Ryzen&Radeonで性能とコスパを両立したデル27型オールインワンPC

アスキー 2017年08月13日(日)17時00分配信
dell
New Inspiron 27 7000

 迫力の大画面で動画やゲームを楽しめる、デルの27型オールインワンパソコン「New Inspiron 27 7000」は、AMDの「Ryzen」シリーズとGPU「Radeon RX500」シリーズを採用している。いったいどれくらいの性能を持っているのだろうか。今回はベンチマーク結果を交えながら、気になるパフォーマンスを紹介していこう。

AMDの新CPU「Ryzen」シリーズを搭載

 New Inspiron 27 7000は、構成の違いにより「プレミアム」、「プラチナ」、「スプレマシー・4K/VR」の3つのモデルが用意されている。それぞれの主なスペックは次の表の通りだ。

 今回試したのは、そのうちもっともベーシックな構成のプレミアムモデルだ。詳しいスペックを見ると、CPUがAMD Ryzen 5 1400(4C/8T 10MB キャッシュ 3.4GHz Precision ブースト)、GPUがAMD Radeon RX560(4GB GDDR5)、RAMが8GB(DDR4 2400MHz)、ストレージが1TB HDD(7200回転)となっている。AMDのミドルクラス向け新CPU「Ryzen 5」やエントリー向けGPU「Radeon RX560」が搭載されているが、どれくらいのパフォーマンスなのだろうか? まず、Windows 10のシステム評価ツール「WinSAT.exe」では、次のような結果になった。

dell
CPUはAMD Ryzen 5 1400(4C/8T 10MB キャッシュ 3.4GHz Precision ブースト)が搭載されている
dell
GPUはAMD Radeon RX560(4GB GDDR5)が搭載されている
dell
WinSATの結果

 スコアを見るとプロセッサやメモリ、グラフィックスがいずれも8を超えており、その性能の高さがうかがえる。ディスクはHDDということもあって、SSDを搭載したマシンに比べると低めの数値だが、ノート向けの低速なHDDに比べるとレスポンスは良好だ。

 続いてパソコンの総合的なパフォーマンスを見るPCMARKを試してみた。PCMARK 8 Home acceleratedが「3924」、PCMARK 10が「3928」という結果になった。ストレージの性能も影響するので、SSDを搭載するPCに比べると不利だが、それでも一般的なデスクトップパソコンやノートPCに比べると高めのスコアだ。

dell
PCMARK 8 HOME ACCELERATEDの結果
dell
PCMARK 10の結果

 さらに「CINEBENCH R15」を試したところ、CPUのマルチスレッドが695cbとなった。これは同クラスのCore i5-7400より30%ほど高く、Core i7-7700HQを少し下回るレベル。Core i5が4コア4スレッドであるのに対し、Ryzen 5は4コア8スレッドであるのも好スコアの理由だろう。ちなみに、OpenGLのスコアは94.19fpsで、ノート向けのNVIDIA GeForce GTX 1050と同等かやや下回る結果になった。

dell
CINEBENCH R15の結果

 次にグラフィックスの性能を見るため3DMARKを試してみたところ、次の結果になった。

 ゲーミングパソコン向けの「Fire Strike」が4773、ミドルレンジパソコン向けの「Sky Diver」が15290となった。日常的な作業には十分すぎる性能で、3Dゲームもそこそこ快適に楽しめそうなスコアだ。

dell
3DMarkでは、Fire Strikeで4773というスコアになった

 そこでゲーム系のベンチマークもいくつか試してみた。まず、ドラゴンクエストX ベンチマークソフトは次のようになった。

dell
ドラゴンクエストX ベンチマークソフトの結果

 同様に「FINAL FANTASY XIV: A Realm Reborn ベンチマーク キャラクター編」と「FINAL FANTASY XIV: 紅蓮の解放者(リベレーター)」も試してみた。

 スコアを見てわかるように、DirectX 11対応の「FINAL FANTASY XIV: 紅蓮の解放者(リベレーター)」のフルHD最高品質でも「快適」に遊べるという結果になった。

dell
FINAL FANTASY XIV: A Realm Reborn ベンチマーク キャラクター編の結果
dell
FINAL FANTASY XIV: 紅蓮の解放者(リベレーター)の結果

コスパが魅力的なプレミアムモデル

 ここまで見てきたように、デルNew Inspiron 27 7000は、RyzenシリーズとRadeon RX500シリーズを搭載することでハイパフォーマンスを実現した製品だ。今回試したプレミアムモデルなら14万4980円(税抜)からというリーズナブルな価格で購入できるのも大きな魅力になっている。なお、執筆時点では15%オフクーポンも使用可能で、適用すると12万3233円(税抜)になり、さらにコスパは向上する。

 個人的には、プレミアムモデルより5万円ほど高くなるが、4Kディスプレーと1TB HDD&128GB SSDのデュアルドライブを搭載した「プラチナ」モデルも魅力的に感じた。プラチナモデルのSSDは、SATA接続(最上位モデルのスプレマシーはPCIe×4)なので、転送速度の上限が600MB/s程度になるが、それでもHDDよりは格段に高速。HDDのみの「プレミアム」に比べて、OSやアプリの起動などがよりキビキビと感じられるはずだ。

dell
CrystalDiskMarkの結果

 ちなみに、今回試したプレミアムモデルのHDD性能を「CrystalDiskMark」で計測してみたところ、シーケンシャルリードが130MB/s前後となり、HDDとしてはまずまずの速度。一般的な使い方なら不足を感じる性能ではないので、値ごろで洗練されたデザインのオールインワンパソコンを探している人には、強力な選択肢の一つになりそうだ。

dell
New Inspiron 27 7000は、AMDの新CPUとGPUによる性能の高さが魅力的だ
アスキー
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年08月13日(日)17時00分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

    【あなたにおススメ】