まずはPCから“生産”! エントリーゲーミングPCで始める『ArcheAge』

アスキー 2017年05月17日(水)17時00分配信

ゲームを始めるなら、プレイ用PCも“生産”してはいかが?

Archeage
ゲームオンの基本無料MMORPG『ArcheAge(アーキエイジ)』

 ゲームオンの基本無料MMORPG『ArcheAge(アーキエイジ)』は、冒険や戦闘といったRPGの基本的な要素はもちろん、農業や貿易、ハウジングといった生活系要素の充実に定評のあるオンラインタイトルだ。生産でのんびりお金を稼ぐもよし、戦士としてPvPに明け暮れるもよし、刑務所送りになるのを覚悟で犯罪に手を染めるもよし、といった自由度の高さが魅力と言えるだろう。

 前述のとおり、ArcheAgeの大きな特色となっているのが『生活要素』の充実。このゲームに興味を惹かれる人は、「戦闘が重視されがちなタイトルとは一味違うゲームを遊びたい」とか、「ゲームの中でも自由な生活を楽しみたい」といったコダワリ派、あるいはDIY精神にあふれた人が多いはずだ。であればゲームを始めるにあたり、プレイするためのPCも“生産”してみるのはいかがだろうか? いわゆる『自作PC』というやつである。

 用意すべきPCのスペックは遊びたいゲームによっても変わってくるため注意が必要だが、公式サイトにも掲載されているとおり、ArcheAgeの推奨スペックは最近の3Dゲームとしてはそれほど高くない。とはいえ、やはりきれいな画質で快適にゲームを楽しみたいのであれば、ゲーミングPCを用意した方がいいのは間違いない。

 この記事では、10万円以下と比較的安価に揃えられ、ArcheAgeを快適に遊べる自作PCの組み立てを解説する。さらにゲームインストールからキャラメイクまでの手順を紹介し、これからゲームを始める人への指針としたい。はじめてゲーム用PCを用意する人、PCの買い替えを考えていたプレイヤー方なども、ぜひ参考にしてほしい。

10万円以下のエントリー構成例をチェック!

Archeage
今回選んだPCパーツ一式。価格は10万円以下に抑えた

 まずはPCを組み上げるにあたり、選んだパーツを紹介する。自作PCといえば初心者にはとにかく敷居が高く感じられるものだが、最近はパーツ間の相性問題なども極めて起こりにくくなっており、パーツを組み込む位置も極端に分かりにくいものはないため、過度にビクビクする必要はない。ちなみにゲームPCの要とも言えるグラフィックボードは、エントリー向けの『GeForce GTX 1050Ti』を採用した。ArcheAgeが快適に遊べるのはもちろん、その他の多くのゲームも設定しだいでプレイできるはずだ。ちなみに今回選んだ構成は、ドスパラにて『推奨自作PCキット』として販売されるとのことなので、興味がある方はこちらの特設ページにアクセスしてみてほしい。

Archeage
Intel『Core i5-7500』。あらかじめグリスが塗布されたCPUクーラーが付属する
Archeage
ASRock『H270 Pro4』
Archeage
Crucial『W4U2400CM-4G』
Archeage
ウエスタンデジタル『WD Green WDS240G1G0A』

 CPUはCore i5-7500、メモリーは8GB、マザーボードはH270チップセット搭載と、コスパ重視ゲーミングPCの鉄板構成。ストレージはHDDに比べて高速なデータ読み書きが可能なSSDとした。OS起動やゲームのダウンロード、ロード短縮の短縮などに繋がるため、ここは重要だ。保存容量に不安があるなら、あとからHDDを買い足して増設するといった選択肢もある。

Archeage
Palit『NE5105T018G1-1070F』
Archeage
玄人志向『KRPW-N500W/85+』
Archeage
日本マイクロソフト『Windows 10 Home Anniversary Update適用版(USBフラッシュドライブ)』
Archeage
ENERMAX『Gravito ECB3010-B』

 グラフィックボードは前述のとおりGTX 1050Ti。電源ユニットは500Wで、この構成なら容量的には余裕がある。OSはWindows 10のUSBフラッシュメモリータイプを選択したため、光学ドライブは非搭載としている。PCケースはENERMAXの『Gravito ECB3010-B』。大きめでパーツを組み込みやすく、比較的安価だがよくできたケースだ。合計価格はおよそ10万円で、ゲーミングPCとしては手を出しやすい価格帯と言えるだろう。

