2016年末のポタフェスで感じた、ポータブルオーディオの現在位置

アスキー 12月29日(木)10時00分配信

 12月17日~18日の2日間にわたって「ポタフェス2016冬」が開催された。今年は、ベルサーレ秋葉原に加え、秋葉原UDX2階の“アキバ・スクエア”も会場となり、国内外から189のブランドが集結、ポータブルオーディオ機器が一堂に会した。その中で試聴可能だった注目の新製品に迫った。

60kHzまでフラットに再生できる静電型のヘッドフォン

 ここ数年間、注目されているのが平面振動板を使ったヘッドフォンである。ダイナミック型と比較して歪みが少ないため、ハイレゾ音源に記録された音場感の再現に適しているためだ。平面型の中でも、さらに特殊なのが静電型である。振動板を2枚の固定電極で挟み込み、バイアス電圧をかけることで帯電させて、固定電極に音楽信号を流し磁気の引き合う力と反発力で振動板を動かす。振動板は非常に薄く軽いため、ハイスピードで情報量が多く、歪みの少ない音を再生できる。デメリットは、振動板の振幅が少ないので低音が出しにくいこと、そして、専用アンプでなければ駆動できないことだ。

ポタフェス 2016
マグネシウム合金を採用した静電型ヘッドフォン「Model One」

 エミライが扱うSONOMA Acousticsはソニー<6758>でSACDのDigital Audio Workstation「SONOMA」を10年前に開発したメンバーが理想のオーディオを追求するため再結成されたメーカーだ。ハイレゾ音源の性能を100%引き出すために、まず静電型のヘッドフォンの製品化を目標としている。振動板にイギリスWATによって開発されたHPELと呼ばれる高精度静電ラミネート技術を使った非常に薄いものを世界初採用する“Model One”を開発している。

 一般的な静電型ヘッドフォンでは、振動板をサンドイッチのように両側から挟む“固定電極”に、多数の穴を開けて音を出している。これに対してHPELでは、振動板を絶縁用セルに貼り付けた“フロントグリッド”とステンレス合金メッシュの“バックグリッド”で構成される。そこに1350Vのバイアス電圧をかけることでフロントグリッドの独立した細胞のようなドラムスキンを振動させて音を出す仕組みだ。振動板に使う積層フィルムは髪の毛よりも薄い15μmとなっている。

ポタフェス 2016
ポリカーボネート製のカセットパネルに貼られたメッシュグリッド
ポタフェス 2016
ひっくり返すとHPELの振動板が見える

 この方式の利点は障害物となる“固定電極”が振動板の前にないため、過渡特性に優れる点だ。60kHzを超えるフラットな周波数特性が得られるそうだ。ドラムスキンは個々に異なる共振周波数が与えられ、振動板が大きな共振のピークを持たないように調整されている。薄い振動板は曲がりやすいため、剛性の高いグラスファイバー入りのポリカーボネートで作られたカセットパネルに収納されている。さらにイヤーカップはアルミ合金と比較して約1/3の重さで、防音性に優れたマグネシウム合金で作られている。

ポタフェス 2016
DAC内蔵の専用ヘッドフォンアンプとペアで販売予定
ポタフェス 2016
ジェネラルマネージャのデイビッド H.河上氏

 DAC内蔵のヘッドフォンアンプは、HPELを駆動するために低歪みと広い再生周波数帯域が要求される。アナログアンプはシングルエンドで、ディスクリート構成のFETクラスAアンプを採用。このアンプを高バイアスで動作させ、高スルーレートを実現している。アンプは完全にシールドされアルミ削り出しの筐体に収められている。DACはESS製が使われPCM384kHz/32bit、DSD5.6MHz(DSD128)に対応。高性能なマルチコアXMOSプロセッサで動作するカスタム64bit倍精度固定小数点演算を使い、アナログ入力を含む全ての信号<6741>をデジタル処理している。DSP内のフィルタは最小位相、低速ロールオフとして優れたインパルス応答を実現。64bitDSPの精度を活用したフルデジタルボリュームを採用している。

 Diana Krallの「The Girl In The Other Room/Sotp This World」(96kHz/24bit)を聴いてみると、深々とした低音に満たされ、ダイアナ・カールの厚みのあるボーカルが流れてきた。その音は力強く、音の消え際やニュアンスもしっかり再現される。イヤフォンに例えるとダイナミック型とBA型のハイブリッドのようないいとこ取りの音だ。サラサラとした音の多い平面型の中でも異彩を放つ音で、音場感の再現性も高く、これは期待が持てそうだ。2017年4~6月の発売を目指し、ヘッドフォンと専用アンプのシステムで実売価格約65万円ぐらいになる見込みだ。

