テレビにもスピーカーにもなる一体型PCは欲張りな人にオススメ

アスキー 2017年09月15日(金)09時00分配信
ascii
富士通<6702>の「ESPRIMO WF2/B2」

 単体でも使用できる27型ディスプレーとハイレゾ対応スピーカーを搭載し、CTOでテレビ視聴機能も内蔵できる富士通の全部入りデスクトップ「ESPRIMO WF2/B2」。パソコンとしての基本性能も高く、CPUにはインテルのクアッドコアプロセッサー、Core i7-7700HQを採用している。前回は同製品の外観や装備、使い勝手などを中心に紹介したが、今回はESPRIMO WF2/B2の気になるパフォーマンスをチェックしていこう。

第7世代Core i7プロセッサーを搭載

 ESPRIMO WF2/B2は、富士通<6702>の直販サイト「富士通 WEB MART」の専売モデルで、購入時にメモリー容量やストレージなどの構成をカスタマイズできる。もっともベーシックな構成の場合、CPUはインテルCore i7-7700HQ(4コア/8スレッド/2.80~3.80GHz)、グラフィックスはCPU内蔵のインテル HD グラフィックス 630、メモリーは4GB、ストレージは1TB HDDとなっている。このうち、メモリーは最大32GBまで搭載でき、ストレージは3TB HDD/256GB SSD+1TB HDD/256GB SSD+3TB HDDの選択肢も用意されている。

ascii
CPUはCore i7-7700HQが搭載されている
ascii
GPUはCPU内蔵のインテル HD グラフィックス 630

 今回試したマシンは、メモリーが8GB(DDR4 SDRAM PC4-19200)、ストレージが3TB HDD(Serial ATA、5,400回転/分)という構成になっていた。ちなみに、メモリースロットはパソコン部のカバーを開けると比較的容易にアクセスできるので、後から自分で増設も可能だ(メモリースロットは2基あり、標準構成の4GBの場合は空きが1基、それ以外は空きなしとなっている)。

ascii
パソコン部のカバーを外し、パンチングメタルのカバーを開くと、メモリースロットにアクセスできる
ascii

 スペック表を見る限り、一体型パソコンとしては不満のない性能だが、実際のところはどうなのだろうか? そこで、ベンチマークソフトで性能をチェックしてみることにした。まず、Windows 10のシステム評価ツール「WinSAT.exe」では、次のような結果になった。

ascii
WinSATの結果

 Core i7-7700HQは、ゲーミングノートへの採用が多い高性能なCPUなので、「プロセッサ」のスコアも8.4と高めの結果になっている。テレビ視聴やW録画、写真現像、映像編集など、ある程度負荷の高い処理も余裕を持ってできると思われる。「ディスク」のスコアはHDDを搭載したパソコンとしてはほぼ最大値の5.9となったが、CrystalDiskMarkで確認したところシーケンシャルリードが120~130MB/s程度だった。際立って高速というわけではないが、特別遅いわけでもなく、普段使いには十分な性能だとはいえそうだ。

ascii
CrystalDiskMarkの結果

 続いてパソコンの総合的なパフォーマンスを計測するPCMarkを試してみたところ、図のようにPCMark 8 Home Acceleratedが3817、PCMark 10が3326という結果になった。なおPCMark 10のスコアの詳細を見ると、PCの基本性能を示す「Essensials」が6009、ビジネスアプリでの性能を示す「Productivity」が5603と高い数値になっているので、日常的な作業でストレスを感じることは少ないはず。

ascii
PCMark 8の結果
ascii
PCMark 10の結果

 クリエイティブ系の性能を示す「Digital Content Creation」は2967と、前2項目よりも低めのスコアだが、PCMark 8の結果と合わせて考えると写真編集やちょっとした映像編集程度なら十分快適にできそうだ。

 次に「CINEBENCH R15」を試したところ、CPUのマルチスレッドが733cbとなった。ノートや一体型パソコンなどに採用されるCPUとしてはかなり高いスコアで、これを見てもCPU性能の高さがわかる。

ascii
CINEBENCH R15の結果

 なお初めにも書いたが、ESPRIMO WF2/B2は単体グラフィックスを搭載しておらず、CPU内蔵グラフィックスのみとなっている。そのためゲーミングパソコンほどのグラフィックス性能は期待できないが、どれくらいのパフォーマンスがあるのかは気になるところ。そこで3DMarkを試してみたところ、次の結果になった。

ascii
3DMarkでは、ミドルレンジ向けの「Sky Diver」で4454というスコアになった

 ゲーミングパソコン向けの「Fire Strike」が964、ミドルレンジ向けの「Sky Diver」で4454、「Cloud Gate」で8502となった。ゲームを快適に楽しむのは厳しいが、メインストリームのパソコンとしては十分な性能を持っているのがわかる。

 試しにゲーム系のベンチマークもいくつか実行してみた。まず、「ドラゴンクエストX ベンチマークソフト Ver1.4k」は次のようになった。

ascii
ドラゴンクエストX ベンチマークソフト Ver1.4kの結果

 同様に「FINAL FANTASY XIV: A Realm Reborn ベンチマーク キャラクター編」も試してみた。

ascii
FINAL FANTASY XIV: A Realm Reborn ベンチマーク キャラクター編の結果

 スコアを見てわかるように、解像度や品質をおさえればそこそこ快適に遊べるくらいの性能は持っている。気晴らしにちょっとゲームをしてみようかという程度なら、ESPRIMO WF2/B2のグラフィックスパフォーマンスでも十分だといえそうだ。

これ1台で必要なものがすべて揃う

ascii
富士通<6702>の「ESPRIMO WF2/B2」。PC、テレビ、レコーダー、スピーカー、単体ディスプレーなど、エンタメを楽しむのに必要なものが1台ですべて揃うのが魅力的

 単体でも使える高品質大画面ディスプレーとハイレゾ対応スピーカーを搭載し、パソコンとしての基本性能も高いESPRIMO WF2/B2。これだけの機能を持ちながら、富士通 WEB MARTでは最小構成時だと19万104円(15%OFFクーポン適用で16万4138円、9月11日時点)という20万を切る価格で購可能だ。

 ちなみに、富士通 WEB MARTではCTOで地上・BS・110度CSデジタルチューナー2基の内蔵や、光学ドライブをBDXL対応 Blu-ray Discドライブにカスタマイズできる。これらを選択して搭載すれば、パソコン、テレビ、レコーダー、スピーカー、単体ディスプレーなど、エンタメを楽しむのに必要なものが1台ですべて揃う。

 テレビ機能は事前設定すればスマートフォンやタブレットで出先からライブ視聴や録画番組の視聴が可能。また、SeeQVault対応のmicroSDカードに録画番組を書き出して、出先での閲覧も可能。1台であれもこれもしたいという、欲張りな人にはぴったりの製品だ。

アスキー
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年09月15日(金)09時00分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。