フルサイズで20コマ/秒! 最強のミラーレス一眼「α9」を触ってきた!

アスキー 2017年04月21日(金)16時30分配信
ソニー
「α9」

 ソニー<6758>は4月21日、ミラーレス一眼フラッグシップ機「α9」(ILCE-9)を発表。記者向けの製品体験会を開催した。α9の発売日は5月26日(予約は4月27日 10時から)で、ボディーのみの予想実売価格は54万円前後。

ソニー
手に持ったところ。本体サイズは幅126.9×奥行き63×高さ95.6mm、バッテリー込みの重量は約673g。フルサイズの「Exmor RS」センサーを初搭載
ソニー
センサー裏側にメモリーを搭載
ソニー
本体の基板。画像処理エンジンは最新の「BIONZ X」
ソニー
約369万画素という高精細な有機ELパネルを採用したEVF。ファインダー倍率は0.78倍、視野率は100%
ソニー
5軸に対応するボディー内手ブレ補正モジュール。最大5段分の補正効果を得られる

 メモリー搭載の積層型CMOSセンサー「Exmor RS」を35mmフルサイズではじめて搭載。従来機比で約20倍の高速読み出しにより、AF/AE追従で最大20コマ/秒の連写が可能となっている。連続撮影可能枚数は、圧縮RAWで約241枚、JPEGなら約362枚となる。

 有効画素数は2420万画素。感度はISO 100~51200まで設定できる。拡張設定ではISO 50~204800まで選択可能だ。

ソニー
本体上面。左にドライブモード、右にモードダイヤル、露出補正ダイヤルを備える。露出補正以外は中央ボタンでロック解除
ソニー
ドライブモードダイヤルの下に、AFモードの切り替えダイヤルがある。左下のボタンを押しながら回す
ソニー
ソニー
モニターはチルト式。タッチパネル氏でピント合わせや再生時の画像拡大などが可能だ
ソニー
本体側面。NFCに対応する
ソニー
ソニー
メディアスロットはデュアル構成。同時記録や振り分け記録が可能だ
ソニー
反対側には音声入力やmicroUSB、microHDMI端子などを装備する
ソニー
無線LANに対応するが、さらに有線LAN端子も装備
ソニー
本体背面。背面ダイヤルの上にある「マルチセレクター」でピント位置操作などが行ないやすい

 1/32000秒のシャッタースピードやセンサー像面の93%をカバーする693点の位相差AFが利用可能。14bitのRAWフォーマットの記録も可能だ。

ソニー
電子シャッター時はほぼ無音・無振動の「サイレント撮影」が可能

 電子シャッター時はシャッターレリーズ時にブラックアウトせず、連写時でも秒間60コマのライブビューを表示し続けられるほか、シャッター音と振動を極力なくすことで音を立てずに撮影できる「サイレント撮影」機能も搭載する。

 電子シャッターで動きのある被写体を撮影する場合、センサー読み出しの遅れによって歪みが発生する場合があるが、本機はセンサーからの高速読み出しにより歪みを抑えた写真が撮れるという。

ソニー
ソニー
4K30p(100M)での動画撮影に対応する
ソニー
ソニー
FTP転送も可能。有線/無線を選べる
ソニー
ソニー
感度設定は ISO51200(電子シャッター時はISO 25600)まで。拡張設定(複数枚連写合成ではない)でISO 204800まで選べる
ソニー
バッテリーは新規のものを採用。従来より2.2倍の容量となっている

縦位置グリップも登場! 充実のオプション製品

ソニー
4つのバッテリーを同時使用、同時充電できる「NPA-MQZ1K」。希望小売価格は税抜4万2000円
ソニー
縦位置グリップ「VG-C3EM」。希望小売価格は税抜3万5000円
ソニー
ソニー
縦位置グリップを装着したところ。バッテリーを2つ内蔵できる
ソニー
α7/9シリーズはボディーが小さいためグリップの長さが足りない、という意見を反映した「GP-X1EM」。過去の一部のα7シリーズも含め、グリップを延長できる。希望小売価格は税抜1万2800円
ソニー
同時に、G MASTERレンズとして超望遠ズーム<6694>「100-400mm F4.5-5.6 GM OSS」を発表。7月発売予定で、希望小売価格は税抜32万円

ライバルは他社のフラッグシップ一眼レフ

 本機はミラーレス一眼のフラッグシップというより、他社のデジタル一眼レフのフラッグシップにも対抗できる製品という位置づけのようで、ターゲットもプロカメラマンを意識している。

ソニー
ソニーイメージングプロダクツ&ソリューションズ デジタルイメージング本部の坂本裕司氏

 ソニーイメージングプロダクツ&ソリューションズ マーケティング部門 デジタルイメージング本部 部門長の坂本裕司氏によると、デジカメ業界が年々縮小していく中、フルサイズカメラやレンズは年々構成比が高まっていると指摘。その躍進を支えているのはプロのユーザーであるとした。

 そして、2016年に発生した熊本地震の影響で、年末までフル稼働ができない状況にありながらも、α9で新規採用されたフルサイズのExmor RSセンサーだけは開発を止めずに続けてきたとのこと。同氏は「夢のイメージセンサー」と胸を張った。

ソニー
ソニーマーケティング 代表取締役社長の河野 弘氏

 体験会にはソニーマーケティング 代表取締役社長の河野 弘氏も同席。α9について「これまでの常識を打ち破る、高速性能の革新的なカメラ」と評し、「撮影表現の可能性がさらに広がる」と自信を見せた。また、全国5ヵ所に開設した「αプラザ」など、サポート体制も充実させており「テクノロジーをベースにプロの活動を支援していく」とした。

 
アスキー
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年04月21日(金)16時30分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】