Tissot、帝政ロシア時代の末期に一斉を風靡したバナナ・ウォッチを忠実なデザインで復刻

アスキー 2017年06月19日(月)10時00分配信
Tissotバナナウオッチ
「Tissot Heritage Banana Centenary Edition」

 Tissot(ティソ)は100年前に誕生した「バナナ・ウォッチ」デザインを復活させた新コレクション「Tissot Heritage Banana Centenary Edition」を発表。9月の発売を予定している。

 手首に沿った湾曲したケースに縦長の文字盤、デフォルメされた数字インデックスが放射状に伸びるバナナ・ウォッチは、Tissotが1916年にデザインし、宮廷貴族に愛されるなど一世を風靡したものの、翌年にはロシア革命が勃発してバナナ・ウォッチも製造を終了したという伝説のモデル。

Tissotバナナウオッチ
左より、ステンレススチールモデルは4万6440円。ステンレススチールにイエローPVDのモデルは5万8320円、ステンレススチールにローズゴールドPVD(右2モデル)は5万8320円

 1995年に復刻され、その後もリニューアルデザインされつつ限定モデルとして発売されていたが、この度100年を記念してこれまでの復刻モデル以上にオリジナルに近いデザインとして販売される。ムーブメントはクォーツ、ステンレススチールのケースは幅27×縦49mmで3気圧防水。レザーストラップはバタフライクラスプ式で、アリゲーターレザーまたはレザー。5モデルが用意され、価格は4万6440円〜5万8320円。

Tissot
日本限定モデルは「T117.509.16.032.01」、文字盤に黒い数字インデックス、黒のアリゲーターストラップ、価格は4万8600円



アスキー
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年06月19日(月)10時00分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。