3.5万円の最安4K液晶で学ぶ4Kの性能と初期設定

アスキー 2016年12月29日(木)12時00分配信

 「PlayStation 4 Pro」や「Xbox One S」の登場により、4Kゲーミングの波が到来しそうな2017年。

 高画質化技術のハイ・ダイナミック・レンジこと、「HDR」にも対応する4K液晶テレビは、43型なら9万円前後で購入できるが、それなりの設置スペースとある程度離れた位置からの視聴、ゲームプレイが必要になるため、自分の部屋に導入するにはハードルが、どうしても高くなってしまう。

3.5万円の最安4K液晶で学ぶ4Kの利点と初期設定

 その点、机に置いて使用する24型クラスからあるPC向けの4K(3840×2160ドット)対応の液晶ディスプレーなら、ハードルはグッと低くなる。PC向け液晶ディスプレーの「HDR」対応は、液晶テレビに一歩遅れているため、広範囲な色幅を再現する「HDR」による臨場感やディテールがアップした映像、ゲームは楽しめないが、スペースの問題と価格面は非常に優秀。

 とくに最近は、PC向け液晶ディスプレーの主要メーカーとなるLGエレクトロニクスが、手ごろな価格帯の4K液晶ディスプレーを続々と投入。発売から半年以上経ち、値下がりしているモデルも多く、3万5000円~5万円で4K表示に対応する液晶ディスプレーを導入可能だ。

3.5万円の4K液晶はPCゲーム&PS4 Proの福音となるか
続々と4K液晶ディスプレーを投入するLGエレクトロニクス。27型IPSパネルのエントリー向けなら5万円台前半だ。その上、発売当初7万円近かったモデルも、6万円程度まで値下がりしている

 2万円前後から購入できるIPSパネル採用のフルHD液晶と比べると、まだ高価な印象は拭えないが、かなり手が出しやすい価格帯に突入していると言える4K液晶ディスプレー。

 なかでも目を引くのが、4K表示に対応した「PlayStation 4 Pro」(以下:PS4 Pro)や「Xbox One S」を狙いすましたようなタイミングで、LGエレクトロニクスから発売された23.8型IPSパネル採用の「24UD58-B」だ。

3.5万円の4K液晶はPCゲーム&PS4 Proの福音となるか
PC向け4K液晶ディスプレイの最安価格帯で、必要十分な機能を搭載するLGエレクトロニクス「24UD58-B」は、コスパ良好な1台だ

 流行のフレームレスタイプでなかったり、スピーカー非搭載だったり、sRGBカバー率がスペックに記載されていないなど、コストダウンが図られたエントリー向けのモデルになるが、HDMI端子による4K/60p入力(2ポート)やHDCP2.2のサポートといった4K動画視聴や「PS 4 Pro」での使用に必要なポイントは、しっかり押さえられている。

 それでいて、PC向け4K液晶ディスプレーとしては最安となる3万5000円前後を実現と、4K液晶の導入を考えている人の背中をドーン<2303>と押す1台になっている。

 かく言う筆者も背中を押されたひとり。数ヵ月前に仕事&映画視聴、PCゲーミングで使用するメインモニターとしてASUSのウルトラワイド液晶「ROG SWIFT PG348Q」を購入しているにも関わらず、「PS4 Pro」&PCゲームの4K解像度ベンチマーク用(経費にするための言い訳とも言う)に購入してしまった。

 と言うわけで、コスパ良好な4K液晶ディスプレーの「24UD58-B」をPCや「PS4 Pro」と接続。Windows PCで4K解像度を使う際に必要となる4K液晶導入初歩から、4K PCゲーミング、そして本命とも言える「PS4 Pro」での使用まで、気になるポイントをお送りしていこう。

3.5万円の4K液晶はPCゲーム&PS4 Proの福音となるか
多くの4K液晶ディスプレーを展示するツクモパソコン本店2階のモニター王国では、“おすすめランキングNo1”になっている「24UD58-B」
3.5万円の4K液晶はPCゲーム&PS4 Proの福音となるか
同じエントリーモデルで。27型になる「27UD58-B」もあるので、こちらも注目だ

4K液晶最安の「24UD58-B」を導入

 まずは「24UD58-B」の気になるポイントを見ていこう。

 最も気になるのが本体デザインで、昔ながらの液晶ディスプレーといった感じだ。フレームも厚く、左右と上部が1cm程度、下部は2cm程度になっていた。

 1台3万5000円前後の価格を考えると、4K液晶ディスプレーによるマルチモニターの構築も視野に入るが、ちょっと向かないだろう。

 また、フレームの表面が光沢仕様になっている点も残念なところで、作業中に手や服がフレームに映り込んでしまった。面倒だが、気になる人は黒色の厚紙などをフレームに貼るといった、ひと工夫が必要だろう。

