スマホアプリを高速起動! 「A1」規格対応microSDカードの新モデル登場

アスキー 2017年05月18日(木)10時00分配信

 スマートフォンアプリの高速動作に対応する「Applicaiton Performance Class 1」(A1)規格対応のmicroSDカードがSanDiskから発売。高速モデル「Extreme PRO microSD UHS-I Card」と、「Extreme microSD UHS-I Card」の2シリーズが東映無線各店に入荷している。

「SanDisk Extreme PRO」
「SanDisk Extreme PRO」
スマホに最適化され、アプリの高速起動に対応する「A1」規格のmicroSDカードに新モデル。容量も32GBから選べるようになった

 以前に発売された256GBの「SanDisk Ultra microSDXC UHS-I card Premium Edition」に続く新モデルで、容量もより安価な32GBから選べるようになった。

 転送速度は、上位モデルの「Extreme PRO」シリーズがリード最大100MB/sでライト<1926>90MB/s、下位モデルの「Extreme」がリード最大100MB/sでライト<1926>60MB/s(128GBのみ90MB/s)。なおA1規格では、1500IOPS以上のランダム読込み、500IOPS以上のランダム書込み性能が要求されるなど、アプリの快適動作をサポートするランダム性能が保証されている。

「SanDisk Extreme PRO」
「SanDisk Extreme PRO」
より高速な上位モデル「Extreme PRO」と、「Extreme」の2シリーズ合計5モデルが入荷。転送速度は、リード最大100MB/sでライト<1926>90MB/sに対応している

 取り扱っているのは、テクノハウス東映<9605>東映<9605>ランド。価格はExtreme PROの32GBが3980円、64GBが6680円。Extremeの32GBが2980円、64GBが5680円、128GBが1万1800円となっている。

アスキー
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年05月18日(木)10時00分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】