SAOとベンチャーのコラボ企画を実施 応募まってます

アスキー 01月07日(土)09時00分配信

鈴木:新年あけましておめでとうございます!

北島:今年もよろしくお願いいたします。いろいろ仕掛けて盛り上げがんばっていきますよ。

世界最大のIT展示会CESにベンチャーも参加多数

鈴木:新年早々、業界的にはCESが盛り上がっていますね。ソーシャル上でしかチェックはできていませんが、ベンチャー関係者の方々も次々とラスベガス入りしているようです。

北島:国内外のニュースメディアもどしどし記事上げてわいわいしてますね。ASCIIでも随時特集記事が更新されてます。

ASCII STARTUP週末かわら版

鈴木:まずは大手企業のプレカン情報が上がってきていますが、徐々にshow stopperや個別ブースといった、ベンチャーの最新おもしろガジェットの情報なども上がってくると思います。

北島:発表の規模がでかすぎてとてもベンチャーまわりだけを追い切れる状況ではないと。。。

鈴木:わたくしもCES取材は行ったことありますが、まず会場が広大で、大手企業だけでも回りきれないほどの規模なので、どうしてもベンチャー取材は難しいイベントではありますね。それだけにアスキースタートアップとして取材に行ければ、ベンチャーから回れるのですが。。。来年こそは!

北島:たしかにベンチャー関連エリアの規模自体は拡大しているというか、目玉にもなってますからね。来年ぜひ!

CES 2017レポート(関連記事)

ソードアート・オンラインとベンチャーのコラボ企画がっ!

SAO Future Lab
©2016 川原 礫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊/SAO MOVIE Project

北島:こちら、『SAO』とのコラボ案件昨年末に発表しました。ASCII STARTUPによるベンチャー・スタートアップ支援コラボ企画として、まずは参加企業を公開募集します! ざっくり概要お知らせしますと、10年先のプロダクトを届ける「SAO Future Lab」という企画で、ベンチャー企業と一緒にSAO関連商品を作って送り出す! というものになってます。詳しいところは下記の記事にて。

『ソードアート・オンライン』の世界を実現させる、未来テクノロジーベンチャー企業を募集!(関連記事)

鈴木:これは業界手にも大きな話題になっていましたね。単体で企画についての取材申し込みも別メディアからあったようですし。

北島:プロジェクトの幅は広くしたいので、日本以外のベンチャーが参加しても面白いと思っています。ま、技適とかいろいろどうするのかは置いておいて。

鈴木:SAOとベンチャーで近未来をつくってもらいたいですね。そして3月21日に開催が迫っている、次回のIoT H/W BIZDAYのブース出展ベンチャーの募集も引き続き行なっております。

北島:ASCIIならではの来場者との濃いビジネスコミュニケーションができますので、こちらも申し込みはお早めに。

ASCIIのIoTお祭りビジネスイベント、出展ベンチャー募集!【2017/3/21開催】(関連記事)

来週のガチ鈴木

北島:2017年始動なわけですが、いったい何から始まる形ですかね。

鈴木:毎年恒例になってきている、スペースマーケットさんとテックインアジアさん主催のイベント“スタートアップ祈願会”が増上寺で行なわれます。

北島:そのほか大物イベントはなさそうだけど……。

鈴木:気になるところでは、東京駅に新しくできるスタートアップハブ施設“Startup Hub Tokyo”がオープンするので、見学に行ってきます。毎朝経由して通勤しているので、ここが盛り上がってくれたら楽だなぁ。

北島:そろそろ更新された施設まとめがほしいですね。心から。

鈴木:4月までに、つくりましょう!(←宣言しちゃいました)

北島:では、まずは募集をしてみますかね。こちらの記事をご覧いただいたスタートアップのインキュベーション施設関係者の方でまとめ掲載をご希望される場合は、下記までご連絡をお待ちしております。メールアドレスか、Facebookページまでどうぞ。

ASCII STARTUP Facebookページ

ASCII STARTUP週末かわら版

今週のひと言
鈴木:ありきたりなネタだけど、新CPUの発売直前に調子悪くなるウチの自作マシン。
北島:正月でやっと『この世界の片隅に』見れました。

ASCII STARTUP週末かわら版
アスキー
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 01月07日(土)09時00分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】