でか!デカビタ 大容量ゼリーに

アスキー 2017年09月15日(金)15時15分配信

 デカビタがパウチゼリーになった。特徴はでかいところ。サンプルが手に入ったので、実際に見てみたところ本当にでかかった。いち早く飲む。

デカビタC
でかっ。「デカビタC ゼリー」。ウィダーインゼリーといった一般的なパウチゼリーの1.5倍。

「デカビタC ゼリー」
・メーカー:サントリー食品
・発売日:10月3日
・実売価格:210円前後
・容量:270g
・カロリー:230kcal

■商品概要

 サントリー食品インターナショナル<2587>が「デカビタC」ブランドより「デカビタC ゼリー」を10月3日に発売。たっぷりと飲めて満足感のある、甘くて濃い“デカビタC味”のパウチゼリー。

 最近急速に伸長しているパウチゼリー市場。若年層を中心に「もう少し量が欲しい」「濃厚なものが欲しい」という声があることに着目した。

 容量はパウチゼリーの標準サイズである180gの1.5倍の270g。元気をサポートしてくれる栄養素である、ローヤルゼリーエキスと、5種類のマルチビタミンが1日分以上補給できる設計。

デカビタC
特徴的な瓶をパッケージに描いている
デカビタC
カロリーは230kcal。

飲んでみた

 ナベコです。デカビタは社会人になってからもよく飲んでいます。夕方すぎて仕事の集中力が切れた時にグビグビ飲むと、適度な甘さとシャキッとした炭酸で気分転換できます。小腹が減っているタイミングなので、お腹にたまるボリューム感もちょうどよいです。

 そんなデカビタがパウチゼリーに。パウチゼリーの代表的な製品に「ウイダーinゼリー」がありますが、容量が180g。対してデカビタC ゼリーは270g。1.5倍以上です。

デカビタC
コーヒーのショート缶と並べてみました。でかさ感がわかりますでしょうか。

 でかっ。

 本当にでかいです。コーヒーのショート缶と並べても突き出た大きさ。ウイダーinゼリーと並べてみると差が明瞭なのですが、うっかり用意したウイダーinゼリーを飲んでしました。ごめんなさい。

デカビタC
日本酒の180ml瓶と並べてみました。でかくないですか? なぜ日本酒かというと冷蔵庫に入っていたため。

 味はデカビタそのまんまです。ゼリーにしたことで味が薄くなったとか、濃くなったとかは特に感じません。濃厚な味わいのデカビタです。ドゥルドゥル飲めて腹持ちばっちり。

 気になるカロリーは、ウイダーinゼリーが180kcalであるのに対して230kcalと、容量が大きいのでそのぶん高いですね。

 カロリーはさておき小腹が減った時のオヤツとして、味わい濃厚、大容量で満足できると思います。

■関連サイト


■「アスキーグルメ」やってます

 アスキーでは楽しいグルメ情報を配信しています。新発売のグルメネタ、オトクなキャンペーン、食いしんぼ記者の食レポなどなど。コチラのページにグルメ記事がまとまっています。ぜひ見てくださいね!

アスキー
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年09月15日(金)15時15分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。