東京観光を256倍便利にするドコモの電動自転車サービス「ちよくる」にハマった!

アスキー 2017年08月12日(土)10時00分配信
chiyokuru_ph01_Resize
都内6区をまたいで利用できる電動自転車貸し出しサービスをご紹介。東京観光の強い味方です!

皇居ランニングならぬ皇居サイクリング(電動)でリフレッシュ

 高校卒業以来、人間ドックどころか健康診断の経験すら皆無の私。最近、さすがにマズいと思い、『散歩代わりのサイクリングでもするか!』と「ちよくる」になんとなく会員登録したのですが、間もなく皇居一周サイクリングが日課になってしまいました。

 まあ、漕いでいるのはアシスト機能をたっぷり効かせた電動自転車なので、そこまで身体に良いとは思えませんが、早起きとリフレシュを同時にこなせるので、運動不足の私にはちょうどよい塩梅です。

 現在はほぼ毎朝、〈飯田橋駅前のサクラテラスのポートで借りる→九段下の交差点から皇居沿いを時計回りにぐるりと半周→有楽町駅前で一時駐輪→最寄りの吉野家で朝定食→内堀通りに合流して皇居沿いをまた半周→千鳥ヶ淵付近の急坂からアシスト機能を「強」に→靖国通りに突き当ったら田安門から早稲田通りを北上、サクラテラスに戻る〉というルートでキコキコやっています。

chiyokuru_ph01_Resize
6時前の皇居周辺。じつはランニング愛好者と観光客で案外賑やかです

「ちよくる」とは――都内6区をまたいで使える
電動自転車シェアリングサービス

 そもそも「ちよくる」とは、株式会社ドコモ・バイクシェアと都内6区(千代田区、中央区、港区、新宿区、文京区、江東区)による自転車シェアリング実証実験で、事前登録さえしておけば24時間いつでも6区の各所に設置されている「ポート」(電動自転車の集積所)から電動自転車を借りられるというもの。要は、最近流行りのコミュニティーサイクルとか自転車シェアリングと呼ばれているアレです。

 6区それぞれがサービスを展開していますが、それらのうちどれか1つに登録すれば、他5区のサービスも自由に使えます。そして、“千代田区のポートで借りて、文京区で一時駐輪した後、新宿のポートに返却する”といった、区をまたぐ利用ができることが大きな魅力です

※大田区でも同種のサービスを展開していますが、前述の都内6区と違い、区をまたいで利用できませんので注意が必要です。

chiyokuru_ph01_Resize
ちよくるを含む都内6区のポート一覧。その数、200ヵ所以上。これらポートのどこで借りても/返してもOK。複数台を乗り継いで都心の観光名所を回ることも可能です

 まあ基本は周辺の住民や働き手が“日常の足”として使うことを前提に作られているのでしょうが、お盆休みを利用しての東京観光を予定している方々にもお勧めです。小回りを効かせたいときはこれ一択と言ってもよいくらい便利な代物なので、この機会を借りて簡単に紹介します。

 なぜか千代田区のみ「ちよくる」というサービス愛称が付いていてわかりやすい&アスキー編集部と自宅が千代田区にあるため、今回はちよくるを例に説明しますね。

観光目的ならパス販売窓口で1日パス購入が正解!

 観光目的の場合は、有人のパス販売窓口で1日パスを買ってしまうのが手っ取り早いでしょう。正直、登録周りの使い勝手はいまひとつなので、途中で詰まって貴重な観光時間を消費するくらいなら、最初から有人のパス販売窓口に出向いたほうが時間の節約になります。

 なお、私のように日常使いをしたいユーザーはPCまたはスマホから会員登録するのが無難でしょう。こちらの「会員登録する」からユーザーIDやパスワードのほか、住所・氏名などを入力します。会員プランの選択は、普段使いするなら「月額会員」、もしも観光で使うなら「一回会員」で十分。

 あとは支払い方法をクレジットカードまたはドコモケータイ払いから選んで適宜入力すれば準備はOK。おサイフケータイのユーザーなら「会員証登録」の項目で「登録する」を選んでおくと、自転車の後輪上方に設置されている操作パネルにスマホをかざすだけで使えるようになります。普段使いを考えている人はぜひともこちらを選びたいです。

 ただしこの会員証登録、iPhone 7/7sユーザーは心を広く持っておくことが肝要です。時間に追われながらの会員証登録は避けましょう。リトライに次ぐリトライになりますので。

chiyokuru_ph01_Resize
まずは会員登録。観光の場合は、面倒ごとを避ける意味でも会員証登録はしないほうが無難
chiyokuru_ph01_Resize
登録内容の確認をした後……
chiyokuru_ph01_Resize
利用料の支払いはドコモケータイ払いが便利。ドコモユーザー以外はクレジットカードを選択
chiyokuru_ph01_Resize
会員登録が済むとこんな画面が表示される。油断しているとiPhone 7/7sユーザーはここから会員証登録で悩まされることになるのだ……

