1kg以下のモバイルノート「LIFEBOOK WU2/B1」でゲームできるか性能をチェック

アスキー 2017年05月19日(金)09時00分配信
fuji
「LIFEBOOK WU2/B1」

 「LIFEBOOK WU2/B1」は、軽量のモバイルパソコンとしては非常に高い基本性能をもっている。Core i7-7500U(2.7GHz)に12GBメモリーと約128GB SSDという組み合わせは、処理能力的には十分メインパソコンとして使用できるスペックだろう。ブラウジングやドキュメント作成といった作業を基本とするオフィスユーザーや家庭でのライトユーザーには十分満足できるものだろう。

 しかし、グラフィックス機能はCPU統合のインテル HD グラフィックス 620を利用しているため、3D処理性能はそれほど高くないことがわかっている。弱いものとして考えられるのは、3Dゲームだ。どの程度のものなら遊べるのか、ベンチマークで試してみた。

高性能ながら「ファイナルファンタジーXIV」は少々厳しいという結果に

 まず「ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター ベンチマーク」を実行してみた。設定は1920×1080のフルHD解像度で、ウィンドウモードでの実行だ。グラフィックスの品質を最も低い「標準品質(ノートPC)」で実行したが、残念ながら「動作困難」という結果になった。

fuji
「ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター ベンチマーク」を「標準品質(ノートPC)」で実行

設定次第で「ドラゴンクエストX」はプレー可能!

 「ドラゴンクエストX ベンチマークソフト Ver1.4k」についても、やはり1920×1080ドットのフルHD解像度で、ウィンドウモードに設定して実行してみた。グラフィックスの品質を「低品質」にした場合「やや重い」という結果になった。1つ品質を上げた「標準品質」での実行では「重い」という評価だ。

 「標準品質」の場合も重すぎて実行できないという意味ではなく、動作が重いことを承知の上ならば遊べるという評価なので、解像度など設定を工夫すればドラゴンクエストXについては遊べそうだということがわかる。

fuji
「ドラゴンクエストX ベンチマークソフト Ver1.4k」を「低品質」で実行
fuji
「ドラゴンクエストX ベンチマークソフト Ver1.4k」を「標準品質」で実行

 ゲームを目的としたマシンではないため、どのゲームもサクサク快適に遊ぶというわけにはなかなかいかないが、設定で負荷の調整ができるゲームならばある程度楽しめるだろう。もちろん、ブラウザゲームのような負荷の軽い、3D処理を必要としないものなら十分楽しめるし、オンライン配信動画を楽しむといった使い方にも問題はない。

 小型・軽量を追求するモバイルPCでは性能面がある程度犠牲にされがちだが、LIFEBOOK WU2/B1は設定次第ではゲームも楽しめる、十分高い性能を持ったマシンだということが再確認できた。

アスキー
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年05月19日(金)09時00分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。