 さて、次ページからはいよいよ実際にPCを組み上げる手順を紹介しよう。

 いよいよ実際に組み立ての手順を紹介する。組み方は人によってバラバラだったりするが、以下の手順を採用している人は多いと思われるので、初心者の方は筆者の場合を参考にしていただきたい。

①マザーボードにCPU、CPUクーラーを取り付ける

 CPUの取り付けは、自作PCを組み上げる際にもっとも慎重さが求められる部分だ。誤ってCPUやマザーボードを駄目にしてしまわないためにも、順を追って解説する。

Archeage
CPUソケット横のフックを上げる。黒い保護カバーは外さなくても大丈夫

 まずはCPU固定フックを上げる。保護カバーはCPU取り付け時に外れるので、外さなくてもOKだ。カバーを上げるとCPUソケットに金色のピンが並んでいるはずだが、このピンを曲げてしまうとマザーボードそのものが使えなくなることもあるので、触れたり、物を落としたりしないよう注意しよう。

Archeage
ソケット部にCPUを乗せる
Archeage
CPUを乗せる向きは決まっており、間違えたままフックを下すと破損の可能性あり。切り欠きをしっかり確認しよう

 保護カバーを外したら、CPUをソケットピン上に乗せる。CPUには向きがあるので、切り欠きをよく確認してから設置しよう。押し付ける必要はないので、力を入れてピンを曲げたりしないように。

Archeage
フックを元の位置へ
Archeage
自動的にカバーが外れ、CPUの取り付けは完了

 CPUを配置できたら、固定フックを元の位置にひっかける。これでCPUの取り付けは完了だ。マニュアルを参照しつつ、重ね重ね慎重に作業を進めてほしい。

Archeage
CPUに付属するCPUクーラーは、最初から熱伝導性を高めるグリスが塗布されている
Archeage
4つのピンをマザーボードの穴に固定

 CPUを取り付け終えたら、そのままCPUクーラーも付けてしまおう。CPU付属のクーラーを使う場合、4つのピンをしっかりマザーボード上に押し込むだけで固定できる。ピンを押し込むときは2つずつ、対角線上に押し込むのがベターだ。上手く取り付けられたら、ファンのコネクターをマザーボード上の『CPU FAN』と書かれたピンに挿し込んでおこう。これを差さないとファンが回らず、PCが起動しない場合があるので注意だ。

Archeage
ピンがうまくハマればOK
Archeage
コネクターを挿し込まないとファンが回らないので注意

②メモリーの取り付け

Archeage
2枚1組で運用する場合、スロット位置は決まっている。気を付けてメモリーを差し込もう

 次はメモリーを取り付ける。スロットに差し込むだけの簡単な作業かと思いきや、実際は差し込む位置はマザーボードによりあらかじめ決められている。今回のようにメモリーを2枚1組で運用する場合、スロットA1(DIMM_A1)とスロットB1(DIMM_B1)に差し込むのがベターなので、適当に差してしまわないよう気をつけよう。

Archeage
取り付けを完了した状態

 取り付けは、メモリースロット横のロックを外し、メモリーの方向がスロット端子部分の切り欠きに合うよう差し込む。方向を間違っているとそもそも差し込めないので、このあたりはあまり考えすぎる必要はない。しっかりと奥まで差し込めばスロット横のロックが自動で元に戻り、差し込み完了。

③ケースにマザーボードを取り付ける

Archeage
サイドパネルは背面にネジ止めされている。外したら、横に寝かせて作業の準備をしよう
Archeage
マザーボードに付属する銀色のバックパネル(I/Oパネル)をはめる。四隅を押し込むといいが、事前にマザーボードにはめてみて、方向を間違わないようにしよう

 まずはPCケースのサイドパネルを外し、作業しやすいように横に寝かせよう。その後、マザーボードに付属するバックパネル(I/Oパネル)をPCケースの背面にしっかりとはめ、マザーボードをネジ穴に沿って配置する。ネジはまずゆるめに仮止めをし、対角線上に少しずつ締めていくといい。最初に一ヵ所だけを締め過ぎると、他のネジ穴とボードの穴が合わなくなったりもするので気を付けよう。

