7/8/10型から選べるファーウェイのタブレットで年末年始を楽しく過ごす!!

アスキー 2016年12月22日(木)11時00分配信

 SIMフリースマートフォンやモバイルルーターなど、ファーウェイ製端末の魅力をお伝えしている「ファーウェイ通信」。今回は持っていると年末年始が楽しくなること間違いなしのタブレットに着目。発売されたばかりの「HUAWEI MediaPad M3」や「HUAWEI MediaPad T2 8 Pro」など、ファーウェイ製タブレットの多彩なラインアップを紹介していく。

11
今回は年末年始をより楽しくしてくれるファーウェイのタブレット5機種をまとめて紹介!

発売されたばかりの「HUAWEI MediaPad M3」は
本格的なサウンド再生が可能な高性能タブレット

 年末年始の時期と言えば、なにかと慌ただしい一方で、普段はしていないことに取り組む、たとえば読書や映画鑑賞などに費やすという人も多いのではないだろうか。実際に、帰省や旅行の移動時間、実家や旅先でのリラックスタイム、もしくは自宅でのんびり過ごすなど、自由に使える時間は比較的ある。そんなときこそ、スマホよりも画面が大きくエンタメ向きなタブレットの出番だ。

11
自宅でゆっくりコンテンツを楽しむなら、やっぱり大画面のタブレットだ!

 さまざまなモデルを用意するファーウェイ製タブレットの中からまず最初に紹介するのは、8.4型のSIMフリータブレット「HUAWEI MediaPad M3」(以下、MediaPad M3)だ。

11
まず紹介するのは、高いマルチメディア性能が魅力の「HUAWEI MediaPad M3」

 サウンドと映像の美しさにこだわったMシリーズの最新モデルであるMediaPad M3は、洗練されていて高級感が漂うデザインが魅力的。本体の薄さは約7.3mmで、重量は約310g。8.4型ながら画面占有率82%という挟額縁なデザインのため、持ち運びにも便利なコンパクトさだ。もちろん、片手持ちでも問題ない。

11
8型のタブレットだが、約310gの軽量さで片手持ちでも疲れにくい

 MediaPad M3の最大の特徴はサウンド面へのこだわりの数々。オーディオDACとして定評がある旭化成<3407>エレクトロニクス(AKM)製「AK4376」を搭載し、本体の上面と下面には1W×2と高出力なステレオスピーカーを装備。実際に音を聴いてみると、市販のポータブルスピーカーを上回るほどの大音量と高音質である。ボリュームを大きくしていっても音の歪みが小さいのも印象的だ。

11
縦画面時の上下に大出力のスピーカーを装備する

 ディスプレーの美しさもMediaPad M3の魅力。8.4型のIPS液晶は、解像度が2560×1600ドット(359ppi)と高精細で、コントラスト比は1500:1、NTSC85%の広色域となっている。さらにファーウェイ独自の画像最適化技術「ClariVu」が採用されていて、太陽光下や読書時などに色味や明るさを自動で最適化してくれる。

11
ClariVuは太陽光下でも自動的に見やすい表示にするなど、画面表示の最適化を行なってくれる

 MediaPad M3の用途としては、1人で使うのもいいのだが、家族や友人とともに映画や音楽を楽しむシーンにも適している。2.3GHz+1.8GHz動作のオクタコアCPU「HUAWEI Kirin 950」と5100mAhの大容量バッテリーを搭載しており、キビキビとした動作とスタミナで多彩な場面で役立つはずだ。

 なお、MediaPad M3のゴールドモデルは、専用イヤホン「AKG H300」と専用カバーが標準で付属する。このイヤホンは世界的な音響メーカーであるAKGがMediaPad M3専用に設計しており、ゴールドのカラーリングもプレミアム感を醸し出している。一人で良い音を楽しみたいという人は、検討する価値がありそうだ。

11
ゴールドモデルに標準で付属するAKG製イヤホン
11
同じくゴールドモデルに付属する専用カバーを取り付けたところ。フリップ式で持ち運んで使うのにも適している

 HUAWEI MediaPad M3は、ファーウェイ・オンラインストアのほか、楽天<4755>モバイルやAEONモバイルといったMVNO、家電量販店、ECサイトなどで販売中。カラバリはゴールドとシルバーで、シルバーにのみLTEモデルに加え、Wi-Fiモデルも用意される。価格はプレミアムモデル(ゴールド)が税抜4万2800円、シルバーのスタンダードモデル(LTE)が税抜3万7800円、シルバーのスタンダードモデル(Wi-Fi)は税抜3万1980円。

