アナログ技術の金字塔、パナソニックの一膳炊き鍋が最高だった

アスキー 2017年01月12日(木)12時00分配信
アナログ技術の金字塔、パナソニックの一膳炊き鍋が最高だった
散らかり放題の机の上に現れた救世主、美味しく一膳炊ける炊飯器「SR-03GP」

 世の中、一人暮らしの結婚しない男女が増えています。かく言う私もその一人であり、正確に言えばあんな面倒なもの二度とやるか、そんな気分であります。もちろん戸籍がクリーンなみなさんの中にも、似たような方は世代性別を問わず大勢いらっしゃる、はず。

 しかしながら、現在未婚で一人暮らしの若い方々も含め、このまま結婚しない人生を選択し続けるとその先に待ち受けているのは、独居老人としての未来であります。そこで暗澹たる気分になる。これは無理もない。

 ですがみなさん、そんな我々の選択は世間的にも堅いトレンドのようです。この先、独居老人は増え続ける一方。なにしろ核家族化が進むだけ進んで、婚姻率が下がり続けているのだから当たり前です。ここで内閣府発表の資料をごらんください。

アナログ技術の金字塔、パナソニックの一膳炊き鍋が最高だった
平成26年版高齢社会白書(概要版)より。画像をクリックすると内閣府のページが閲覧できます

 単独世帯、つまり一人暮らしが全体に占める割合は、1980年は10.7%だったのに対し、2013年では25.6%(図1-2-1)。高齢者に限って言っても、一人暮らしはこの先もますます増え続けると推計されています(図1-2-2)。

 これでVRが普及したりなんかしたら、ますます人々は結婚から遠ざかるでしょう。その先にはハクスリーの「すばらしい新世界」のような未来が待ち受けているのかもしれません。ですが、あれだって必ずしもディストピアとは言い切れない、悪いような悪くないような、来てもいいけど来なくてもいいような、なんとも言いがたい未来だったはず。まあ、それまで国が存続していればの話ですが。

 さて、一人暮らしで大丈夫、と開き直っても明言はできない未来の話はさておき、私にはひとつ解決して欲しい問題があります。独居老人、およびその予備軍にとっての炊飯器事情であります。

 なぜ一膳だけ炊ける炊飯器はこうも選択肢が少ないのか。これだけ一人暮らしが増え続けているというのに。

 はい、前フリが面倒で申し訳ありませんでした。そこで登場するのが、パナソニック<6752>のミニクッカー「SR-03GP」というわけです。これを購入して早4ヵ月。私はもうこれなしの生活は考えられません。

一人暮らしに厳しい炊飯器事情

 我々が独居老人への道をひた走り続ける背景には、なにより一人暮らしが楽という事情があります。リスクもコストも最小限。なんでもお一人様向けに細かくパッケージされ、Amazonもあればヨドバシもあり、家に居ながら大抵のものは手に入る。そのせいでゴミは余計に出るし、エネルギーも余計に使うのかもしれませんが、なにより他人に気を使う必要がない。

 ご飯だってそうです。レンチンで一膳分がすぐ食べられる。便利ですよ。だけど、ご飯はやっぱり炊きたてが食べたい。しかも昔ながらの「はじめチョロチョロ、なかパッパ」で炊いた美味しいご飯が。

 だから、各社工夫をこらした炊飯器を作っているわけです。美味しければいくらでも出すというので、10万円を超えるような製品まである。家電をやるにあたって学ぶべきはまず炊飯機。中国の新興家電メーカーがそう言うくらいで、これにはさまざまな技術がつまっているのでしょう。

 ですが、主流は5.5合炊きか3合炊き。家族向けです。もちろん、それらの中には0.5合まで炊けると謳われている機種もあります。が、ちょっと物理的に無理がある。径の大きな鍋に、わずかな量の米と水を入れるものだから、フライパンで炊いているような状態。加熱しても対流が起きないものだから、結果としてムラムラのビチョビチョということになりがちです。

 2合くらい炊いて保温して小分けで食べればいいのでしょうが、2合も炊いたら確実に余るし、無理して食べたら一日の消費カロリーを上回る。だって我々は年寄りなんだから。

 これだけさまざまな技術力があるのに、なぜ一膳だけポンと炊ける炊飯器は登場しないのか。マーケティングは一体なにをやっておるのか。キミたち中国メーカーにやられるだけやられて平気なのか。衰退のフェーズに入った先進国には、それなりの市場があるかもしれないというのに。

 と、文句を言い続ける私に、一膳だけでも炊ける炊飯器として友人が勧めてくれたのが、このパナソニック<6752>の「SR-03GP」でした。IHでもマイコンでもなんでもないが、値段は5000円もしない。それで試しに買ってみたわけです。

