なんと約12時間駆動! 第7世代i5搭載「HP ENVY15」は美しい高コスパノートだ!!

アスキー 2016年12月29日(木)10時00分配信
第7世代i5で快適! 美しい高コスパノート「HP ENVY15-as100」レビュー

 日本HPから、15.6型液晶ディスプレーを搭載したノートPC「HP ENVY15-as100」(以下、「ENVY 15」)が発売された。アルミニウム削り出し加工による高級感あるボディを採用しつつ、スペックも注目に値するもので、第7世代(Kaby Lake)のCore i5-7200U(2.5GHz/TB時最大3.10GHz)、8GBメモリー、256GBのPCIe NVMe M.2対応SSD+1TB HDDとなっている。しかも、直販サイト「HP Directplus」で税別9万9800円からとリーズナブルな価格を実現しているのが大きな特徴だ(しかも、2017年1月15日まで年始年末キャンペーンを開催しており、より手に入れやすいキャンペーン価格が設定されている)。「ENVY 15」のデザイン、性能、価格のバランスの良さには満足する方は非常に多いのではないだろうか。

第7世代i5で快適! 美しい高コスパノート「HP ENVY15-as100」レビュー
日本ヒューレット・パッカードの「HP ENVY 15-as100」

 今回は、同サイトでオプションとして販売されている「Microsoft Wireless Display Adapter」を一緒に試すことができたので、その使い勝手を含めて「ENVY 15」をレビューしよう。

マイクロソフト、ワイヤレスディスプレーアダプター
「Microsoft ワイヤレス ディスプレイ アダプター」

1枚のアルミ板から削り出した、上質なユニボディデザイン

 日本HPの「ENVY 15」は、同社の個人向けパソコンの中では上級機に位置付けられるモデル。素材にまでこだわった上質なデザインと性能の高さが特徴で、最小構成時に税別9万9800円からと比較的リーズナブルな点も大きな魅力になっている。

 トップカバーやボトムケースは1枚のアルミ板から削り出して成型されており、見た目が美しいだけでなく、たわみや曲げなどにも強い。ボディカラーはシルバーで統一されているが、部分的にクローム加工やダイヤモンドカット加工などが施されていて、メリハリのあるデザインになっている。また、スピーカー部のパンチング穴も単なるドットではなく幾何学的なパターンになっており、製品に洗練された趣を加えている。ちなみに、排気口はヒンジ部に隠れるように配置されており、使用時に目に入りにくいだけでなく、排気が手や膝にかかるのを防いでくれる。

第7世代i5で快適! 美しい高コスパノート「HP ENVY15-as100」レビュー
トップカバーはアルミニウムで金属ならではの上質な手触り
第7世代i5で快適! 美しい高コスパノート「HP ENVY15-as100」レビュー
ボトムケースもアルミニウムの削り出し。凹凸の少ないフラットで美しい底面になっている
第7世代i5で快適! 美しい高コスパノート「HP ENVY15-as100」レビュー
背面のヒンジ部はクローム加工が施されている
第7世代i5で快適! 美しい高コスパノート「HP ENVY15-as100」レビュー
スピーカーグリルはトライアングル状のパターンになっている
第7世代i5で快適! 美しい高コスパノート「HP ENVY15-as100」レビュー
排気口はヒンジとディスプレーの間に隠れるように配置されている

 ディスプレーを開くと、ヒンジ部がボディ下に入り込み、本体奥側を少し押し上げる仕組みになっている。そのためキーボード面に角度がつき、机上で作業する際もタイピングしやすくなる。こういったこだわりは、特に長時間文字を入力する際にはありがたい。

第7世代i5で快適! 美しい高コスパノート「HP ENVY15-as100」レビュー
ディスプレーを開くとヒンジが本体の下に入り込み、本体奥側を少し押し上げて傾斜をつけてくれる
第7世代i5で快適! 美しい高コスパノート「HP ENVY15-as100」レビュー

長文入力時も疲れにくく打ちやすいキーボード

 キーボードはバックライト付きで、キーピッチが約18.8mm、キーストロークが約1.5mmと、余裕のあるつくりになっている。キー配列も標準的で特定のキーが押しづらいこともなく、長文入力時も疲れにくく感じた。なおタッチパッドはクリックボタン一体型で、押し込む際にやや硬い印象があるものの、面積が広いため操作自体は行ないやすい。この辺りは使っていくうちに慣れていくはずだ。

