軽量タイプの東芝製240GB SSDがCFDから発売

アスキー 12月27日(火)23時47分配信

 CFD販売から、Serial ATA対応の2.5インチSSD「CSSD-S6T240NMG2L」が発売された。東芝製ドライブを採用した容量240GBの製品だ。

東芝製ドライブを採用した軽量タイプの240GB SSDがCFDから発売
Serial ATA対応の2.5インチSSD「CSSD-S6T240NMG2L」

 「CSSD-S6T240NMG2L」は、東芝製コントローラーに同じく東芝<6502>TLC NANDフラッシュを採用する2.5インチSSD。基本スペックは、転送速度がシーケンシャルリード520MB/sec、同ライト510MB/sec、書き込み耐性は60TBW。CFD販売ブランドのSSDとしては最軽量という約37.5gで、モバイルPCの換装にもオススメとしている。

 価格はパソコンショップアークで6998円、ドスパラ パーツ館で7480円だ。

東芝製ドライブを採用した軽量タイプの240GB SSDがCFDから発売
東芝製ドライブを採用した軽量タイプの240GB SSDがCFDから発売
CFD販売ブランドのSSDとしては最軽量という約37.5gで、モバイルPCの換装にもオススメとか
アスキー
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 12月27日(火)23時47分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】