質の高い新鮮フルーツが山盛り!フルーフ・デゥ・セゾン

アスキー 2016年12月28日(水)11時00分配信
fruits-de-saison

 秋葉原中央通りから一歩進んだ路地にある、老舗喫茶店「フルーフ・デゥ・セゾン」。ここが、「男性一人でも入りやすいスイーツ店」との評判を聞いてお邪魔しました。

fruits-de-saison
フルーフ・デゥ・セゾン

 明るくのんびりした店の空気が、男性にも気兼ねさせないのでしょうか。取材時には、評判どおり男性の一人客や、ティータイムを楽しむ奥様方の姿がありました。店先には自転車も止まっていて、どうやら地元の方が多く足を運んでいるようです。

 さて、私がお店に入っていちばんに目に入ってきたのは、カウンターに並ぶフルーツとクロワッサン。ここの看板メニューです。提供されるフルーツは、すべて築地・大田市場からの直送。クロワッサンも店舗で焼き上げているそう。

 いい色、いい形、いい匂い……。お口を誘惑してきてたまりません。早速メニューを開けば、さすがフルーツが目白押し。まずは、目玉のパフェメニューから2品。

フルーツパフェ(1800円)

 下手に手をつけたら崩れてしまうのではないかと思うほど、色とりどりのフルーツが溢れんばかりにぎっしり!上部のゴロッと大きな果物は、思い切って手づかみで食べるのが楽ちんです。フルーツはカップの奥底まで詰っていますが、底の方は細かくカットしてあり、スプーンで食べやすい。こんなにたくさんのフルーツを食べられる機会はそうそうありません。体にもよさそうだし、とっても幸せな気持ち……。

fruits-de-saison
フルーツパフェ

 しかも、きっと某高級フルーツ店と遜色ないお味です。オレンジやグレープフルーツは、たしかに酸っぱみもあるけれど断然甘い!普段口にしている柑橘類とは明らかに違いがあり、驚かされます。

 それと実を言うと私、メロンがあまり得意ではありません。積極的に食べたいと思わないって、程度ですが……。いいパフェにはやっぱり、メロンは付き物ですよね。けれど食べてみると、意外とすっきりした甘さ。苦手に思っていた、粘つくような甘みや後味もなく、これならいくらでも食べたいと思えます。つまり何が言いたいかと言うと、苦手を克服できるほどのハイクオリティーということ!だってどのフルーツも満遍なくおいしいんです。よそで食べたら、もっとお値段張るのではないでしょうか…………。

ぶどうのパフェ(1500円)

 続く2品目は、期間限定メニュー(11月に終了)とのこと。果物は時季の味覚。上記の「フルーツパフェ」を含めて、仕入れの状況によって、メニューの内容やお値段は変動があるようです。

fruits-de-saison
ぶどうのパフェ

 さて、見るからに葡萄尽しのこちらのパフェには、「シャインマスカット」と「ナガノパープル」が詰まっています。どちらも種がまったくないうえ、皮ごと食べられるとあって人気の品種。皮ごと食べても、柔らかで渋みがなく、甘くて味も濃厚です。

 「フルーツパフェ」と違い、こちらは葡萄一色とあって、果物以外の工夫が冴えています。写真を見ると、先程の「フルーツパフェ」に比べて生クリームが多いように見えますよね。ここの生クリームは、おそらく砂糖を最低限にして作られているのではないでしょうか。フルーツが十分甘いので、これくらいがちょうどいい。中央の葡萄シャーベットもほんのり酸味が効いていて、フルーツの甘みを際立たせてくれます。

 けれど食べ進めると、そのすぐ下にあるバニラアイスは濃厚で、中盤の味のアクセントに。最下層は、さっぱりしたヨーグルトに、刻んだマスカットが含まれています。まさに、飽きのこないデザイン!一年中頼めたらいいのに。来年が今から楽しみです。

 さて、お次はもう1つの看板商品、クロワッサンも注文しましょう!クロワッサンには、セットメニューと、単品メニューがあります。

クロワッサンサンドセット・Aセット(1000円)

fruits-de-saison
クロワッサンサンドセット・Aセット

 セットメニューでは、クロワッサンサンドを、ハム、ツナ、フルーツから1種、選ぶことができます。カットフルーツがセットに含まれているので、ここではハムサンドを選択。

fruits-de-saison
フルーツも盛りだくさん
fruits-de-saison
レタスとトマト、きゅうり、ハムをサンド

フルーツサンド(400円)

fruits-de-saison
フルーツサンド

 さらに、せっかくフルーツのお店なので、試したい気持ちが勝って単品でフルーツサンドもオーダーしちゃいました。

fruits-de-saison
オレンジとイチゴ、リンゴ、キウイフルーツをサンド

 クロワッサンは、焼き色から期待できるとおり、香ばしくサクサクした食感が魅力。特筆すべきは、パン生地自体に甘みはほとんど感じないこと。そのため、ハムやレタスが入れば、おかずパンにちょうどいいです。フルーツが入れば、やっぱり果物が十分甘いので、スイーツパンとしても良い仕上がりでした。

 クロワッサンらしいバターの味も十分しますが、もしかしたら最近の流行より控えめなのかもしれません。おかげで胸焼けの心配もなく食べ切れました。

ブルーベリージュース(800円)

 最後に喫茶店らしく、ドリンクメニューを少しご紹介します。さすがに、どこまでもフルーツ尽しです!

fruits-de-saison
ブルーベリージュース

 この店舗の果物のクオリティーそのままに、ぎゅっと濃縮されたフレッシュジュースとあって、もう間違いようのないおいしさ。私、フレッシュジュースは目覚めのお供にときどき飲みますが、やはり普段口にしているものとは味が明らかに違います。飲んだそばから目がよくなりそうです(笑)。

 自然な甘さっていいですよね。どんなに濃厚でも、うわさどおりで軽やかです。ほかにも、オレンジやバナナミルクなどの定番から、木イチゴやゴールデンパインなど珍しいフレッシュジュースも。さらに炭酸入りのスカッシュドリンクもあるようなので、ぜひ試してみてください。

 もちろん、フルーツ以外のドリンクメニューもあるのでご安心を。コーヒーや紅茶の単品注文にはチョコレートをつけてくれるのも、つい足を運んじゃう魅力なんですよね!

fruits-de-saison
店頭にあるオブジェ

 アキバの喧噪に疲れたら、ぜひ「フルーフ・デゥ・セゾン」に行ってみてください。中央通りから一歩進んだだけで、時間の流れがまるで変わります。明るい日差しの中ゆったり気ままに過ごす時間は、格別の贅沢ですよ。

アスキー
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2016年12月28日(水)11時00分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】