第7世代i5で快適! 美しい高コスパノート「HP ENVY15-as100」レビュー
キーボードはキーピッチが約18.6mm、キーストロークが約1.5mmで、テンキーも標準搭載されている
第7世代i5で快適! 美しい高コスパノート「HP ENVY15-as100」レビュー
キーボードはバックライトが内蔵されており、暗所でキーの文字が光る
第7世代i5で快適! 美しい高コスパノート「HP ENVY15-as100」レビュー
第7世代i5で快適! 美しい高コスパノート「HP ENVY15-as100」レビュー
タッチパッドはクリックボタン一体型。エッジにダイヤモンドカット加工が施されている
第7世代i5で快適! 美しい高コスパノート「HP ENVY15-as100」レビュー
本体左側面には、セキュリティロックケーブル用スロットとUSB 3.1×2が搭載されいている

 液晶ディスプレーはフルHD(1920×1080ドット)のIPSパネル。最近のノートPCとしては標準的な解像度で、色再現性や階調表現力が高く鮮やかな原色や微妙なグラデーションも自然な感じで再現された。

 インターフェースは、USB 3.1を3基搭載(うち1ポートは電源オフUSBチャージ機能にも対応)するほか、USB Type-C 3.1とHDMI、LAN、ヘッドフォン出力/マイク入力コンボポート、SDカードスロットを各1基装備している。スピーカーは高級オーディオブランドのBang & Olufsenとの共同開発によるもので、低域から高域までバランスのよいサウンドを楽しむことが可能だ。

第7世代i5で快適! 美しい高コスパノート「HP ENVY15-as100」レビュー
本体右側面には、ヘッドフォン出力/マイク入力コンボポート、USB Type-C 3.1、SDカードスロット、HDMI出力、USB 3.1(電源オフUSBチャージ機能対応)、電源コネクターが搭載されている
第7世代i5で快適! 美しい高コスパノート「HP ENVY15-as100」レビュー
高級オーディオメーカーのBang &#38
第7世代i5で快適! 美しい高コスパノート「HP ENVY15-as100」レビュー

「Microsoft Wireless Display Adapter」が便利

 「Microsoft Wireless Display Adapter」とは、製品名の通り、PCやスマートフォン、タブレットなどのデバイスの画面をワイヤレスで外部ディスプレーに映し出すことのできるアダプターだ。見た目は短いケーブルそのものだが、内部には無線LANをはじめ様々な機能が詰まっている。ケーブルの両端にはHDMIコネクタと給電のためのUSBコネクタが搭載されており、それぞれディスプレーのHDMIポートとUSBポートに差し込むだけでセットアップが完了する。USBポートがないディスプレーの場合は、USB電源アダプターやモバイルバッテリーなどのUSBポートに繋いでもOK<3808>だ。

第7世代i5で快適! 美しい高コスパノート「HP ENVY15-as100」レビュー
「Microsoft Wireless Display Adapter」
第7世代i5で快適! 美しい高コスパノート「HP ENVY15-as100」レビュー
付属のUSB延長コード
第7世代i5で快適! 美しい高コスパノート「HP ENVY15-as100」レビュー
「Microsoft Wireless Display Adapter」に延長コードをつけたところ
第7世代i5で快適! 美しい高コスパノート「HP ENVY15-as100」レビュー
「Microsoft Wireless Display Adapter」のHDMIコネクタとUSBコネクタをディスプレーのポートに装着する
第7世代i5で快適! 美しい高コスパノート「HP ENVY15-as100」レビュー
USBコネクタはモバイルバッテリーなどにつなげてもOK<3808>
第7世代i5で快適! 美しい高コスパノート「HP ENVY15-as100」レビュー
HDMIポートを搭載するプロジェクターなどにも利用できる

 「ENVY 15」で使用する場合は、Windowsのアクションセンターから「接続」を選ぶとアダプターの名称がリストに表示されるので、それを選択すれば自動的に接続される。面倒な事前設定やネットワーク設定などは不要で、初めてでも簡単に使い始められるのがうれしい。

第7世代i5で快適! 美しい高コスパノート「HP ENVY15-as100」レビュー
Windowsのアクションセンターから「接続」を選ぶとアダプターの名称がリストに表示される
第7世代i5で快適! 美しい高コスパノート「HP ENVY15-as100」レビュー
アクションセンターの「接続」でアダプターの名称を選ぶと自動的に接続する

 接続されると、「ENVY 15」の画面が外部ディスプレーにそのまま表示される。ワイヤレスなのにまるでHDMIケーブルで「ENVY 15」とつないでいるかのように自然な感覚で使用することが可能だ。

