見た目がアレに似てる!? Android搭載のオールインワンVRデバイス

アスキー 2016年12月29日(木)10時00分配信

 見た目がちょっとアレに似ている、Android搭載のオールインワンVRデバイス「VR All-in-one」(型番:BL-Q24)がJan-gle秋葉原本店に入荷している。ショップいわく「メーカー不詳」というノーブランド扱いのアイテムだ。

VR
VR
どことなくPSVRのように見える、インスパイア系のVRデバイスが登場。Androidを搭載し、単体でVRコンテンツを楽しめる

 Android 5.1ベースの独自OSを搭載し、単体でVRコンテンツが楽しめるというオールインワンタイプのVRデバイスが登場。見た目はソニー<6758>の大ヒットVRゴーグル「PlayStation VR」を思わせるデザインという、ちょっと怪しげなアイテムだ。

 内部のディスプレーはフルHD解像度の5.5型サイズ。Androidスマートフォンを装着したVRゴーグルと同感覚で各種VRコンテンツを楽しめる。両サイドに搭載する操作ボタンのほか、OTG対応のUSBポートに接続した入力デバイスで操作できると思われるが、詳細は不明だ。

VR
VR
パッケージには、ゴーグル本体とバンドが分離した状態で同梱。操作は両サイドのボタンを使用する

 主なスペックは、プロセッサーがクアッドコアのRockchip RK3288、メモリー2GB、ストレージ16GBなど。外部ストレージは最大64GBのmicroSDXCに対応、ネットワークはBluetooth 4.0、IEEE802.11acの無線LANをサポートしている。インターフェースは、microUSB、USB、microSDスロット、miniHDMIなど。

 Jan-gle秋葉原本店にて、2万6800円(税抜)で販売中。安価にPSVR気分(?)を味わってみたいという、ガジェットマニアにオススメだ。

VR
VR
フルHDの5.5型ディスプレーやクアッドコアSoC、2GBメモリーなどを内蔵。ボトム部分には各種インターフェースを備え、USBデバイスを接続することもできる
アスキー
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2016年12月29日(木)10時00分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】