ヒートシンク装備のNVMe対応モデル、PLEXTOR「M8Se(G)」シリーズが登場

アスキー 2017年08月11日(金)22時37分配信

 PLEXTORの新型SSD「M8Se(G)」シリーズが登場。NVMe対応のM.2 SSDタイプの製品で、128GB「PX-128M8SeG」、256GB「PX-256M8SeG」、512GB「PX-512M8SeG」、1TB「PX-1TM8SeG」の4モデルが販売中だ。

ヒートシンク装備のNVMe対応モデル、PLEXTOR「M8Se(G)」シリーズが登場
ヒートシンク装備のNVMe対応モデル、PLEXTOR「M8Se(G)」シリーズが登場
PLEXTORの新型SSD「M8Se(G)」シリーズ。Marvell「88SS1093」コントローラーと製造プロセス15nmの東芝製TLC NANDを組み合わせたNVMe対応のM.2 SSDだ

 「M8Se(G)」シリーズは、Marvell「88SS1093」コントローラーと製造プロセス15nmの東芝製TLC NANDを組み合わせたNVMe対応のM.2 SSD。TLC SSDのために開発したという、読み込みおよび書き込み速度を向上させる独自キャッシュ高速化テクノロジー“PlexNitro”を搭載する。

 製品は6月に発売された「M8SeGN」シリーズのヒートシンクを備えた上位バージョン。あらかじめ熱対策の施されたモデルとなる。

ヒートシンク装備のNVMe対応モデル、PLEXTOR「M8Se(G)」シリーズが登場
「M8SeGN」シリーズのヒートシンクを備えた上位バージョンだ

 最大転送速度は、シーケンシャルリード2450MB/sec(128GBは1850MB/sec)、同ライト<1926>1000MB/sec(128GBは570MB/sec)、ランダムリード21万IOPS(256GBは20万5000IOPS/128GBは13万5000IOPS)、同ライト<1926>17万5000IOPS(256GBは16万IOPS/128GBは8万IOPS)。

 価格は128GBモデルから順に約1万2680円、約1万9500円、約3万4680円、約5万9950円。パソコンショップアークとドスパラ パーツ館で販売中だ。

アスキー
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年08月11日(金)22時37分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】