第7世代i5で快適! 美しい高コスパノート「HP ENVY15-as100」レビュー
接続が完了してENVY 15の画面が外部ディスプレーに表示されたところ

 実際に使ってみたところ、遅延も少なく有線で外部ディスプレーをつないでいる場合とほとんど変わらない使い勝手だった。筆者の環境は、常時数十のアクセスポイントがあって電波干渉が起きやすいせいか最初の接続に若干時間がかかることがあったが、一旦つながってしまえば後はほとんどの場合安定して使うことができた。

 ワイヤレスのよさは、当たり前だが、外部ディスプレーを使う際にいちいち「ENVY 15」とケーブルでつながなくてもすむ点にある。とくに映像出力端子が手の届きにくい背面にあるディスプレーやテレビ、天吊りしたプロジェクターなどに「ENVY 15」の画面を映し出したい場合に便利。通常は「ENVY 15」をノートPCとして持ち歩き、自宅やオフィスに戻り外部ディスプレーに接続して大画面で作業するときなどに使うとスマートだ。

 表示モードは「切断」、「複製」、「拡張」、「セカンドスクリーンのみ」の4モードある。このうち「複製」は、「ENVY 15」のディスプレーと外部ディスプレーに同じ画面を映し出すことができるモード。「拡張」は「ENVY 15」と外部ディスプレーの画面を一続きのデスクトップとして使うことができる、いわゆるマルチディスプレー環境を構築できるモード。「セカンドスクリーンのみ」は「ENVY 15」の画面をオフにし、外部ディスプレーにだけ表示するモードだ。

第7世代i5で快適! 美しい高コスパノート「HP ENVY15-as100」レビュー
表示モードは「切断」、「複製」、「拡張」、「セカンドスクリーンのみ」の4モードある

 単純に外部ディスプレーの大画面で作業したい場合は「複製」か「セカンドスクリーンのみ」を選び、複数のディスプレーで作業効率をあげたい場合は「拡張」を選ぶという具合に使い分けるといいだろう。いずれのモードもリストから選ぶだけで簡単に切り替えられるので、プレゼンや社内会議などでプロジェクターや外部モニターを使う場合には特に便利そうだ。

第7世代i5で快適! 美しい高コスパノート「HP ENVY15-as100」レビュー
「拡張」モードで表示させたところ。ENVY 15の画面からはみ出したウィンドウの一部が外部ディスプレーの方に表示されているのがわかる

 ちなみに、Windowsストアで専用アプリが無料配信されており、インストールすることで様々な設定が可能になる。アプリがなくても基本的な機能は使用できるが、アプリにはファームウェアの更新など重要な機能も含まれているのでインストールしておいた方が良いだろう。

第7世代i5で快適! 美しい高コスパノート「HP ENVY15-as100」レビュー
専用アプリの画面。各種設定を行える
第7世代i5で快適! 美しい高コスパノート「HP ENVY15-as100」レビュー

第7世代(Kaby Lake)ベースのCore i5を搭載

 今回試用したモデルは、第7世代(Kaby Lake)のIntel Core i5-7200U(2.5GHz/TB時最大3.10GHz)と、8GBメモリー(PC4-2133)、256GBのPCIe NVMe M.2対応SSDおよび1TB HDDという構成になっていた。グラフィックスはCPU内蔵のIntel HD Graphics 620(CPU内蔵)だ。いったいどのくらいのパフォーマンスがあるのだろうか。

 そこで、いくつかのベンチマークを実行して性能を測ってみることにした。まず、Windows 10のシステム評価ツール「WinSAT.exe」を実行してみたところ、次のような結果になった。

第7世代i5で快適! 美しい高コスパノート「HP ENVY15-as100」レビュー
WinSAT.exeの結果。全体に高めのスコアとなった

 グラフィックス以外はいずれも「7.5」を超えるスコアで、基本性能がかなり高いことがわかる。特にプライマリディスク(PCIe NVMe M.2対応SSD)のスコアが「8.85」と良い。

シーケンシャルリードが「1000MB/s」、PCIe NVMe M.2対応ならではの結果を叩き出す

 そこで「CrystalDiskMark」でSSDの性能を計測してみたところ、表のようになった。PCIe NVMe M.2対応ということもあってシーケンシャルリードが「1000MB/s」、ライトも「300MB/s」を超えるなど、非常に高速だ。OSの起ち上がりなどに影響する4Kランダムの値も高く、実際電源オフからの起動やアプリの起動も非常に高速だった。