個性的な音で勝負する国産勢の参考展示ヘッドフォン

 オンキヨー<6628>パイオニア<6773>が製品化を目指しているのが“セルロースナノファイバー”を振動板に使ったヘッドフォンである。

ポタフェス 2016
オンキヨー<6628>の桐ヘッドフォンは革製のヘッドバンドを装着

 この素材は従来の繊維より細くて分子が整って配列しているため、軽量で高強度、熱による変形に強い、広い面積が作りやすいなどの特徴がある。ONKYOはCNF(ピュアセルロースナノファイバー)と名付けた素材を使ってスピーカーの振動板を作ることに成功。鉄の1/5の質量で5倍の強度を実現したという。これをヘッドフォンの振動板にも使おうという試みだ。

 直径40mmの振動板はワイドレンジで50kHzまでほぼフラットな特性を持つ。これを桐製のハウジング収めたのが、今回参考展示された桐ヘッドフォンである。

 今まで何度か登場したことのある試作機で、その音は毎回変化している。今回はデザインも変更され、最終に近いものになったそうだ。女性ボーカルを魅力的に聴かせてくれるヘッドフォンで、その響きが美しい。軽い振動板が繊細なニュアンスを再現、桐のハウジングが密閉式にもかかわらず、開放的な鳴りを実現している。今回はかなり鳴りを抑えた感じに聞こえたが、これが音楽愛好家向けのチューニングで、オーディオファイル向きのチューニングモデルは、さらに響きを抑えたフラットな音だった。価格は20万円前後を予定しているという。

ポタフェス 2016
パイオニア<6773>の試作機はマグネシウム合金ハウジングを採用

 一方、パイオニアブランドとしては同社のフラッグシップモデル「SE-MASTER1」の約半額(おそらく10万円台)での販売を目指す試作機を展示。

 ドライバーは直径50mmのセルロースナノファイバーを採用。デザインはシルバーとブラックを基調にしたクールなもの。リケーブル対応で2.5mm4極のバランス接続ケーブルを付属させる予定。ハウジングはマグネシウム合金で密閉式である。その音は解像度を重視した爽やかなもので、高域から低域までハイスピードで音場感に優れるタイプ。まさにハイレゾ全盛期の日本市場にふさわしい音とも言える。発売時期は未定だが、2017年の早い時期に登場するかもしれない。どちらのモデルも個性的な音で、優等生で面白みに欠けると思われてきた日本メーカーのイメージを変える製品になるに違いない。

音決めに時間を惜しまないDAP、audio-oups『opus#2』

 オーディオ評論家を含め、多くのオーディオファイル(愛好家)がハイエンドモデルとして一目置いているDAP(デジタルオーディオプレーヤー)がAstell&Kernの「AK380」である。実勢価格約35万円という価格もさることながら、圧倒的な高性能、高機能、こだわりのデザイン、直径2.5mmのバランス接続端子などでハイレゾプレーヤーを牽引してきた。

ポタフェス 2016
audio-oups『opus#2』と付属革製ケース

 数多くのメーカーがAKシリーズを目指してDAPを製品化してきている。audio-oups「opus#2」もその中の1台である。まず、そのデザインからして影響を受けていることが分かる。本体右側にあるダイヤル式の音量調整機能、左側のボタン配置、付属ケースまでAKの影が感じられる。

 DACには定番とも言えるESS Sabre32 ES9018K2Mを2基搭載。PCMでは384kHz/32bit、DSDも専用デコーダを使いDSD5.6MHz(DSD128)までネイティブ再生に対応する。2.5mm4極のバランス出力対応で、ラインアウトと光デジタル出力を兼ねた3.5mmのアンバランス端子も搭載する。

 航空機グレードのアルミ合金採用、Wi-FiとBluetooth対応、充電時間約4時間、連続再生約9.5時間。内蔵メモリー128GB、200GBに対応するmicroSDカードスロットなど搭載する。OSはAndroid 5.1.1。サイズは幅76×奥行き18.3×高さ114mm、252gだ。

 高域は解像度重視で中低域に厚みがあってピラミッドバランスの音だ。『AK380』が広大な音場空間を描き出すのに対して、実在感のあるボーカルや楽器の音を聴かせてくれる。レコーディングスタジオやマスタリングスタジオ、モニターユーザーの評価などを踏まえ、音決めに数ヵ月を費やしたというだけあって、完成度の高い音だ。税込みで19万8000円という価格も、その内容からハイコスパに思われる。

