ビクトリノックス、USBポートとSIMピンも内蔵する新作ハードケース発表

アスキー 2017年05月19日(金)16時10分配信
ビクトリノックス、レキシコン
「レキシコン ハードサイド コレクション」

 ビクトリノックス・ジャパンは5月19日、新作のトラベルケース「レキシコン ハードサイド コレクション」を発表。8月に発売する。

 特殊形成技術が盛り込まれ、ホイールや上部/サイドのハンドルが出っ張らないケースとなっており、ケースの容量を最大化する工夫がなされている。またグローバルキャリーオンサイズのモデルにはハンドル収納部付近にUSBポートが内蔵されており、ケース内のパソコンや予備バッテリーから外部へ給電、ケースを開けることなくスマホなどを充電できる。

ビクトリノックス、レキシコン
ボディからあまり飛び出さないホイールにより、タテヨコのサイズに比べて容積が最大化

 また、二重コイル盗難防止ジッパー、内蔵型TSAコンビネーションロックが採用されているほか、大型ケースには着脱式ガーメントケースなどパッキングに便利な機能を備える。

ビクトリノックス、レキシコン
ハンドル収納部の下にはUSBポートを備える。ここにはマルチツール式のユニットが組み込まれており、SIMピンやスペースボールペンも内蔵する
ビクトリノックス、レキシコン
内部のポケットにUSBバッテリーなどを装着して使用(バッテリーは付属しない)

 5製品がラインナップされ、容量34Lの「フリークエントフライヤー ハードケース キャリーオン」と「グローバル ハードケース キャリーオン」は5万6160円、容量73Lの「ミディアム ハードケース」は7万3440円、容量105Lの「ラージ ハードケース」は8万1000円、容量125Lの「エキストララージ ハードケース」は9万1800円。

アスキー
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年05月19日(金)16時10分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。