2万円台前半でLTE対応のSIMフリータブレットが購入可能!
8型と7型が用意される「HUAWEI MediaPad T2 Pro」

 続いては画面サイズの異なる3モデルが揃う「MediaPad T2 Pro」シリーズを紹介する。まずは新しくラインアップに加わったばかりの8型SIMフリーモデル「HUAWEI MediaPad T2 8 Pro」(以下、MediaPad T2 8 Pro)だ。今夏登場して、一躍人気モデルとなった「MediaPad T2 7.0 Pro」(以下、MediaPad T2 7.0 Pro)の8型版とも言える製品で、LTEに対応した高性能なSIMフリー端末にも関わらず、2万円台前半で購入できるというコストパフォーマンスの高さは共通である。

11
2番目に紹介するのは、LTE対応SIMフリーモデルながら、2万円前半というコスパの高さが魅力の8型モデル「HUAWEI MediaPad T2 8 Pro」

 そのMediaPad T2 8 Proは8型のIPS液晶を搭載し、解像度も1920×1200ドットと高精細。画面占有率75%という狭額縁設計になっているのが特徴で、片手持ちもまったく問題のないサイズ感だ。また、4800mAhの大容量バッテリーも外出先での使用においては安心できるスペックだ。

11
11
8型は日常的に持ち運んで片手で電子書籍などを見るには最大クラスと言える。厚さは約8.1mmで重量は約340gだ

 ネットワークはLTEに対応。LTEの対応周波数はバンド1/3/5/7/8/19/20/26/28/38/40/41、3G(W-CDMA)はバンド1/2/5/6/8/19。SIMサイズはmicroSIMだ。また、Wi-Fiモデルも用意されている。

 デザインについては、全体的に丸みが感じられる優美な印象のデザイン。ホワイトとメタルフレームの組み合わせにより上品な雰囲気に仕上がっている。本体の薄さは約8.1mmで重量は約340gだが、実際に手にしてみると、見た目よりは軽量に感じられるのもポイントだ。

11
カラバリはホワイトの1色。シンプルで清潔感のある印象だ
11
側面のメタルフレームがアクセントになっている

案外サイズ感は異なる「T2 8 Pro」と「T2 7.0 Pro」
自分の利用用途に合わせて選ぼう!

 MediaPad T2 Proシリーズには、前述した7型モデルのMediaPad T2 7.0 Proや、10型の「HUAWEI MediaPad T2 10.0 Pro」(以下、MediaPad T2 10.0 Pro)も用意されている。

11
こちらは7型の「HUAWEI MediaPad T2 7.0 Pro」。可搬性を重視するならこちら

 まず、MediaPad T2 7.0 Proは製品名からもわかるとおり、7型の液晶ディスプレーを搭載。本体の薄さは約8.2mm、重量が約250gと軽量なのが、日常的に持ち運んで利用するユーザーにはうれしい。コンパクトなことに加えて、通話機能も備えており“ファブレット”的な使い方も可能だ(通話機能はMediaPad T2 8 Proも搭載)。

11
横幅は100mm強なので、片手で持っていても比較的余裕がある

 MediaPad T2 7.0 Proは、画面解像度が1920×1200ドット、4360mAhという大容量バッテリーを搭載する点はMediaPad T2 8 Proと近いが、大きな違いは指紋認証センサーだ。T2 7.0 Proの本体側面にはタッチ式センサーがあり、他のファーウェイ製端末と同様に高速かつ精度の高い指紋認証機能を利用できる。

11
指紋センサーで手軽にセキュリティーが確保できるのも外出先に持ち出す際に有利な点となる

 MediaPad T2 8 ProとMediaPad T2 7.0 Proは、どちらも外出先での利用に便利なサイズであり、年末年始には移動時間に電子書籍の読書や動画視聴などで活躍してくれそう。ただ、7型と8型では数字的には近いように見えて、サイズ感は案外異なるということも指摘しておきたい。

 まず横幅を見ると、MediaPad T2 8 Proの約123mmに対して、MediaPad T2 7.0 Proは約105.8mmと2cm弱の違いがある。重量も約90gの差があるため(約340gと約250g)、普段から持ち運んで利用するには当然ながら、よりコンパクトなMediaPad T2 7.0 Proが有利だ。また、電子書籍でも小説や新書などのいわゆる“文字モノ”を読む際には、一度に表示できる文字数に差こそあれ、どちらが有利とは一概には言いがたい。