3.5万円の4K液晶はPCゲーム&PS4 Proの福音となるか
3.5万円の4K液晶はPCゲーム&PS4 Proの福音となるか
24UD58-Bのフレームは上下左右ともに厚め。その上、フレーム表面は映り込み激しい残念仕様に。ストライプやチェック柄の服を着て動画視聴やゲームをしていると、かなり気になってくる
3.5万円の4K液晶はPCゲーム&PS4 Proの福音となるか
電源コネクターやHDMIポートなどは、本体へ垂直に差す形になっている。硬めのケーブルを使用する際は、奥行きに余裕が必要だ
3.5万円の4K液晶はPCゲーム&PS4 Proの福音となるか
液晶アーム使用時は、スタンド固定部が本体から出っ張ることになる。見えないところだが、ちょっと野暮ったい
3.5万円の4K液晶はPCゲーム&PS4 Proの福音となるか
OSDメニューは円形配列で、本体中央底面に備わっているスティック(電源スイッチも兼ねている)ひとつで操作可能。最も操作するだろう入力切り替えは、メニュー呼び出し→入力選択→ポート選択と3クリックで可能だ

PCでの4K/60p表示の条件を復習

 ここからはPCとの接続だが、まずは最新情報を含めつつ、4K液晶ディスプレーをPCで使う上での復習といこう。

3.5万円の4K液晶はPCゲーム&PS4 Proの福音となるか
フルHD(1920×1080ドット)が4枚入ってしまう作業領域となる3840×2160ドットの4K解像度。PCで使うためには、ビデオカードの対応が必要だ

 基本、4K解像度(3840×2160ドット)の表示には、PC側ビデオカード(CPU内蔵GPU)の対応が必要だ。DisplayPort出力では、インテル第4世代Core iプロセッサー(LGA 1150)や、AMD「Radeon HD 7000」、NVIDIA「GeForce 600」シリーズから、4K/60p出力可能なDisplayPort 1.2に対応しているが、問題はHDMIのほうだ。

 HDMIでの4K/60p出力にはHDMI 2.0のサポートが必要で、CPU内蔵GPUだとAMDの次世代APU「Axx-9000」シリーズ。ビデオカードではAMD最新世代の「Radeon RX」シリーズとNVIDIA「GeForce 900」シリーズになる。

 なお、インテルの次世代CPUとなるKaby Lakeこと第7世代Coreシリーズの内蔵GPUは、第6世代Coreと同じく、HDMI 2.0や10bit出力のサポートは見送られている。そのため、PCメーカー(マザーボードメーカー)が、外部トランスミッターを搭載している場合のみ、HDMIによる4K/60p出力が可能になる。

3.5万円の4K液晶はPCゲーム&PS4 Proの福音となるか
「Core i7-6700K」を搭載したASUS製マザーボード「Z170M-PLUS」のHDMI端子との接続ではリフレッシュレートが30Hzに
3.5万円の4K液晶はPCゲーム&PS4 Proの福音となるか
3.5万円の4K液晶はPCゲーム&PS4 Proの福音となるか
モバイル向けの第7世代Coreシリーズを搭載する最新小型ベアボーンのGIGABYTE「BRIX s」シリーズやASRock「Beebox-S」シリーズは、HDMIによる4K/60p出力をサポート

4K/60p表示は液晶側の設定変更が必要

 4K解像度を満喫すべく、ビデオカードの「GeForce GTX 1080」と「24UD58-B」を付属のHDMIケーブルで接続。すんなり4K表示できたものの、マウスカーソルが微妙にカクツク……。あれ?と思い、リフレッシュレートを確認してみると、なぜか30Hzに。

 ちょっと焦ったが、3840×2160ドットでのリフレッシュレート60Hz表示を行なうためには、OSDメニューの「画質」→「画質調整」→「HDMI ULTRA HD Deep Color」を“オン”にする必要があると、「24UD58-B」のマニュアルや製品紹介ページにしっかり記載されていた。

 これは「PS4 Pro」でも同様で、「HDMI ULTRA HD Deep Color」を有効にしないと、4K解像度となる「2160p - YUV420」や「2160p - RGB」は非対応と認識され、表示は1080pになってしまう。

3.5万円の4K液晶はPCゲーム&PS4 Proの福音となるか
「PS4 Pro」では4K解像度自体が選べず、1080pになってしまう
3.5万円の4K液晶はPCゲーム&PS4 Proの福音となるか
HDMIで接続する際は、忘れずに「HDMI ULTRA HD Deep Color」を有効にしよう

スケーリングを用途や好みにあわせて設定

 1920×1080ドットのウインドウを4つ同時に表示できる3840×2160ドットの広大な解像度の初見は圧巻のひと言。

 Windows 10では、ウインドウを左右半分や4分割に表示できる4K解像度向けの機能が備わっており、ウェブ動画やワード、エクセル<7591>、フォトアルバムなどのウインドウを簡単に均等サイズで同時表示させられる。

