安心感あり! UQ mobileの国産ブランド夏スマホ2機種をチェック

アスキー 2017年06月17日(土)14時00分配信

 UQ mobileが2017年夏モデルとしてラインアップするシャープ<6753>の「AQUOS L2」と京セラ<6971>の「DIGNO V」(7月中旬発売予定)。防水防塵に加えておサイフケータイに対応するミドルレンジ端末2機種をチェックしました。

20170607uq
AQUOS L2

 シャープ<6753>の「AQUOS L2」はオクタコアのSnapdragon 430とHD解像度(720×1280ドット)のIGZO液晶を搭載するミドルレンジスマホ。2年契約時の実質価格は頭金0円で料金込みの月々の支払いは税抜2138円から。IPX5/8の防水仕様で低ノイズのIGZO液晶はタッチ精度が高く、ディスプレーが水に濡れていても快適に操作可能。通信速度は下り最大150MbpsでVoLTEにも対応します。

20170607uq
20170607uq
20170607uq
20170607uq

 周辺や自分に関連する情報をプッシュ通知する人工知能機能「エモパー」やディスプレー下部のLEDの色や光り方が変化する「ヒカリエモーション」に加えて、ガラケーではおなじみののぞき見ブロック(ペールビュー)、端末を持っている間は画面オフにならない「Bright Keep」などシャープ<6753>ならではの機能も搭載。もちろんおサイフケータイにも対応します。

20170607uq
DIGNO V

 7月中旬発売予定の京セラ<6971>DIGNO V」は液晶面全体が振動してスピーカーとして機能する「スマートソニックレシーバー」を採用するミドルレンジスマホ。防水/防塵に加えて耐衝撃性も確保。米国国防総省の調達基準(MIL-STD-810G)の落下、振動、高温動作/高温保管、低温動作/低温保管準拠の試験をクリアしたタフネス仕様です。

20170607uq
20170607uq
20170607uq
20170607uq

 最大の特徴は液晶下部に電源ボタンを配置していること。どちらの手でスマホを持っていても持ち替えずに画面を点灯・消灯できるので落下の危険が少ないのがメリットです。一般的なスマホでは指紋認証やホームボタンがある位置のため最初は少し混乱しますが、よく考えられた配置ですね。CPUはこちらもオクタコアのSnapdragon 430でHD解像度の5型液晶を採用。おサイフケータイとVoLTEにも対応します。通信速度は下り最大150Mbps。

 両端末ともおサイフケータイに加えて防水防塵対応と、グローバルモデルのSIMフリー機と比較すると日常生活での使い勝手という面で安心感があります。どちらも一芸に秀でたスマホという印象はありませんが、メイン端末としてストレスなく活用できると思います。

20170607uq
UQ mobileの2017夏スマホは中央の「HUAWEI P10 lite」が人気を集めそうですが、おサイフケータイが必須なら日本ブランドの2端末がおすすめ

アスキー
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年06月17日(土)14時00分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。