知ったかできる自作パーツ基礎知識【ビデオカード編】

アスキー 2017年05月18日(木)12時00分配信

 久々に自作PCに挑戦しようとする人のための応援企画として毎年お届している「アキバで恥をかかないための最新パーツ事情」。今年も、2016年から2017年にかけて登場した新製品を一気におさらいしよう。

 パーツショップを訪れても戸惑うことなく買い物を楽しむために、ここはひとつしっかりと勉強をしてから自作に臨みたい。それではさっそく、PCパーツの最新トレンドを振り返っていこう。第3回は「ビデオカード編」だ。

2016年から2017年の最新ビデオカード事情~NVIDIA編~

GeForce GTX 1080Ti

 NVIDIA「GeForce」シリーズは、新製品の多い1年だった。2016年5月に登場した「GeForce GTX 1080」を筆頭に、「GeForce GTX 1070」(2016年6月)や「GeForce GTX 1060」(2016年7月)、「GeForce GTX 1050/1050 Ti」(2016年10月)搭載ビデオカードは、いずれも秋葉原で深夜販売を実施。なかでも「GeForce GTX 1080」搭載ビデオカードは、深夜販売でも購入できないユーザーが出るほどの人気ぶりだった。

全然足りなかった、GeForce GTX 1080の深夜販売
即完売で全然数が足りなかったGeForce GTX 1080の深夜販売
「GeForce GTX 1080」の深夜販売の様子。22時スタートということもあり、多数のユーザーが駆け付けた

 さらに、2017年3月には「GeForce GTX 1080」の上位モデルである「GeForce GTX 1080 Ti」が登場。現在も多数のメーカーから、オリジナルデザインのVGAクーラーを採用した製品が発売され続けている。

GeForce GTX 1080Ti
一番速いGTX 1080 Ti搭載VGA「AMP Extreme」がZOTACから誕生
MSI「TWIN FROZR VI」採用のGTX 1080 Ti搭載VGAが発売
価格は10万円オーバーながら、オリジナルデザインのVGAクーラーを採用した製品が続々登場。まさにハイエンドにふさわしい豪華な仕様の製品が多い

2016年から2017年の最新ビデオカード事情~AMD編~

「Radeon RX 480」は迷えるゲーマーを導く極星となるか?
Polaris 10アーキテクチャを採用した「Radeon RX 480」。現在は世代交代が進み、時折特価品で見かける

 AMD「Radeon」シリーズも新製品が活発な1年だった。まずは新世代のGPUアーキテクチャ“Polaris 10”を使用した最初のGPU「Radeon RX 480」が2016年6月にデビュー。その後、「Radeon RX 470」や「Radeon RX 460」も登場。2016年の主力製品として、GeForceを相手にどうにか対抗し、近年発売されたAMD製GPUとしては、成功といっていいセールスを記録した。

Polaris 10/11ベースの「Radeon RX 470/RX 460」
Polaris 10/11ベースの「Radeon RX 470/RX 460」
Polaris 10/11ベースの「Radeon RX 470/RX 460」
各社からも続々とオリジナルデザインのカードが登場。「Radeon RX 480」はRadeon派ユーザーを中心に人気となった。一定の成功を収めたGPUとして語られることになるだろう

 好調なセールを記録した「Radeon RX 400」シリーズだったが、2017年4月になるとリファインモデル「Radeon RX 500」シリーズをリリースする。「Radeon RX 400」シリーズと比べて大きな上積みがない分、価格設定が高く感じられる。まずは静かなスタートとなっているのが現状だ。

Polaris 20ベースの最新GPU「Radeon RX 580」は果たしてお買い得なのか?
Radeon RX 580/570が発売開始! まずは10モデル
Radeon RX 580/570が発売開始! まずは10モデル
2017年4月にデビューした「Radeon RX 570」「Radeon RX 580」を搭載したビデオカード。むしろ旧モデルとなってお買い得感が増した「Radeon RX 400」シリーズを狙うユーザーも少なくない

 さて、AMDの新型GPUといえば「Vega」である。ここにきて本当にデビューが近そうな印象で、GeForce GTX 1080 Ti相当のパフォーマンスを持ちながら価格が安いといった、ウワサレベルの話題も増えてきている。CPU「Ryzen」に続く大ヒットとなるのか。はたまた、期待を裏切る結果となるのか。答えが出るのは、そう遠くはない未来とみてよさそうだ。

10

NVIDIAは安定の「GeForce」シリーズ
AMDは新型GPU「Vega」登場に期待

 NVIDIAのGPUは、質、量ともに非常に充実している。ラインナップは上から下まで網羅され、予算やパフォーマンスに応じたビデオカードが選択可能。お気に入りのVGAクーラーや光るギミックなど、じっくり楽しみながら検討するといいだろう。

知ったかできる自作パーツ基礎知識【ビデオカード編】
知ったかできる自作パーツ基礎知識【ビデオカード編】

 「Radeon」狙いの人は、2パターンの選択肢がある。ひとつはミドルレンジクラスの人。こちらはラインナップが増えつつある「Radeon RX 500」シリーズから選ぶといい。先ほど触れたように、世代としてほとんど変わらない「Radeon RX 400」シリーズの特価品を狙うのも十分アリだ。

 もうひとつはハイエンドクラス狙いの人。こちらは間もなく登場が予想される「Vega」の登場を待とう。どのような製品に仕上がるのかは未知数ながら、CPUは「Ryzen」、ビデオカードは「Vega」で最新ゲームを快適にプレイする。希望的観測を大いに含むが、AMD好きにとって夢のようなシチュエーションが手に入るかもしれない。

アスキー
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年05月18日(木)12時00分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。