 仕事柄、ニュースリリースや製品仕様などを見比べることが多いのだが、4つのウェブページをブラウザーのタブを切り替えずに見比べられるのは、予想以上に快適で、作業効率が格段にアップした。

3.5万円の4K液晶はPCゲーム&PS4 Proの福音となるか
3.5万円の4K液晶はPCゲーム&PS4 Proの福音となるか
ウインドウを画面端に持っていくことで、左右半分か4分割サイズに表示可能。また、「Windowsキー」と左右または上下のカーソルキーでもできるので覚えておこう
3.5万円の4K液晶はPCゲーム&PS4 Proの福音となるか
3.5万円の4K液晶はPCゲーム&PS4 Proの福音となるか
ブラウザーのタブ表示やWindows 10やMacの仮想デスクトップ(mac OSはMission Control)など、複数のウェブページ、アプリの使い分け術はいろいろあるが、操作不要で複数ウインドウを同時に表示できる広々作業領域は最高!

 4K液晶ディスプレーの普段使いで、気にする人が多いのは文字の読みやすさだろう。解像度が上がった分、文字サイズは小さくなるわけだが、約40cm程度の距離で、ASCII.jpの猫記事をスケーリング設定100%のドットバイドットで見たところ、本文や写真のキャプションは小さいが読めるレベルだった。

 文字の読みやすさに関しては、頭と液晶ディスプレーの距離や視力、好みなどで変わるので、右クリックメニュー「ディスプレー設定」→「テキスト、アプリ、その他の項目のサイズを変更する」で画面を拡大しよう。設定は100%から25%刻みで350%まで可能。23.8型の「24UD58-B」と約40cmの距離では、個人的には文字、アイコンの見やすさは150%がベストと感じた。

3.5万円の4K液晶はPCゲーム&PS4 Proの福音となるか
「テキスト、アプリ、その他の項目のサイズを変更する」のスライドバーを動かすことで、スケーリングの設定を変更できる
3.5万円の4K液晶はPCゲーム&PS4 Proの福音となるか
3.5万円の4K液晶はPCゲーム&PS4 Proの福音となるか
ASCII.jpを半分表示した際のスケーリング100%(左)時と150%(右)時。150%設定で、文字は奇麗かつ読みやすいサイズに
3.5万円の4K液晶はPCゲーム&PS4 Proの福音となるか
スケーリング100%(上)と150%(下)時の写真キャプションと本文を切り抜いたもの。文字の精細度がアップしているのが分かる。なお、100%時は1.5倍に拡大した状態だ

 ただ、忘れてはいけないのが、スケーリング設定に合った高解像度な文字ではなく、単純に拡大表示されるアプリが結構あること。Windows 10標準のデバイスマネージャーをはじめ、SteamやiTunes、Foobar2000ではスケーリングを適用すると、目が疲れるぼやけた文字になってしまった。

3.5万円の4K液晶はPCゲーム&PS4 Proの福音となるか
スケーリング150%時のデバイスマネージャー。タイトルバーの文字は奇麗だが、そのほかの文字はボケボケに。この混在は目を疲れさせる……
3.5万円の4K液晶はPCゲーム&PS4 Proの福音となるか
同じWindows標準でも、日常的に使用するエクスプローラーはスケーリング時(150%)も奇麗に表示
3.5万円の4K液晶はPCゲーム&PS4 Proの福音となるか
Excelもスケーリングしても問題なく表示できたので安心だ。設定は150%になる
3.5万円の4K液晶はPCゲーム&PS4 Proの福音となるか
3.5万円の4K液晶はPCゲーム&PS4 Proの福音となるか
ゲームを管理するSteamや音楽再生のFoobar2000は、文字の読みやすは大きく影響しないが、ぼやけた文字はかなり気になる

 一応、アプリの実行ファイルの「プロパティ」→「互換性」→「高DPI設定ではスケーリングを無効にする」を選ぶことで改善するが、アプリごとに設定する必要があると厄介。4K液晶ディスプレーをメインモニターとして快適に活用するためには、手間を惜しまずに頑張るしかないところだ。

3.5万円の4K液晶はPCゲーム&PS4 Proの福音となるか
各アプリのショートカットや実行ファイルでプロパティを呼び出して設定

 4K液晶ディスプレー導入の復習のあとは、本命の4K PCゲーミングだ。次回は、NVIDIAのハイエンドGPU「GeForce GTX 1080」に加え、ミドルクラスGPUのNVIDIA「GeForce GTX 1060 6GB」、AMD「Radeon RX 480 8GB」、「Radeon RX 470 4GB」を用意し、4K解像度のゲームパフォーマンスを計測しよう。

アスキー
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2016年12月29日(木)12時00分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】