 箱から取り出してみると、まず小さい。机の上に置いてみると、昭和の炊飯器のミニチュアのよう。内容物は本体、薄いアルミの内鍋、そしてガラス製のフタ。それに90mlの計量カップが付いてくる。どれも小さくてママゴトに使うおもちゃのよう。なんだかかわいい。えー、いいじゃないか。

アナログ技術の金字塔、パナソニックの一膳炊き鍋が最高だった
普通に言って昭和、おしゃれに言うとミッドセンチュリー感漂う風情
アナログ技術の金字塔、パナソニックの一膳炊き鍋が最高だった
付属する90ml(0.5合/一膳分)計量カップのこの小ささ
アナログ技術の金字塔、パナソニックの一膳炊き鍋が最高だった
思い切りメカニカルな押し下げレバー式炊飯スイッチ

 鍋の容積は0.27L。炊飯できるのは最大1.5合まで。十分です。円筒状の本体は高さ21cm、直径16cm。散らかった机の上にも、マウスを動かす程度のスペースがあれば難なく置けます。

 でもフタはただ内鍋に乗っけるだけの、普通の鍋のガラスフタ。圧力もなにもかからない。パワーはたったの200W。1000Wを超えるIH炊飯器の最大消費電力に比べると、アンダーパワーもいいところ。マイコン制御もなにもない。

 本当にこれで大丈夫なのか。単純すぎてかえって使い方がわからず、薄っぺらい取扱説明書を何度も読み直したほどです。でも、使ってみればわかる。そうした原始的な構造が、まさにこの製品の素晴らしい点であるわけです。

興奮と感動の炊きあがり

 とりあえずお米を炊いてみました。米を研ぐ。含水時間を30分ほど置く。0.5合なら「ガシャッ」と大きな音のするスイッチを押し下げ炊飯終了まで約17分。そこから15分ほど蒸らした後に茶碗によそう。

アナログ技術の金字塔、パナソニックの一膳炊き鍋が最高だった
0.5合のお米に、ほぼ同量の水
アナログ技術の金字塔、パナソニックの一膳炊き鍋が最高だった
フタをしてスイッチをガシャッ
アナログ技術の金字塔、パナソニックの一膳炊き鍋が最高だった
炊けました
アナログ技術の金字塔、パナソニックの一膳炊き鍋が最高だった
ちょうど一膳

 もちろん始めのうちは、何度か失敗しました。あまりになにもないので、最初はスイッチを切るのも手動なのだろうと、中の様子を見ながら自分で切っていたわけです。ところが放っておいたら、丁度いいところで勝手に切れる。温度スイッチは付いています。ああ、良かった。

 そして結果的に、最新のIH炊飯器に勝るとも劣らない程度に美味しく炊けている。スペック上の炊飯容量は「1合~1.5合」ですが、0.5合でも全然大丈夫。なにより良いのは、適度におこげがあること。大きな炊飯器でご飯を炊くと、均等にほぐさないとおこげが回ってこなかったりする。でも、これなら一膳に漏れなくおこげが全量付いてくる。おこげの香ばしさを独り占めできるお一人様、最高です。

アナログ技術の金字塔、パナソニックの一膳炊き鍋が最高だった
大切なおこげ部分です

 こうして美味しく炊けるのは、電源を入れてから温度スイッチが働くまでの加熱カーブが、よほどいい感じのチューニングなのでしょう。こんな単純な構造で立派なものです。これぞ家電設計の真髄、アナログ技術の金字塔。ああ、このご飯が好きなときに一膳だけ食べられるのか。これがあるなら死ぬまで生きよう。そんな希望さえわくほどです。大げさでもなんでもなく。

 その代わり人間のやることは増えます。米を研ぐ。水に浸して最低30分は待つ。「ガシャッ」とスイッチが切れたら、蒸らし時間をカウントする。それは最低限、やらなければなりません。おまけに保温機能がないので、炊き上がりの時間から逆算して炊き始め、炊き上がったら直ちに食べなければならない。

 でも、炊きたてが食べたいんだから、それでいいんです。それになんだか楽しい。水とお米の量が一定なら、加熱カーブとスイッチが切れるタイミングは同じなわけですから、ご飯の食味は、水の水温と含浸時間、炊飯時の水の量、むらし時間が決定します。そこしか調整のしようがないので、計測とフィードバックが大好きな中高年の趣味としても最適です。

 この炊飯器の魅力は、それだけではありません。シンプルな電気鍋に過ぎないという構造から、炊飯以外にもさまざまな調理に応用が効きます。「ミニクッカー」というマスコットネームは、まさにこの小型調理器としての側面を強調したものなわけです。しかも机の上で。

 次回はこのデスクトップクッキングの実例を挙げていきたいと思います。



アスキー
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年01月12日(木)12時00分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】