GeForce GTX 1050 Tiで一番高いOCモデルがASUSから

アスキー 2016年12月23日(金)22時36分配信

 ASUSから、オリジナルVGAクーラー「DirectCU II」採用のGeForce GTX 1050 Ti搭載ビデオカード「ROG STRIX-GTX1050TI-O4G-GAMING」が登場した。ゲーミングブランドR.O.G.シリーズに属する製品だ。

GeForce GTX 1050 Tiで一番高いOCモデルがASUSから
GeForce GTX 1050 Tiで一番高いOCモデルがASUSから
オリジナルVGAクーラー「DirectCU II」採用のGeForce GTX 1050 Ti搭載ビデオカード「ROG STRIX-GTX1050TI-O4G-GAMING」

 「ROG STRIX-GTX1050TI-O4G-GAMING」は、デュアルファン仕様のオリジナルVGAクーラー「DirectCU II」を採用したGeForce GTX 1050 Ti搭載ビデオカード。ヒートパイプダイレクトタッチ方式でGPUを熱を効率よく移動。リファレンス設計のクーラーと比較して最高30%の冷却性能と、3倍の静音性能を実現したという。

 
GeForce GTX 1050 Tiで一番高いOCモデルがASUSから
GeForce GTX 1050 Tiで一番高いOCモデルがASUSから
R.O.G.ロゴは「Aura RGB Lighting」機能により発光。付属ソフトでライティングエフェクトを自由に変更できる

 主なスペックは、コアクロックが1392MHz、ブーストクロックが1506MHz、メモリークロックが7008MHzのオーバークロック仕様で、補助電源コネクターには6ピン×1。そのほか、メモリーバス幅は128bitで、GDDR5 4GBのビデオーメモリーを搭載。出力インターフェースはDVI-D×2、HDMI2.0b×1、DisplayPort1.4×1を装備。基板の長さは241mm。

GeForce GTX 1050 Tiで一番高いOCモデルがASUSから
GeForce GTX 1050 Tiで一番高いOCモデルがASUSから
GeForce GTX 1050 Ti搭載カードとしては最高クラスの価格設定ながら、ハイエンドな仕様に仕上がっている

 なお、ビデオカードのR.O.G.ロゴは「Aura RGB Lighting」機能により発光。付属ソフトでライティングエフェクトを自由に変更できるほか、「Aura Sync」サポートのマザーボードと組み合わせることでイルミネーション機能を同期できる。

 価格は2万3198円。パソコンショップアークやドスパラ パーツ館、ツクモパソコン本店、ツクモDOS/Vパソコン館、TSUKUMO eX.で販売中だ。

アスキー
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2016年12月23日(金)22時36分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】