Archeage
マザーをネジ止め。今回は6ヵ所を締めればOK

④ストレージの取り付け

Archeage
ケースのトレイにSSDをネジ止め。3.5インチのHDDなども取り付けられるので、トレイは少し大きめになっている
Archeage
裏側からしっかり止めよう

 ストレージは、ケース内の該当するトレイやベイ部分などにネジで固定する。今回用意したPCケースの場合、マザーボード横のトレイにネジ止めする方式だった。手順としてはいったんトレイを外してSSDをネジ止めし、元の位置に戻すだけと簡単だ。あとの配線を気にする場合、端子の差し込み口をケース奥側に回しておくと、後でケーブルをすっきりまとめられるだろう。

Archeage
トレイをマザーボードに戻す

⑤グラフィックボードの取り付け

Archeage
グラフィックボードは2点でネジ止め

 グラフィックボードは、マザーボードのPCI Expressスロットに向きを合わせて差し込み、ネジで固定するだけだ。PCケース背面のスロットカバーのネジを外す必要があるが、単純に上から外すとマザーの取り付け位置と合わなかったりするので、確認してから取り外そう。

⑥電源ユニットの取り付け

Archeage
電源はケース下にネジ止め。今回の場合、ファンは下向きにするといい

 電源ユニットは、ユニット内のファンが下に向くようケースの下に入れ、背面部分にネジ止めを行なうだけだ。ケーブルを取り外せるモジュラー方式を採用した電源ユニットなども販売されているが、今回の電源はすべてのケーブルがあらかじめ取り付けられているため、特に悩む必要はない。

⑦配線

 ここまで来たらあと一息、配線だ。付属のケーブルを使い、各パーツを接続していく。とにかくケーブルの種類が多く、見た目には分かりづらいものもあるので、落ち着いて取り組もう。

Archeage
マザーボードのメイン電源コネクター
Archeage
CPU補助電源

 マザーボードと電源ユニットは、ATX電源コネクター、CPUの補助電源となるEPS12Vの2つを接続。どこに差し込めばいいかはマザーボードのマニュアルに書いてあるので、参照してほしい。また、差し込む方向が決まっているので、うまく差さらないと思ったら端子部分をひっくり返して再度挑戦してみるといい。

Archeage
ストレージにはSATAケーブルと電源コネクターを接続
Archeage
SATAケーブルのもう一端はマザーボードへ

 ストレージは電源ケーブルのほか、マザーボードに付属するSATAケーブルを差し、マザーボードと接続する必要がある。コネクター部分がL字になっているので、向きなども分かりやすいはず。

Archeage
背面ファンのコネクターをマザーボードのピンにに
Archeage
今回のケースだと、フロントファンはペリフェラル4ピンで接続するタイプだった。電源ユニットに直接つないでしまおう

 ケースファンのコネクターは、マザーボード上に「CHA_FAN1」など差し込み位置が書かれているので、CPUクーラーのファン以外は好きな場所に差し込んでも構わない。一応、フロントファンは1番と2番などと整理して覚えておくと、あとでBIOS画面に表示されたファンの位置がすぐに分かるので便利だ。ちなみに今回のケースは、フロントの2つのファンがペリフェラル4ピンで電源に直接接続するタイプだった。こちらはマザーボード上ではなく、電源ケーブルと繋ぐ必要があるので注意しよう。

Archeage
PCケースのフロントUSBコネクター
Archeage
PCケースのスイッチやリセット、アクセスランプ、USBやオーディオ用コネクターはマザーボード下部に配線。マザーボードによって微妙にレイアウトが違ったりするので、マニュアルを確認しよう

 最後にPCケースのスイッチやリセット、アクセスランプ、USBやオーディオ用などをつかさどるシステムコネクターをマザーボードに差し込む。これで最後なので、ピンの位置や形状、コネクターに書かれた文字など、しっかり確認しつつ作業しよう。

