。

ウッドコーン採用で7万円前後!
ミニコンポ的スピーカーJVC「EX-NW1」

PCオーディオ特集
JVC「EX-NW1」

 ミニコンポというと、若い人にとっては古臭いイメージがあるかもしれないが、ここで紹介するJVCの「EX-NW1」(実売価格 7万円前後)は、スピーカーの大きさが名刺サイズという極小サイズを実現したモデル。

 それでいて、ユニットはJVC自慢のウッドコーン振動板を採用し、楽器の構造を参考にしてエンクロージャーを設計を採用。内部にさまざまな種類の木材を使って振動を最適にコントロールし、コンパクトなサイズとは思えない豊かな鳴りを実現している。

 そんなこだわりのスピーカーだけに、スピーカー本体と専用のスタンドの作りもしっかりとしていて、コンパクトなのにかなり本格派の雰囲気がある。

 駆動するアンプ部も極めてコンパクト。しかも、USB DAC機能を備え、PCや光デジタル、アナログと入力系も多彩だ。PCと組み合わせてハイレゾ音源の再生も楽しめるし、Bluetoothによるワイヤレス接続でスマホや携帯プレーヤーと組み合わせて使える。

 ノートPCの両側にスピーカーを置くような使い方でもまったく邪魔にならないサイズなので、机の上などで手軽に本格的な音を楽しめる。かなりの近接視聴を意識した設計で、広い部屋いっぱいに音を満たすような使い方には向かないが、ニュアンスが豊かで情熱的とも言える厚みのあるサウンドは、コンパクトサイズとは思えない迫力のある音が楽しめる。個人的にもオーディオのジャンルではもっとも欲しくなったモデルだ。

次回はデジカメ編!

 今年は秋から冷え込む日が多く、12月に入ると寒い日ばかりが続いている。こんなシーズンは、やはり家の中の環境を充実させて暖かい部屋で豊かな暮らしをしたいもの。

 今回紹介したオーディオ製品やAV製品があれば、音楽や映画を存分に楽しめるはず。決して安価な製品ばかりではないが、きっと価格以上の満足度が得られると思う。

 さて、次回はデジカメのお買い得製品を紹介する。

アスキー
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 12月21日(水)12時00分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】