新Sペンがさらに便利に! auが最強6.3型スマホ「Galaxy Note8」10月26日発売

アスキー 2017年10月11日(水)10時00分配信

 auが10月26日から販売を開始するサムスン電子の「Galaxy Note8」は、フレームを極限までそぎ落としたシームレスなデザインのHDR表示対応6.3型有機ELディスプレー“Infinity Display”を採用。解像度は1440×2960ドットの18.5対9比率で、大画面モデルながら幅約75mmと片手で操作しやすいサイズを実現。auメールアプリに対応したのもトピックだ。

20171011galaxynote
20171011galaxynote
Galaxy Note8(ミッドナイト ブラック)

 本体に収納できる電子ペン「Sペン」はIPX5、8/IP6Xの防水防塵仕様でペン先は約0.7mm。ラバー製ペン先の逆側にはノック式のプッシュボタンを搭載した。消しゴムや各種機能を呼び出す“エアコマンド”が起動できる従来のSペンボタンも健在。

 画面オフ時にSペンボタンでそのまま手書きメモが作成可能。書いたメモはAlways On Display機能でいつでも画面に表示可能。エアコマンドには新たにルーペや小窓表示など登録できる機能が増加。動く手書きスタンプはライブメッセージのほかLINE<3938>やInstagramなどに貼り付け可能。動画再生中にペンで範囲選択すると動画の一部を抜き出して、GIFアニメが作成できる“スマート選択”もおもしろい。翻訳機能は新たに文章翻訳に対応する。

20171011galaxynote

 マルチウインドウ機能は動画+メッセージなど任意の組み合わせを保存できる“アプリペア”に対応。ワンタッチで特定のアプリの組み合わせを呼び出せる。

 1220万画素×2のリアカメラは望遠(F2.4)とメイン(広角、F1.7)とも光学式手ぶれ補正に対応する。撮影時に望遠と広角を同時に残せるデュアルキャプチャ機能も便利。また、自由に背景などを調整してぼかせるライブフォーカス機能は、撮影時だけでなく、撮影後にギャラリーからも適用可能。

 生体認証は指紋認証に加えて虹彩認証にも対応し、さらに顔認証も可能。最新オクタコアSoC、Snapdragon 835とメモリー6GBとスペック的にも最強クラスで、通信速度も下り最大708Mbpsと死角なし。AKGのハイレゾ対応イヤフォンとクリアケースに加えて、アプリと併用することで端末のデータ移行がワンタッチとなるSmart Switch用データ移行ツールも同梱。カラバリはミッドナイト ブラックとメープル ゴールドの2色だ。

20171011galaxynote
20171011galaxynote
Galaxy Note8(メープル ゴールド)

 Galaxy Note8と同日の10月26日に発売される新型VR HMD「Galaxy Gear VR with Controller」は、Galaxy Note8のサイズに対応。ボリュームキーが除去されたほか、端末をセットすると自動でホルダーで固定されるように進化。また、USB Type-C経由ならスマホの電源がオフの場合でも底部ポートを経由した充電が可能になっている。Galaxy Gear VR with ControllerはauオンラインショップとKDDI<9433>直営店での限定発売で、予約販売はされないので要注意。


■関連サイト

アスキー
もっと見る もっと見る

【あわせて読む】

    最終更新: 2017年10月11日(水)10時00分

    【関連ニュース】

    【コメント】

    • ※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。