Archeage
ケーブルはできるだけまとめるのがスマート

 余裕があれば、こだわりたいのはケーブルマネジメント。配線がゴチャゴチャしすぎるとエアフローにも影響が出るため、ケーブルをまとめて空気の通り道を作る、配線をケース裏側に通す裏配線を駆使するなど、自分で試す場合はいろいろとやり方を検討してみてほしい。ケースが大きく、配線をまとめる仕組みもよくできており、かなりスッキリとケーブルをまとめられた。

Archeage
めでたくパーツの取り付けは終了。配線もきれいにまとまった

⑧OSインストール

Archeage
USBメモリーをPCに差し、電源を入れよう
Archeage
表示されたUEFI画面で、USBデバイスのプライオリティーを上げる
Archeage
『Save Changes and Exit』で再起動

 PCが無事に起動したら、OSをインストールしよう。USBメモリーを差した状態で起動させると、まずはUEFIが立ち上がる。今回のマザーボードの場合、UEFI画面でUSBデバイスが認識されていることを確認したら、『Boot Priority』でUSBデバイスの優先度を上げ、『Save Changes and Exit』で設定を保存。再起動後にWindows Boot Managerが自動で立ち上がるので、Windows Setup(64-bit)を選択すれば、無事にセットアップ画面に入ることができた。

 あとは画面の指示に従って項目を選択しつつ、途中でOSのプロダクトキーを入力するだけ。OSプロダクトキーはパッケージに封入されているので、捨てたりしないよう気を付けよう。インストールに成功すれば、ひとまずPCは完成だ。できればマザーボードメーカーやグラフィックボードのメーカーサイトから製品ページにアクセスし、最新のドライバー類をインストールしておくといいだろう。

Archeage
無事OSのインストールマネージャーが起動

ゲームのインストールは公式サイトから

Archeage
ArcheAge公式サイトにアクセス。ID登録をクリックし、会員登録する
Archeage
会員登録画面
Archeage
登録できたらメンバーサイトにログインし、ゲームスタートのボタンをクリック

 PCが完成したところで、いよいよゲームのインストールに入ろう。まずはArcheAgeの公式サイトにアクセスし、ポータルゲームサイト『Pmang(ピーマン)』を利用するための会員登録を行なう。それが終わったら、ArcheAgeのメンバーサイトへ。画面左側のメニューから作成したIDを入力してログインした後、ゲームスタートボタンをクリックしよう。

Archeage
初回起動時はプラグインのダウンロードが必要
Archeage
指示に従っていくと、ゲームのインストールが始まる

 その後は自動でゲーム実行中の画面に遷移するが、最初にゲームを起動する場合、プラグインのダウンロードとゲームのインストールが必要。『プラグインのダウンロード』をクリックし、指示に従って進めていくと、ゲームのインストールが完了するはずだ。

Archeage
ゲーム起動後のランチャー画面。まずは最新のゲームデータのダウンロードがある
Archeage
すべて完了すれば、晴れてゲームスタートだ!

 インストール完了後、自動でランチャーが起動し、ゲームデータの受信・ダウンロードが始まる。回線環境によっては時間がかかるかもしれないが、辛抱強く待とう。すべてのダウンロードが終了すると、ゲームを開始できる。

こだわりのキャラメイクが可能!

Archeage
サーバー選択画面。初心者向けサーバーも用意されている
Archeage
右上の歯車マークをクリックすると、ゲーム設定が表示される
Archeage
今回用意した自作PCだと、フルHDの最高設定でも問題なくゲームをプレイできた

 ゲームが起動したら、まずはプレイするサーバーを選択。いちおう初心者推奨サーバーも設定されているが、このあたりは好みで選ぶか、事前に情報収集をするといいだろう。いっしょにゲームを始める友人がいる場合、同じサーバーを選ぶ必要がある。

 なお、画面右上の歯車マークをクリックすると設定画面が表示されるので、画質設定などをいじりたい場合はこの時点で変えておくほうが無難だろう。DirectXの選択など、変更した項目によっては適用にゲーム再起動が必要となるためだ。サーバー選択の前に設定を変更しておくことで、PCにあった画質設定のキャラメイクを行なえるわけである。なお、この記事で組み上げたPCの場合、DirectX 11の最高画質設定でも、フルHD解像度(1920×1080ドット)で問題なくプレイできた。