王者、Astell&Kern「AK380SS」はズシリと重いステンレス製

 Astell&Kernは時々、ボディの素材だけが異なる限定モデルを発売する。今回はフラッグシップモデル「AK380」をステンレス合金化して、専用アンプとケースをセットにした「AK380SS」を参考展示した。

ポタフェス 2016
アルミより比重が増すステンレス製の「AK380SS」

 発売時期・価格ともに未定だが、私の予測ではセット価格75万円ぐらいではなかろうか。会場では外観展示のみだったが、特別に試聴できるモデルを聴かせてもらうと確かに音が違う。S/N感が向上して、沈み込んでいた音が浮かび上がって来るかのように情報量が増えているではないか。その音はAK380のはしゃぎようが子供っぽく思えるほど、物静かでフラットだ。よりHi-Fi指向を目指すなら、ステンレス合金ケースもいいかなと思えるが、実際に持ってみるとかなり重さが増している。さらにアンプを合体させるとポータブルとは言えないぐらい重い。

 これが価格に見合った重さなのだろうか。金属係数の高いLEICAのカメラを持ったような気分になった。

ポタフェス 2016
専用アンプ『AMP SS』とバンナイズ製ソフトケースのセット

新進気鋭の「AROMA」が実現した夢のDAC内蔵ポタアン

 AROMAは香港発のオーディオメーカーで、12ドライバーのBA型ユニバーサルIEM「Witch Girl 12」を発売したことで注目を集めた。

 しかし同社の最初の製品はポータブルヘッドフォンアンプ「A10」である。小型化による弱点とされている電源部に着目して、±15Vの電圧を供給する独自回路を設計。パワフルな音を実現した。A10は純粋なアナログ増幅アンプだったが、彼らが目指していたのはDSD11.2MHz(DSD256)、PCM384kHz/32bitに対応したポータブルDAC内蔵ヘッドフォンアンプ「Nebula N10」の製品化である。

ポタフェス 2016
「Nebula N10」は変換ケーブルで『iPhone 7 Plus』と接続可能

 これまで何度、試作機が展示されてきたが、今回はデザインも決定した最終版である。価格は未定だが発売は2017年初頭を予定する。

 「AROMA」らしく電源部にこだわった設計で、アナログ段とデジタル段で合計4個の独立した電源回路を搭載した。多段高性能リニアレギュレータを使い、電解コンデンサーなどにオーディオグレード部品を使っている。出力はφ3.5mmアンバランスとφ2.5mmバランスに対応。3.5mmをラインアウトに使うと『Nebula N10』はUSB/DACとして働きアンプ段は自動的にシャットダウンする設計。DACアンプモードで8時間、DACモードで10時間、アンプモードで15時間駆動、充電時間は6時間である。

ポタフェス 2016
Micro-USBは入力用と充電用が独立
ポタフェス 2016
バランス&アンバランス出力、ライン入出力がある

 音はとてもパワフルで充電池で駆動するポタアンで鳴らしているとは到底思えない中低域の厚みがある。なめらかな音で音楽を楽しめるが、バランス接続にしてみると音場感が向上してハイレゾらしい空間も感じられる。また、さらにフォーカスが合って音が鮮明になることも分かった。これは傑作の予感がする。

リアルウッドを採用したウォームでなめらかな音のDAP

 DAPにはアルミやチタン<4098>合金、ドライカーボンなどのハイテク素材が使われることが多い。しかし、Echobox「The Explorer」はマホガニーやウォールナットの無垢材を削り込んで作ったボディにカラー液晶パネルが埋め込まれている。

ポタフェス 2016
Echobox「The Explorer」はAndroidOSで動く

 ボディー上部にダイヤル式のコントローラーがあり、液晶画面と逆側にすると携帯用酒容器のスキットルを模したデザインであることが分かる。非常にユニークな発想で、きっと日本人なら思い付いても製品化まで漕ぎつけないだろう。

 DACはバーブラウンのPCM1792を採用。PCM192kHz/24bit対応でDSD2.8MHzまで再生可能。出力は3.5mmステレオミニと丸型の光デジタルに対応予定。64GBの内蔵メモリーに加え256GBまでのmicroSDカード、Wi-FiとBluetooth対応。

ポタフェス 2016
左からメープル、マホガニー、ブラックウォールナット

 その音は見た目の予想を裏切らず、ウォームで厚みがあるもの。中低域はドッシリと安定しており、高域は解像度が高まってボーカルのニュアンスが分かる。ハイレゾ再生を考えると、粒立ちが良く、クッキリとコントラストのある音が好まれるが、「Explorer」の音は我が道を行く感じだ。聴き疲れがせずに音楽が楽しめるのでBGMを流すのにも適しているだろう。発売は2017年で価格は7万円弱ぐらいになりそうとのことだ。