注意! iPhone 7/7sユーザーは「会員証登録」で足踏みしがち

 この会員証登録、どうもAndroidユーザーは難なく終わるらしいのですが、iPhoneユーザーはここで詰まりがちです。私は数日間、時間を変えて十数度、最寄りのポートに止まる自転車に向かってiPhoneをかざしてはエラーを繰り返し、周辺住民の『窃盗未遂犯を目撃してしまった……!』的な冷たい目を浴び続ける羽目に陥りました。

chiyokuru_ph01_Resize
後輪上方の操作パネルに会員証登録用のナンバーを入力してiPhoneをかざせば済むハズなのだが……

 結論から申しますと、このサービスはiPhone 7/7sのおサイフケータイ機能に対応していません。ただし、Apple Payアプリを起動して、料金を支払うカード(私の場合はビューカードと紐付けたSuica)をきちんと表示させ、Touch IDに必ず指をかけた上で、スマホを自転車にかざすと会員証登録できる場合が多いということなのです。私は電話問い合わせで初めて知った次第。勉強不足でスミマセン。

 どちらにせよ、その方法でも何度かリトライすることになると思いますので、気長にやりましょう。いったん会員証登録に成功すれば問題ないので、ここが踏ん張りどころです。

chiyokuru_ph01_Resize

普段使いの操作は簡単!

 一方、普段使いは気楽です。私の場合は、スマホからちよくるにログインし、「自転車を借りる→駐輪場から選ぶ」で最寄りポートに自転車が残っているか確認、現地に着いたら、自転車群のハンドル左に付いている電動アシスト系の操作パネルの電源を押してアシスト用のバッテリー容量を確認します。たまにひとケタの自転車があったりしますので要注意です。

 十分容量を残している自転車を見つけたら、今度はサドルがきちんと調整できるか確認です。これもたまに固着して動かない自転車があります。バッテリー容量とサドル調整どちらも万全だとわかったら、後輪カバーに貼られた登録番号を確認、視線をスマホに戻して、自転車一覧からいましがた見つけた自転車の登録番号をタッチします。

 すると、「利用予約申込を受け付けました」というページに遷移&そのページには解錠パスコードが記載されているので、後輪上方の操作パネルで「START」押した後、その解錠パスコードを入力する(もしくはスマホをかざす)ことで鍵が解除され、乗り出し可能になります。

chiyokuru_ph01_Resize
「自転車を借りる→駐輪場から選ぶ」を選択
chiyokuru_ph01_Resize
最寄りのポートを選ぶ
chiyokuru_ph01_Resize
まずはポートに並ぶ自転車からバッテリーが残っているものを見つけ出そう
chiyokuru_ph01_Resize
電源ボタンを押すとバッテリー容量が表示される。これは70%残っているようだ。キミに決めた!
chiyokuru_ph01_Resize
「自転車一覧」から今さっき見つけ出した自転車の番号をタッチ
chiyokuru_ph01_Resize
すると解錠コードが表示される
chiyokuru_ph01_Resize
操作パネルを「START」→「解錠コード」の順に押せば鍵が解除される。さあ、出掛けよう!

 あとは通常の電動自転車と変わりありません。このサービスで使われている自転車はタイヤの口径が小さいタイプで3段ギア。とはいえ電動アシストのおかげでギアは3段目のままでも漕ぎ出せます。

 途中で一時駐輪したい場合は、後輪のロックをかけるだけでOK。会員登録時に入力したメールアドレスに施錠した旨のメールが届きます。もう一度乗り出すときは最初と同じく、操作パネルを「START」→「解錠コード」の順に押せば鍵が解除されます。

chiyokuru_ph01_Resize
九段下の急坂も楽に登れます
chiyokuru_ph01_Resize
施錠するとメールが届く

自転車には限りがある! 使い終わったら早めに返却が吉

 目的地に着いたら、その近くのポートに自転車を返却しましょう。前述の通り、区をまたいでまったく別のポートに返却してもOK。

 返却は簡単で、各ポートに設置されているラック<3857>に自転車を停めた後、後輪のロックを施錠し、操作パネルの「ENTER」を押すだけ。ほぼ同時に、返却が完了した旨のメールが届きます。念のため、このメールが届くまで待機することをオススメします。私は一度、施錠しただけで帰宅してしまい、システム側に丸一日乗り続けたと認識された結果、数千円の延滞料金を発生させてしまったことがあります。もうね……。

 なお、私はもっぱら皇居サイクリングなので、借りる時も返す時も同一のポートになることがほとんどですが、例えば東京駅最寄りのポートから秋葉原のポートまで乗り、返却して買い物を済ませ、もう一度秋葉原のポートからあらためて乗り出して今度は東京ドーム<9681>へ向かい、ドーム最寄りのポートで返却、野球観戦へ……といったこともできますよ。

 都心のかなりの範囲をカバーするこのサービス、観光でも普段使いでも小回りを重視する人にはイチオシです。……というわけで、私はさっそく早朝サイクリングに出掛けてきます!

chiyokuru_ph01_Resize
もう使わない、もしくは長い時間駐輪せざるを得ないときはポートに返却しましょう。自転車は有限なので使わないときは積極的に返却。これ重要!
chiyokuru_ph01_Resize
返却するとメールが送られてくる。このあたりは親切設計でありがたい
アスキー
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年08月12日(土)10時00分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】