【価格調査】低価格品の品切れが目立つ、品切れで高騰も

アスキー 01月03日(火)17時00分配信
サハロフ
これがサハロフさんのWebページ。土曜の調査の翌日には速報版が掲載されるので、日曜の買い物の参考になるぞ

 サハロフ佐藤さんが、毎週土曜日にアキバのPCショップ各店を実際に回り、調査を行なった価格情報を毎週火曜日前後に掲載する本コーナー。

 本ページ内に掲載している「最低価格」は、文字どおりサハロフ佐藤さんが知り得た最も安い価格。そして、「目標価格」はアキバでも比較的知られているいくつかのショップでの価格だ。秋葉原に不慣れな人でも見つけることができるはずなので、目安にするといいだろう。

 価格は常に変動しており、掲載したリストはあくまで調査した時点での価格である。現在もこの価格で販売されていることを保証するものではないので、ご注意いただきたい。なお記載の価格はすべて8%の消費税込みとなる。

CPU

インテルが2~5%以上値上がり
安値品の品切れで高騰も

AMD、A8シリーズの最上位モデル「A8-7670K」を発表

 インテルの値上がりが目立ち、上位から下位まで平均2~5%以上の上昇が見られる。

 一部モデルでは特価や処分価格の終了などにより、「Core i7-6900K」の最安値が1万0500円高の12万3480円に急騰したのをはじめ、「Core i7-6700K」が4514円高の3万8858円、「Core i5-6500」が1803円高の2万2600円、「Pentium G4520」が2258円高の1万238円となるなど、最安値が大幅に上昇した。ただし、末尾Tの省電力モデルは、今回調査ではほぼ横ばいだ。

 AMDはFXシリーズが横ばい、Aシリーズは「A8-7670」が前週比540円安の1万886円に下がったほか、「A6-7470K」が7000円割れとなっている。

メモリー

デスクトップPC向けDDR3が下落
DDR4 8GB×2枚組が特価で7000円割れ

【売上ランキング】第6世代Coreシリーズ自作に必須のDDR4

 デスクトップPC向けDDR3が上昇から一転し、2枚組の平均価格が3.5~5.8%下落した。PC3-12800 8GB×2枚組は特価で8580円を付けている。

 DDR4はPC4-17066 8GB×2枚組で特価6970円が出ており、平均でも354円(3.8%)下がっている。このほかは上昇と下落が混在し、方向感のない値動きだ。

HDD

WD Blue(5400)とRedが上昇傾向
Seagate製2.5インチSSHDの2TBが品薄

「WD Blue」に移行された元「WD Green」シリーズの販売が始まる

 Western DigitalのBlue(5400)とRedが上昇傾向で、このうち「WD30EZRZ」(3TB)は最安値が横ばいながら、平均では514円(6.8%)の上昇を記録した。東芝<6502>やSeagateは在庫店数がやや減少しており、こちらも値上がりが散見される。

 2.5インチでは、SSHDのSeagate「ST2000LX001」(2TB)が品薄だが、現在のところ価格はほぼ横ばいだ。

SSD

CFDから東芝製SSD採用の軽量モデル発売
低価格品の品切れが目立つ

東芝製ドライブを採用した軽量タイプの240GB SSDがCFDから発売

 本体の軽さが特徴の2.5インチ新製品、CFD「CSSD-S6T240NMG2L」(240GB)が発売された。東芝製TLCタイプNANDフラッシュメモリーを採用し、最安値は7441円となっている。

 価格面では、Crucial MX300が続騰し、特に1050GBは品薄で3000円近く上昇した。このほかLongsys、Netac、PNYなど低価格品の品切れが目立つ。一方、SM961の256GBが特価で2万1578円、SanDisk Ultra IIの960GBが1061円安の2万7980円となるなど、一部では値下がりも見られる。

アスキー
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 01月03日(火)17時00分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】