Bluetoothの高音質化がもたらす世界

 アップルの「iPhone 7」ではイヤフォン端子が消えて、純正イヤフォンがBluetooth対応モデルになった。このことからも、これからのイヤフォン&ヘッドフォンにとってワイヤレス化が重要であることは明らかだ。消費電力の少ないBluetoothは以前からイヤフォンに採用されてきたが、標準コーデックの音質が悪いという弱点があった。これを改善するためAACやaptXが生まれ、LDAC、aptX HDへと進化を続けている。今回も多くのBluetooth対応イヤフォンが展示されたが、中でも印象深かったのがKlipschの「R6 Neckband」と「X12 Neckband」である。

ポタフェス 2016
左が「R6 Neckband」、右が「X12 Neckband」

 X12 Neckbandは、同社独自のシングルBA型ドライバーKG-926を採用。有線部分はまさしく「X12」そのもので、その先に大型バッテリーを内蔵したネックバンド部分があるデザイン。首元にはコントローラーがありスマホの通話機能などが使える。音質は期待を裏切らず、ウォームでなめらかな高域とシングルBA型とは思えない豊かな低域、そしてBA型らしい音場感をワイヤレス伝送で再現してくれる。「R6 Neckband」は公式ストア価格1万9440円というハイコスパを実現。

 イヤフォンの主流がBluetoothになる日がそう遠くはないと気付かせてくれた。

ハイエンドイヤフォンにユニバーサルIEM化の波が来た!

 イヤモニのハイエンドと言えば、カスタムIEMと相場が決まっていた。シリコンで耳型を採り、数ヵ月待ってから完成する世界にオンリーワンの1品だ。

 しかし、最近ではカスタムIEMメーカーが、同じ構成のユニバーサルIEMを発売するケースが増えてきた。カスタムIEMはフィット感が最高だが、作るのに手間と時間がかかり、その分、高価格にならざるを得ない。もっとハイコスパ&短時間で高音質なIEMを届けたいという思いが、ユニバーサルIEMを進化させた。

 3Dプリンタの登場によって、マルチBAドライバーを収める複雑なハウジングが量産できるようになり、またフィット感を高めるためのネック角度の実現やボディの小型化にも貢献している。

ポタフェス 2016
JH Audio「JH13 V2 PRO UNIVERSAL IEM」

 JH AudioのユニバーサルIEM「PERFORMANCE SERIES」を見ればそれが分かるだろう。「JH13 V2 PRO UNIVERSAL IEM」は低域2、中域2、高域4の合計8ドライバーを搭載するモデルだ。ワイドレンジでボーカルの粒立ちが良く、クッキリした輪郭の音でノリがいい。8ドライバーとは思えない音像定位の良さも健在で、さすがJH Audioと思わせてくれる。

ポタフェス 2016
JH Audio「ROXANNE UNIVERSAL IEM」

 「ROXANNE UNIVERSAL IEM」は低域4、中域4、高域4の12ドライバーを使いさらに低域に量感たっぷりの音で楽しませてくれる。これらのSERIESの製品は以前に比べハウジングが小型軽量化され女性でも無理なく装着できるように改良されている。

独特な振動板がウリの台湾oBravo

 一方、AMT(Air Motion Transfer)をツイーターにウーハーにダイナミック型を使ったユニークなハイブリッド型ユニバーサルIEMを作っているのが台湾のoBravoである。ハイエンドは直径16mmウーハーを搭載した2ndジェネレーションモデル。ステンレス製と真鍮製の試作機を展示していた。

ポタフェス 2016
oBravoの真鍮を使ったAMTハイブリッドモデル
ポタフェス 2016
右側が製品に使う予定の銅製のハウジング
ポタフェス 2016
響きが硬質に聞こえたステンレスハウジングのモデル

 試聴してみるとステンレスは響きが硬質でいただけない。真鍮製の響きが女性ボーカルにしっくりきた。どちらも広大な音場空間が拓けるバランス接続で聴いている。設計者でCEOのDavid Teng氏にそう感想を伝えると、彼はウインクしながらみんなそう言うんだよ笑った。真鍮製は耐久性などに問題があるため、製品はカッパー(銅)を使うとのことで、そのハウジングの画像を見せてくれた。銅にはハードコーティング施して絶対に酸化させないそうだ。

アスキー
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 12月29日(木)10時00分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】