納期が近づいたら文字色でお知らせ、kintoneアプリに「条件書式」を追加しよう

アスキー 2017年09月15日(金)12時00分配信

 チームの作業の進捗把握、他部署から依頼された業務の取りまとめ、営業の数字の管理など、業務の様々な場面で使えるkintoneアプリ。特に、たくさんの数字やステータスをレコード一覧表示するようなアプリでは、「条件書式」の機能を使えるようにカスタマイズを加えると、より便利になります。

 条件書式とは、フィールドに入力された数字や文字列の条件によって、文字色、背景色、文字の大きさを自動で変更する機能です。

 例えば、kintoneで営業案件管理アプリを作って、受注の見込み時期、売上見込み額、成約確度などを取りまとめるケース。

0915kintone
条件書式を追加した営業案件管理kintoneアプリの例

 未処理のステータスになっている案件が一目でわかるように「未処理の文字を色で強調する」、大きな売上げが見込まれる案件を把握しやすいように「指定した金額以上の売上見込み額が入力されたら、数字の文字サイズを大きくする」、納期が近づいていることが分かるように「納期3日前になったら日付の背景色を変える」といった使い方ができます。

 これまで、kintoneアプリに条件書式の機能を実装するにはJavaScriptによるカスタマイズが必要でしたが、先ごろ、ノンプログラミングで条件書式機能を追加できるサンプルプラグインが公開されました。

0915kintone
条件書式プラグイン

 アプリに条件書式を適用するフィールドを配置し、プラグインを追加するだけで条件書式機能が使えるようになります。サンプルプラグインと実装手順については、サイボウズ<4776>のデベロッパー向けコミュニティサイト「cybozu developer network」の下記記事で詳しく紹介しています。

アスキー
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年09月15日(金)12時00分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。