第7世代i5で快適! 美しい高コスパノート「HP ENVY15-as100」レビュー
CrystalDiskMarkのベンチマーク結果

「PCMARK 8 HOME ACCELERATED」「3DMARK」

 続いて「PCMARK 8 HOME ACCELERATED」では、下図のようにスコアが3294となった。日常的な作業を快適にこなす性能を持っていることがわかる。

第7世代i5で快適! 美しい高コスパノート「HP ENVY15-as100」レビュー
PCMARK 8 HOMEのベンチマーク結果

 同様に、「3DMARK」も試してみたところ、高性能PC向けの「FIRE STRIKE」が695、ミドルレンジPC向けの「SKY DIVER」が3332、普及帯PC向けの「CLOUD GATE」が5227、モバイルデバイス向けの「ICE STORM Extreme」が30176、「ICE STORM」が43340となった。CPU内蔵GPUということもあり、グラフィックスはそれほどパフォーマンスが高いわけではないが軽めのゲームなら楽しめそうなスコアではある。

第7世代i5で快適! 美しい高コスパノート「HP ENVY15-as100」レビュー
3DMARKのベンチマーク結果

ドラクエベンチ、FFベンチもチェックしてみた

 そこでゲーム系のベンチマークを試してみた。まずドラゴンクエストX ベンチマークソフトでは、次の結果になった。

第7世代i5で快適! 美しい高コスパノート「HP ENVY15-as100」レビュー
ドラゴンクエストX ベンチマークソフトの結果

 続いて、「ファイナルファンタジー XIV 新生エオルゼア ベンチマーク キャラクター編」では次の結果になった。

第7世代i5で快適! 美しい高コスパノート「HP ENVY15-as100」レビュー
ファイナルファンタジー XIV 新生エオルゼア キャラクター編 ベンチマーク結果

 解像度や品質を妥協すれば、ある程度負荷の高いゲームでもそれなりにプレイできるようだ。文書作成や写真編集といった日常的な作業の合間にちょっとしたゲームを楽しむには十分だといえるだろう。

第7世代i5で快適! 美しい高コスパノート「HP ENVY15-as100」レビュー

バッテリー駆動時間テストの結果は、なんと「約11時間59分」

 ちなみに本製品のバッテリー駆動時間は、カタログ値で最大約11時間となっている。そこでバッテリーベンチマークソフト「BBench」を使って実際にどのくらい持つのかを計測してみた。なお、BBenchは「60秒間隔でのWeb巡回」と「10秒間隔でのキーストローク」に設定し、満充電状態から電源が落ちるまでの時間を計っている。

 その結果、電源プランで「省電力」を選び、画面の明るさを40%にした場合、公称値を超える約11時間59分の駆動が可能だった。これだけ持てば長時間の会議やプレゼンでも安心だし、一泊程度の出張や旅行ならACアダプターなしでも乗り切れそうだ。

第7世代i5で快適! 美しい高コスパノート「HP ENVY15-as100」レビュー
ACアダプターは比較的コンパクト

性能のバランスに優れた上質なノート

 ここまで見てきたように、HP ENVY15-as100は、上質で美しいアルミニウムボディに、15.6型IPS液晶ディスプレーや第7世代インテルCore i5プロセッサー、高速・大容量ストレージ、Bang & Olufsen共同開発の高品位スピーカーなどを搭載しながら、10万円を切る価格を実現した高コスパノートだ。加えて12月27日から、さらなる高性能を求めるユーザー向けに、第7世代Core i7を搭載した上位モデル(直販価格12万4800円/税別から)も販売が開始されたので「HP Directplus」をチェックしてみよう。この上位モデルも、2017年1月15日までの年始年末キャンペーン対象に含まれており、なかなか魅力的なキャンペーン価格が設定されているのだ。

 光学ドライブやLANポート、VGA端子が省かれているなど、ビジネスシーンでの運用を考えると若干惜しい点はあるものの、CPUやストレージのパフォーマンス、バッテリーの駆動時間などトータルで考えると性能のバランスはかなり良いといえる。今なら直販サイト「HP Directplus」でポータブルブルーレイドライブやワイヤレス ディスプレー アダプターが付属するモデルがリーズナブルに手に入るので、光学ドライブを使う機会が多い人や、外部ディスプレーで作業したい人は、ぜひ注目してみてほしい。

第7世代i5で快適! 美しい高コスパノート「HP ENVY15-as100」レビュー
コストパフォーマンスに優れた日本HPの「ENVY15」
第7世代i5で快適! 美しい高コスパノート「HP ENVY15-as100」レビュー
アスキー
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2016年12月29日(木)10時00分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】