 しかし、最近話題となっている雑誌の読み放題サービスを利用する際はちょっと話が違ってくる。雑誌コンテンツはできれば誌面全体をディスプレーに表示させて楽しみたいところ。この際、MediaPad T2 8 Proでは可読性をしっかり確保できるのに対し、MediaPad T2 7.0 Proでは紙面を拡大しながらでないと、テキストは若干読みづらい(10型のMediaPad T2 10.0 Proならもちろんさらに有利である)。このあたりは結局使い方次第で意見が分かれてくる部分なので、どちらを購入するか悩んでいる人は、自分が利用するアプリやサービスを基準に判断するといいだろう。

11
8型のMediaPad T2 8 Proで週刊アスキーの誌面を見たところ。1インチ分の余裕で誌面全体の表示でもテキストは読みやすい

10型の「HUAWEI MediaPad T2 10.0 Pro」は
自宅で映像や写真をゆったりと楽しむのにオススメ

 一方のMediaPad T2 10.0 Proは、10.1型(1920×1200ドット)のIPS液晶ディスプレーを搭載。自宅で音楽や動画、写真などのエンタメコンテンツを楽しむことがメインの用途となるモデルだ。ただ、大画面ながら狭額縁仕様のため、本体がコンパクトなサイズに収まっているのも特徴。長時間の片手持ちはさすがに厳しいが、動画視聴などでは7型/8型との迫力の違いは明白だ。

11
貴重な大画面の10型タブレットでありながら、価格はしっかり抑えられた「MediaPad T2 10.0 Pro」

 本体の両側面には、高音質なステレオスピーカーを搭載。バッテリーも6660mAhと大容量なため、家庭内でエンタメを満喫するのには最適である。また、無線LANはIEEE802.11ac規格に対応しており、動画視聴などにおいても安定した通信で楽しめる。

11
横画面では写真や動画などを迫力一杯で表示できる

 もう1つ紹介したいのが価格。大画面のタブレットではその分、高価という印象を持つ人も多いだろうが、2万円台半ば(Wi-Fiモデルのみ)と他の2機種と同じ価格帯なのだ。

 上記3モデルは、ファーウェイ・オンラインストアのほか、MVNO各社、家電量販店、ECサイトなどで販売中。価格は、HUAWEI MediaPad T2 8 Proが税抜2万2800円(Wi-Fiモデルは税抜1万7800円)、HUAWEI MediaPad T2 7.0 Pro(LTEモデルのみ)は税抜2万4980円、HUAWEI MediaPad T2 10.0 Pro(Wi-Fiモデルのみ)が税抜2万4980円となっている。

1万円強から購入可能なLTE対応タブ「HUAWEI MediaPad T1 7.0 LTE」
格安SIMとの組み合わせで2台目用途や家族用に!

 最後に紹介するのは、1万円強からのリーズナブルな価格が魅力のLTE対応SIMフリータブレット「HUAWEI MediaPad T1 7.0 LTE」(以下、MediaPad T1 7.0 LTE)だ。

11
LTE対応で1万円強という驚きの価格の「HUAWEI MediaPad T1 7.0 LTE」

 MediaPad T1 7.0 LTEの魅力は、やはり価格。それでいてLTE対応のSIMフリー仕様のため、外出先でも単体でデータ通信が可能だ。格安SIMと組み合わせれば、2台目や家族用としての使い方でも、初期費用と運用コストの両方をしっかり抑えられる。

 スペックも、Spreadtrum製のクアッドコアCPU「SC9830I」(1.5GHz)や7型(1024×600ドット)のIPS液晶ディスプレーなど、エントリーモデルとしては十分な性能。SNSやメールのチェック、電子書籍の閲覧、ウェブでの調べ物といった用途は問題なくこなせる。また、バッテリー容量が4100mAhと大容量なので外出先での使用には心強い。

11
安価な製品だが、どんな層のユーザーが持っても違和感がない外観

 デザインは非常にシンプルなテイストで、老若男女にマッチする。安価なモデルながら背面はメタル製で上品な仕上がり。重量は約278gで、片手持ちでの長時間利用、あるいは子供が使うことを考えると、この軽さは強味だろう。

 HUAWEI MediaPad T1 7.0 LTEは、ファーウェイ・オンラインストアやMVNO、家電量販店、ECサイトなどで販売中。ラインアップはシルバー(税抜1万980円)とゴールド(税抜1万4980円)の2種類で、シルバーはファーウェイ・オンラインストアとMVNOからの限定販売となる。


提供:ファーウェイ

アスキー
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2016年12月22日(木)11時00分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】