Archeage
キャラメイクは6つの種族を用意。全種族はそれぞれ2つの勢力に振り分けられており、勢力間闘争が行なわれている

 サーバーを選ぶと、お待ちかねのキャラメイクだ。ArcheAgeのキャラメイクは6つの種族から行なえ、それぞれ性別を選択可能。特徴的なのが、種族ごとに所属勢力が振り分けられていること。『ヌイアン』『エルフ』『ドワーフ』が『ヌイア連合』、『ハリハラン』『フェレ』『ウォーボーン』が『ハリハラ連合』に属するのだが、勢力間闘争が行なわれている世界設定のため、敵対勢力同士はそもそもスタートする大陸が異なり、パーティ作成ができず、言語を学ばないとゲーム中の会話すら不可能となる。友人と一緒にゲームを始めるような場合は気を付けたいが、どの種族を選んでもゲームの進行に大きな変化はないため、上記のような問題がなければ好きな種族を選択してOKだ。

 ちなみに種族により覚えられる能力やステータスの差は特にないのだが、種族固有スキルが2つ設定されている。気になる人は、自分のプレイスタイルにマッチしそうな固有スキルを持つ種族を選ぶのもアリだろう。

Archeage
能力選択。おおまかな戦闘スタイルが決まる
Archeage
チャートや難度の解説があるので、それを参考にするのもいい
Archeage
逐一ムービーが流れるので、なんとなくの戦闘イメージを掴める

 種族を決めたら、次は最初の大まかな戦闘スタイルを決める『能力』を選択する。初期に選べる能力は強力な近接攻撃を覚える『格闘』、魔法攻撃に長けた『魔法』、遠距離攻撃と状態異常の付与が得意な『野生』、回復特化の『愛』の4つ。操作難度を示すチャートや簡単なスタイル解説、スキルを確認して、好きなものを選択しよう。なおゲーム開始後、レベルを上げることで追加の能力を習得できる。

Archeage
キャラメイクは顔部分を細かく調整できる
Archeage
髪型や髪色はもちろん、目の位置や視線、頭の形と言った細かな要素をスライダーで指定できる
Archeage
目だけでもかなり細かな調整が可能
Archeage
傷跡やフェイスペイントもアリ
Archeage
服を試着して全体のバランスを見られる

 種族と能力を選ぶと、次は外見の調整だ。調整できるのは顔周りのパーツで、身長や体型は種族固定となる。目・鼻・口といった部位ごとに詳細項目のスライダーが用意されているのだが、調整できる項目が多いのは嬉しいポイントだ。おそらく、キャラメイク可能なゲームタイトルの中でも屈指の豊富さだろう。慣れている人ならとことん作りこめるし、あまり慣れていない人は、用意されているプリセットの中から気に入った顔を選択し、少し調整するだけでもいい。なお、純粋な顔パーツ以外に、タトゥーや傷跡(一部ペイント?)といった扮装も用意されており、傷跡は位置や濃度、大きさや方向回転にも対応する。

Archeage
光源を3パターン選び、キャラクターの出来栄えをチェックすることも
Archeage
Archeage
外見データの保存・読み出しも可能

 光源を変えたい場合、左下のムード設定から、朝・昼・夜の光源を切り替えることで、キャラクターへの照明の当たり方を確認できる。「朝の光源ではよかったけど、夜の光源だとちょっと思ってたのと違う……」なんてことはキャラメイクでは日常茶飯事なので、しっかり確認することをオススメしたい。また、外見設定の保存や読み出しもできるので、トコトンまでこだわるなら、気に入った外見をいくつか保存して見比べるのもいいだろう。

Archeage
最後にキャラクター名を入力
Archeage
作成したキャラクターを選択し、ゲームを開始

 すべての要素を決め終わったら、キャラクターに名前を付けよう。メニュー画面で作成し終えたキャラを選択すれば、ついに冒険の始まりだ。

Archeage
ゲーム開始後はチュートリアルが始まる。あとは自由度の高い世界を堪能するだけ!

 ここまで来れば、あとはゲームを堪能するだけ。快適なゲーミングPCで、ArcheAgeの世界を存分に楽しんでほしい。

アスキー
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年05月17日(水)17時00分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】