首筋を狙われて「ジャンポケ」斎藤が放心状態!東京ドームのお化け屋敷15日オープン

アスキー 2017年07月15日(土)17時00分配信
8
左よりジャングルポケットのおたけさん、太田博久さん、斉藤慎二さん、お化け屋敷プロデューサーの五味弘文氏。

 7月12日、水道橋の「東京ドームシティ アトラクションズ」にて期間限定のお化け屋敷「恐怖の首すじ理髪店」の記者発表会が開催された。同お化け屋敷のプロデューサーである五味弘文氏とともに、お笑いトリオの「ジャングルポケット」も登壇し会場を盛り上げた。

8
体験した人が恐怖する様子を見ると思わずニヤニヤしてしまう五味氏。

 五味氏は「去年の東京ドームシティのお化け屋敷は地獄をテーマにしていましたが、今年は現実感のあるテーマとして理髪店を舞台にしました。理髪店のサインポールが動脈、静脈をモチーフにしているという一説からインスピレーションを受けて制作しました。首筋を襲われる恐怖を是非体験してください」と語った。

8

 企画で五味氏が手掛けたお化け屋敷を何度か体験している、ジャングルポケットのメンバー。「五味さんのお化け屋敷はこだわりがすごすぎて、子供のころに体験したものとは別次元の怖さなんですよ」と太田さんは語った。

8
いくら拒否しても台本は絶対。CCDカメラを装着してお化け屋敷に潜入する斎藤さん。

 誰が体験するかということになり、メンバーでいちばん怖いものが苦手という斎藤さんが激しく拒絶反応を示した。お決まりのダチョウ倶楽部的なノリにも応じずひたすら断っていたが、台本に書いてあるからと急かされて、CCDカメラを装着しお化け屋敷に挑戦することに。

8

 会場を移動して、モニターで中継された斎藤さんのリアクションを観察。序盤から世界観に飲み込まれた斎藤さんは、恐怖のあまり1部屋目と2部屋めの間で座りこむ始末。

8




 「太田助けてー」と叫び続ける斎藤さん。進行が詰まるということで、スタッフの指示で太田さんもお化け屋敷に入ることに。

8
手を引かれて出てきた斎藤さん。
8
8
恐怖のあまり放心状態。まるで別人だ。

 フラフラと出てきた斎藤さんは「ストーリーがメチャクチャしっかりしていて、リアリティーも凄い。部屋がたくさんあってまだ終わらない、まだ終わらないって本当に出られるのか不安でした。やっと現実の世界に戻れました」と放心状態だった。

 「このお化け屋敷は、単に怖いだけではなく、今までにない演出も用意しました。仕掛けがうまく作動しているのを確認できてよかったです」と、五味氏は斎藤さんのリアクションをみて手応えを感じた様子であった。

 記者向けの先行体験会も開催されたので「恐怖の首すじ理髪店」の様子を一部だけ動画でお見せしよう。





 精巧に作り込まれたリアルな理髪店からはじまる。部屋を渡り歩くうちに、世界が徐々に歪み始め、「カミソリ」や「血」で構成された世界に導かれた。「首飾りをつけて歩く」というミッションが課せれているので、首元を狙われるような演出にはサーッと血の気が引いてしまった。驚かせる仕掛けは絶妙な具合に緩急がついており、終始緊張感を刺激する。ネタバレになってしまうので詳しく説明できないが、常識や自分の予想を痛快に裏切ってしまうような恐怖の仕掛があり、これにはとても感心した。今年は30度越えの日々が続く猛暑である。最新の恐怖を体験して涼しく過ごスために足を運んでみてはいかがだろうか。

8
8
8
8
8
8
アスキー
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年07月15日(土)17時00分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。